おしゃれの大敵!脇汗を気にせずファッションを楽しむには?(ケア編)

 

夏本番になるにつれて、気になる脇の下の汗じみ。

せっかくお気に入りの服を着ていても、汗じみのせいでテンションが下がってしまうこともありますよね。汗じみが気になって、普段から汗じみが目立たない色ばかり着ているという人もいるのでは?

そこで、「脇汗を気にせずファッションを楽しみたい!」という方に向け、脇の下のケアや汗じみを目立たなくする工夫をご紹介! 2回にわたってライオン株式会社のヘルスケアマイスター・芳賀理佳さんに教えていただきます。

前編では、気になる脇汗のメカニズムや日頃から気を付けたいポイントについてお伝えしました。後編では、脇の汗じみを目立たなくする洋服の選び方のほか、洋服を着る前に実践したい脇のケア方法についてご紹介します。

 

▶︎前編(メカニズム編)はこちら

 

今回お話をうかがったのは…

ライオン株式会社 ヘルスケアマイスター 芳賀理佳(はが りか)さん

くらしを彩る製品の香りの研究・開発、および身体洗浄剤・制汗剤の開発に携わって約25年。「ライオン快適生活研究所」が中心となってくらしに役立つ生活情報を提供するメディア「Lidea」にて、からだの健康・衛生・美容に役立つ情報を紹介しています。

 

汗じみを目立たせない洋服選び、3つのポイント

 

汗が服に染みて、元の服の色と違う色になってしまうことで目立つ脇の汗じみ。芳賀さんによると、汗じみが一番目立たない洋服の色は「白と黒」だそう。

ですが、いつもモノトーンの服ではつまらないし、真夏に黒い服を着るのはちょっと…という方もいるのではないでしょうか。そこで、汗をかいても汗じみが目立たない洋服選びのポイントを3つ教えていただきました。

 

ポイント1 速乾性の素材

 

汗じみは、服の布地に汗が染み込むことでできるもの。そのため、綿など吸水性が高い素材ほど目立ってしまいます。

「汗をかいてもすぐに乾く素材であれば、特に汗が目立つ色とされるグレーやベージュでも汗じみが目立ちません。ポリエステルやメッシュなどは、速乾性や通気性がいいのでおすすめです」

 

ポイント2 柄物

 

単色よりも柄が入っていたほうが、汗じみは目立ちにくいという傾向があります。

「ボーダーやチェックの柄が入っていると、その柄に目がいくので汗じみがそれほど気になりません。なるべく細かい柄や、地の色との差が極端に大きくない物を選ぶと、より目立ちにくいでしょう」

 

ポイント3 風通しの良い形

 

汗じみができる性質上、やはり肌にふれるようなピタッとしたデザインの服は避けたほうが無難です。

腕周りに余裕のある、風通しのいいデザインの物がおすすめです。ドルマンスリーブなどは、脇に洋服がふれにくく、ふれたとしてもわずかな面積なので、汗じみが目立ちにくくなります。仕事中など、こういった服が着られない場合は、下に速乾性の高いインナーを着用するといいでしょう。もしくは、脇に汗を吸収するパッドを利用するのも効果的。ただ、パッドも長時間着けていると吸い取った汗から細菌が繁殖して、においの元になる可能性があるので、こまめに取り替えてくださいね」

 

これで万全! 汗じみを防ぐ脇汗対策

 

脇汗対策で一番手っ取り早いのが、制汗デオドラント剤を使うこと。最近ではさまざまなタイプの物があるので、その特長を芳賀さんに教えてもらいました。

 

ロールオンタイプ/スティックタイプ

 

「ロールオンタイプとスティックタイプは、どちらも脇に直接塗っていただくタイプです。肌への密着性が非常に高く、汗が出るのをブロックしてくれます。液体状のロールオンタイプは、脇全体にくまなく塗りやすいのでおすすめです。一方、スティックタイプは、固形状でサラッとしたつけ心地が特徴。ひんやり感はないので冬場でも使いやすいと思います。どちらもお使いいただく際は、脇の下全体にまんべんなく塗ると、より効果的です」

 

<ロールオンタイプ>

Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル(医薬部外品)

Ban 汗ブロックロールオン

<スティックタイプ>

Ban 汗ブロックスティック プレミアムラベル(医薬部外品)

 

シートタイプ

かいてしまった汗にはシートタイプがおすすめ。汗やニオイ、ベタつきをふき取ることができます。脇だけでなく、全身にお使いいただくことが可能。寝汗をかいてしまった朝や、外出先で汗のケアをする際にお使いいただくといいと思います」

 

Ban 爽感さっぱりシャワーシート(パウダータイプ/ノンパウダータイプ、医薬部外品)

 

パウダースプレータイプ

 

「パウダースプレータイプは、ひんやりとした清涼感が特徴。速乾性があるので、手軽に、広範囲に使用したい方におすすめです」

 

ウォータータイプ

 

「クールな爽快感が得られるウォータータイプ。スポーツの後など、汗のベタつきや体のほてりを感じたときにお使いいただくといいと思います」

 

最低限のケアをしたら、汗を必要以上に気にしない!

 

脇汗対策の味方となる制汗デオドラント剤ですが、「汗は誰もがかくものですし、汗には体温調節という大事な役割があります。なので、あまり気にしすぎないということも大切ですよ」と芳賀さん。

今回ご紹介したコツを踏まえて、この夏は汗や汗じみに惑わされないファッションを楽しみましょう!

 

取材&Text:EDIST.+one編集部

 

汗染みは正しいお洗濯方法が大事!

お洗濯方法の人気記事

▶︎「LIONお洗濯ワークショップ」

 


日ペンの美子ちゃんでおなじみの服部先生のマンガでわかる・ファッションレンタルサービス「EDIST. CLOSET」。サマーストールキャンペーン開催中!

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp