オフィスで上品に肌見せ!女性らしさを際立たせる”OKライン”をCHECK

暑い夏は、肌を開放して少しでも涼しく乗り切りたいですよね。しかし、オフィスではどこまで肌を見せていいかが悩みどころ。

 

間違った肌見せは、周りから白い目で見られて悪い印象を与えかねません。そこで今回は、オフィスでも浮かない肌見せの“OKライン”のポイントと、上品さを損なわない肌見せコーデおお手本をご紹介します!

 

 

オフィスでの肌見せはどこまでOK? パーツ別にCHECK!

 

【二の腕】の肌見せOKラインは?

 

腕を露出することが増える夏、オフィスでは二の腕をどこまで出してOKでしょうか?

肩まで出してしまうと、肌見せがトゥーマッチな印象になってしまいます。そのため、肩が隠れるぐらいのフレンチスリーブまでなら◎。

ノースリーブやキャミソールを着たい場合は、きちんと感の出るジャケットやカーディガンを羽織って露出をカバーしましょう。

 

【デコルテ】の肌見せOKラインは?

華奢な鎖骨がのぞくデコルテ見せは、女性らしさをアピールするにはぴったり。

ただし、オフィスでは洋服のネックラインの開き具合に要注意! あまりにも広く開いた服は、かがんだ際に胸元が丸見えになりかねないため、オフィスコーデとしてはNGです。普段着だとしても、だらしない印象が残ります。

おすすめは、オフィスカジュアルに程よい抜け感をもたらしてくれるスキッパーデザインのブラウスや、Vネックのサマーニットなど。ネックラインの開きが心配な場合は、インナーを着用して“胸チラ”を防いで。

 

【背中】の肌見せOKラインは?

ともするとセクシー過ぎてしまうこともある背中の肌見せは、オフィスにはふさわしくないと感じる方が多いかもしれません。
でも、控えめなV開き程度であれば許される場合も。家を出る前は、ブラのストラップが出ていたりしないかを必ず確認するようにしましょう。
背中を見せる分、長めの袖やシックなカラーのアイテムでバランスを取るのが正解です。
ヘルシーな抜け感と、ほのかな色香が漂う後ろ姿は、男女ともにウケがいいはず!

 

【脚】の肌見せOKラインは?

オフィスでのミニスカートやショートパンツはもちろん論外ですが……露出を気にするあまり、夏場の長袖のトップスにフルレングスパンツやロングスカートを合わせた隙のないコーデは、かえって抜け感がなく野暮ったい印象にもなりかねません。
ベストな丈感は、パンツであればクロップド、スカートであればミモレ丈が◎。膝が隠れるミモレ丈であれば、座ったときも太もも見えることなく安心です。

 

オフィスにもOK! 大人の「上品な肌見せ」お手本コーデ【6選】

 

ここからは実際に、オフィスにも対応する肌見せお手本コーデを見てみましょう。暑さが軽減できて、仕事の効率もUPするかも!?

 

肌見せコーデ1:フレンチスリーブで、肌見せしながらスタイルカバー!

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

型に切り替えのないフレンチスリーブは二の腕にフィットしないため、実は二の腕の華奢見せ効果が期待できるアイテムでもあります。

そのため、二の腕の太さが気になる方は、フレンチスリーブであえて腕の素肌を出した方がイイ場合も!

トップスで腕を露出したなら、ボトムはパンツで脚の素肌をカバーするのが上品さをキープするための鉄則です。

フレンチスリーブは袖からの風通しもよく、涼感もUPするはず。

 

肌見せコーデ2:ノースリーブを着るなら、他のアイテムで上品さをキープ!

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

基本的にオフィスでノースリーブはNGですが、服装に規定がなくカジュアルなスタイルも許されている会社であれば、ノースリーブも気にすることなく着用できますね。

とはいえ、大人の女性たるもの上品さはマスト!

オフィスでノースリーブを着る場合は、詰まりのあるネックライン、パンツはセンタープレス入りなど、他のアイテムできちんと感を意識するようにしましょう。

 

 

肌見せコーデ3:デコルテアピール&顔のスッキリ見せで美人度UP

カーディガン▶️EDIST. CLOSET WEBストア
キャミソール▶️EDIST. CLOSET WEBストア
スカート▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

美デコルテをメイクし、顔のスッキリ見えも叶えてくれるVネックカーディガンは、美人映え度◎なアイテム。デコルテを程良く見せる抜け感で、コンサバ過ぎないスタイルへと導いてくれます。

端正なプリーツできちんと感のあるスカートを合わせれば、誰からも好印象なレディスタイルの完成! デコルテを見せる分、スカートは膝下までしっかりカバーしてくれる長さを選ぶことを忘れずに。

 

 

肌見せコーデ4:背中見せトップスなら、後ろ姿もアクセサリー映え!

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

さりげない背中の肌見せで、ちょっぴりセンシュアルに香る後ろ姿に。ネックレスをプラスすれば、うなじでチェーンがきらりと輝き、より洗練された印象に仕上がります。

袖はなるべく半袖は避けて、長めの5分丈〜7分丈をチョイスするのがベター。他のパーツはできるだけ露出する面積をセーブするのを心がけて。

 

肌見せコーデ5:膝がちらりと覗くスリットスカートで、上品さと抜け感を両立

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

フロントやサイドにスリットが入ったスカートであれば、上品な丈感をキープしながら抜け感のある肌見せができるので簡単!

スリットの深さは膝がちらりと覗くぐらいがGOODです。それ以上深いと、セクシーさがトゥーマッチになってしまうので要注意!

トップス、スカートともに寒色系でまとめれば、肌見せしながらも知的な表情を演出することができます。

 

 

肌見せコーデ6:シースルー素材で露出をカバーしながら、ほんのり肌見せ

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

露出をどうしても控えたいという人は、シフォンやレースといったシースルー素材を用いたワンピースがおすすめ。腕や脚の素肌を隠しながら、ほんのりとした肌見せが楽しめます。

袖などのシースルー部分から、ほんのりと透ける肌が上品な色香を演出。さらに、軽やかに揺れるシルエットで夏にぴったりな涼やかな印象も叶います。

パンプスをベージュなどのヌーディーカラーにすれば、脚長効果も◎。

 

 

上品な肌見せコーデで夏を満喫!

 

上品な肌見せのポイントは、“体のワンパーツのみにしぼる”こと。あちこち肌を見せつけるのではなく、一点集中でバランスよく肌見せを取り入れてみましょう。

“肌見せ”は、今だからこそ楽しめるスタイルです。大人の女性らしい上品さをキープしつつ、オフィスシーンにも上手に取り入れて、夏限定のオシャレを満喫しましょう!

 

 

取材&Text:EDIST.one編集部

 

 


ファッションレンタルサービスで、夏限定の肌見せコーデを楽しんでみませんか?

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp