骨格診断でチェック! ヒップをカバーする着こなしテク

脚やおなか、背丈など、どんな人でもひとつは体型コンプレックスを抱えていると思いますが、中でも気にしている人が多いのが、ヒップの大きさ。着丈の長いトップスで隠したつもりが余計に目立ってしまったり、着たい服があるのにヒップを気にしてあきらめてしまったり…。ヒップを気にして好きなファッションがしづらくなるのはつらいですよね。

 

そこで今回は、お尻をカバーできるスタイリングテクニックを、骨格診断でおなじみの骨格スタイルアドバイザー・NAOさんがレクチャー。骨格タイプ別におすすめのアイテム&コーディネートを紹介します!

 

教えてくれたのは…

NAO(骨格スタイルアドバイザー) 

大学卒業後、国内航空会社のキャビンアテンダントとして17年間勤務。退社後に、体重増加によってそれまで着ていた洋服が合わないなどの悩みが生まれたことで「骨格診断」を知る。これによって、洋服選びの悩みを解消できた経験を多くの女性に伝えるため、骨格診断アドバイザーを志して一般社団法人骨格スタイル協会代表理事の師岡朋子氏に師事。骨格アドバイザー1級を取得する。

2017年に初の著書「骨格診断アドバイザーNAOの本当に「似合う服」で人生が変わる」(KADOKAWA)を発表。

オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/kurochan20030113/

 

 

 

ヒップを気にする人がついやってしまうNGコーデ

 

ヒップの大きさを気にするあまり、それをカバーするために次のようなアイテムを選んでいませんか?

 

NG!

・お尻が隠れる着丈のトップス

・太ももまで着丈のあるAラインチュニック

・ふんわりと体から離れたシルエットのアイテム

・ギャザーやタックが多く入った中途半端な丈のスカート

 

NAOさんによると、これらのどれもがNGだといいます。

 

「お尻が隠れる着丈の長いトップスは体の幅が強調されて、お尻ばかりか全体のシルエットが太って見えてしまいます。特に骨格がストレートの方や、身長が低い方は要注意。また、色に関しても、白や淡い色の服は膨張して見えるので、収縮色である暗い色をボトムスに持ってくるのがベストです」

 

骨格タイプ別、ヒップをカバーするおすすめアイテム

 

NAOさんに、3つある骨格のタイプ別にヒップカバーに適したアイテムを教えてもらいましょう。

自分がどの骨格タイプかわからない人は、こちらでセルフ診断ができます。

骨格タイプ診断

 

ナチュラルタイプ

・・・ナチュラルタイプの人は、骨太で骨格や関節がしっかりしています。一方で筋肉や脂肪が感じられず、全体的に四角いフレーム感が。顔の特徴としては面長(彫りが深い)もしくはベース型。

より詳しく知りたい方は▶骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?Vol.3 ナチュラルタイプ

 

「骨格もしっかりしているナチュラルさんは、ボリュームや長さを足すとバランス良くヒップを隠せるので、ワイドパンツにロングカーディガンをプラスするといいでしょう。スカートの場合は、中途半端な丈ではなくロング、特にマキシ丈がおすすめ。Gジャンやカーディガン、シャツを腰に巻くのもヒップのカバーに効果的です」

 

 

◆コーディネート例◆

コーディネート詳細

「ボリュームのあるビッグシルエットシャツに、ワイドパンツとブーツを合わせることで重心が下がり、全身をすっきり見せることができます」

 

コーディネート詳細

「大ぶりのチェックのロングスカートには、カーディガンをウエストに巻くことで、よりヒップラインをカバーできます」

 

 

ウェーブタイプ

・・・ウェーブタイプの人の特徴は、体に厚みがなく華奢で、やわらかい曲線を描くようなラインを持つ、エレガントなボディ。顔の形は丸型(華奢でやわらかい肌質)、面長(彫りが浅め)、逆三角形のことが多い。

より詳しく知りたい方は▶骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?Vol.2 ウェーブタイプ

 

「全体的に華奢な印象のウェーブさんがヒップをカバーしたい場合は、ギャザーが多めのフレアスカートではなく、タックプリーツやAラインスカートがおすすめ。ウエストに切り替えがあるデザインのトップスに合わせるときは、タイトスカートやコクーンスカートを合わせるとバランス良く着こなせます。一方、パンツはハイウエストで7~8分丈がベター。足首などの細い部分を出すことで、お尻の大きさをカバーできます」

 

◆コーディネート例◆

コーディネート詳細

「ウエストより少し高い位置にリボンを結ぶことで、全体の重心がアップ。目線がリボンに集中するのでヒップラインに目が行きません」

 

コーディネート詳細

「ワイドすぎず、タイトすぎないパンツのシルエットが、横張りのヒップラインを隠すのにgood!足首を見せることで華奢な印象になるほか、トップスに華やかさのあるブラウスを合わせると目線が上に行くので、下半身が目立ちません」

 

コーディネート詳細

「Aラインのミモレ丈スカートには、シンプルになりすぎないよう程良く入ったVカットのブラウスを合わせて。ピンクとブラウンのコントラストでメリハリをつけることで、バランスが良くなります」

 

ストレートタイプ

・・・ストレートタイプを一言で表すと、”立体的でグラマラスなボディの持ち主”です。顔は卵型や丸型(肌にハリがある)の人が多い傾向があります。

より詳しく知りたい方は▶骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?Vol.1 ストレートタイプ

 

「メリハリボディの持ち主であるストレートさんは、張りのある生地で体のラインが出ないボトムスを選ぶことで、ヒップラインを目立たなくすることができます。おすすめは、シャツワンピースやチュニック、縦のラインを強調するシンプルなロングカーディガンなど。ストレートさんでヒップが大きい方は、太ももの前も張っている方が多いので、ワンタック入りのワイドパンツを選ぶとカバーできます。また、ストレッチがない厚地のロングタイトスカートやAラインスカートもおすすめです」

 

◆コーディネート例◆

コーディネート詳細

「全体をスマートなIラインにまとめるのがコツ。体に沿ったシルエットがヒップラインを隠してくれます」

 

コーディネート詳細

「このようなIラインのワンピースは、上半身の厚みを隠すVネックに加え、チェック柄なのですっきりとした印象を与えてくれます」

 

コーディネート詳細

「張りのあるストレートデニムは、ヒップ周りの肉感を拾わないのでおすすめ。トップスにはシンプルなVネックを、足元にはパープルのポインテッドトゥパンプスを合わせることで、視線を散らす効果があります」

 

ヒップをカバーするには全身のバランスが重要

 

NAOさんによると、気になるヒップをカバーするためには、ヒップそのものを隠すのではなく、全身のバランスを考えたコーディネートをするのがコツなのだそう。

 

「一般的に、人は明るく鮮やかな色や柄に目が行きやすいもの。そのため、ボトムスよりも明るめの色をトップスに持ってくるのがおすすめです。このほか、ネックレスやピアス、スカーフなどを身に付けて、上半身に視線を集めるのも効果的。ヒップラインに目が行かないコーディネートを心掛けてくださいね」

 

カバー=隠すと思っていた人にとっては、目から鱗なのでは? 自分の骨格タイプを知り、ヒップカバーに最適なバランスの良いコーディネートを目指しましょう!

 

NAOさんの骨格診断記事

骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?Vol.1 ストレートタイプ
骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?Vol.2 ウェーブタイプ
骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?Vol.3 ナチュラルタイプ
骨格別似合う水着とは?

 

Text&取材:EDIST. +one編集部

 


EDIST. CLOSETオリジナル・骨格タイプ診断でセルフチェック!

 

 

大人の女性ならではの体型カバーアイテムが充実!

ファッションも”コーデの作り置き”で自信と時短を叶える時代です。

なんとなくいつも同じ服・・・、
いまいち自分のファッションに自信が持てない、
外見から新しい自分になってみたい、
そもそも洋服を買いにいく時間がない・・・
そんなお悩みはありませんか?

 

そして、何よりも毎日を笑顔で自信を持って過ごしたいですよね。

 

今の自分よりもっと輝きたい女性の皆様へ・・・
EDIST. CLOSETでは、ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届けします。
「お腹周りが気になる」
「二の腕を隠したい」
「膝を隠せる丈感」
など、大人の女性ならではの体型のお悩みに寄り添ったオリジナルデザイン!
↓私たちの”4つのこだわり”はこちらから↓

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せるのも新たな自分を発見するきっかけにも

安心とともに時短も叶え、今日の自分に自信が持てるスタイルが完成します。

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp