「楽チン」なのに「オシャレ」もかなえる!ベビーカーママへ贈る”イージーコーデ”のススメ

赤ちゃんを持つママは毎日育児に追われ、オシャレにたくさんの時間を割くことは難しいものです。また「せっかくオシャレしても、ベビーカーを押しているとあまり際立たないしな…」「手の込んだオシャレは、育児のジャマになることもあるんだよね…」と感じているママも少なくないよう。

 

しかしオシャレは、手をかければいいというものではありません。アイテムを選べば、“ベビーカーママ”でも十分こなれ感のあるファッションが楽しめます!

 

この記事では、ベビーカーママにこそおすすめしたい、楽チンでスマートなオシャレの方法をご紹介していきます。

 

 

ベビーカーとお出かけするなら”ココ”がポイント!楽ちんオシャレを実現する3つのコツ

 

コツその1. 巻き込み注意! おすすめボトムは“パンツ”か“膝丈”

ベビーカーのタイヤ部分や可動部分に、ママの服が巻き込まれちゃった!なんて経験はありませんか? 電車に乗るときや段差を上がるときなどには、ベビーカーのステップを踏んで前輪をあげるので、その際にボトムの裾を踏んで危ない思いをした…なんてママもいるようです。

安全な移動のため、マキシやロングスカート、長過ぎるフルレングスパンツなどは避けたほうがいいかもしれません。動きやすいクロップドパンツ、スカートなら膝丈デザインがおすすめです。

 

コツその2. “全体のカラー”を念頭においてコーデしてみる

コーデを考えるとき、ベビーカーとの相性も念頭におくとGOOD。

ベビーカー本体の色やベビーカーフックの色、ブランケットクリップのカラー、そしてブランケットのデザインなど、“固定カラー”はたくさん散りばめられているんです。

この固定カラーをベースに、全体のカラーバランスを考えてみましょう。

また、赤ちゃんのファッションもポイント。赤ちゃんと合わせたコーデだとさらに統一感があり、全体的にまとまりが生まれますね。

「ベビーカー周り」というベースとなるカラーがあるのですから、それに合わせてコーデを決めると楽チンですよ。

 

コツその3. フラットタイプのシューズを何足か揃えておく

 

当然ですが、歩きやすさや安全性を考えると、ベビーカーママの足元は“NOヒール”が鉄則です。

定番はもちろんスニーカーですが、フラットシューズがトレンドの今、パンプス感覚で履けるポインテッドトゥや、コーディネートのアクセントになってくれるキレイ色など、豊富なバリエーションで登場しています。

 

色々なタイプのNOヒールシューズを揃えておけば、ベビーカーでお出掛けする際のコーディネートの幅もぐっと広がりますよ。

 

 

“いいね!”がもらえる、ベビーカーコーデのお手本6選

育児に疲れたママよりは、いつもオシャレでイキイキ輝いているママでいたいですよね! ベビーカーママのお手本コーデを参考に、みんなから“いいね!”されちゃうママを目指しましょう。

 

 

ベビーカーコーデ1:カジュアル小物ともマッチする、デニムライクな上品ワンピース

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

子育てに忙しい女性が、いつも動きやすいパンツスタイルでいなければならないという決まりはありません! ワンピースなら“サッ”と着ることができるので、忙しいママにはとても便利なアイテムです。

 

膝より少し長めの丈なら、ベビーカーに巻き込まれる心配もナシ。赤ちゃん目線まで腰を下ろしても、上品さが保たれます。

 

こちらのワンピはデニムライクな素材なので、リュックやスニーカーともマッチ! 上品さをキープしながら、カジュアルにもスタイリングしやすいアイテムです。

 

ベビーカーコーデ2:カジュアルでもキレイ色で華やか見せ

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

動きやすさ重視のラフなスタイリングも、全身をキレイ色でまとめれば華やかな印象に! 上下をブルー系で統一すれば清潔感があり、派手になり過ぎることもありません。

また、パンツもスカート見えするシルエットなら女性らしさ◎。こんなコーディネートなら、公園でもお目立ち度抜群です。

ベビーカー移動のためのカジュアルな楽ちんコーデも、色やシルエットに工夫をすれば華やかさも女性らしさも叶えることができますよ。

 

ベビーカーコーデ3:ベビーカー通勤はセンタープレスパンツが頼れる味方

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

働くママは、ベビーカー通勤が必要なこともありますよね。動きやすさときちんと感をどう両立するかが悩みどころですが、ウエストをゴムで切り替えたセンタープレス入りパンツなら簡単!

シルエットも、締め付け感の少ない、程よいゆとりがあるストレートシルエットを選ぶのが吉。

センタープレスで縦のラインを強調しながら足首を見せれば、足元がフラットシューズでもスタイルアップが可能です。

 

ベビーカーコーデ4:上級者感のあるワントーンでデニムスタイルに差をつけて

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

誰もが必ず1本は持っているデニム。毎日ベビーカーでアクティブに動くママにとっても定番のアイテムです。そこで、差をつけるためにも、カジュアルではなく、あえてキレイめに寄せてみましょう。

デニムは色落ち加工をしていない、ノンウォッシュがおすすめです。さらに、座ったり立ったりする際に窮屈さを感じない、ストレッチが効いた素材だとなおGOOD!

トップスは同じネイビーで統一して、上級者感のある大人シックなワントーンスタイルに。

小物はクリアバッグとミュールサンダルで今っぽくフィニッシュさせて。

 

ベビーカーコーデ5:日差し対策アイテムを使った高感度なMIXスタイル

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
UVカット高機能カーディガン▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

暑さがどんどん厳しくなるこれから、日差し対策は必須です! とはいえ、ベビーカーを押しながら日傘をさして移動するのはとっても困難……。なにより、片手がふさがってしまうのは非常に危険です。

そこで用意しておきたいのが、キャップなどの被り物と、さらりと羽織れるカーディガン。最近は、速乾性やUVカットなど、夏にうれしい機能性を備えたアイテムも豊富です。

ワンピースをカジュアルダウンさせたMIXスタイルで、おしゃれ感度の高さをアピールしましょう。

 

ベビーカーコーデ6:大人のキュロットパンツでつくるヘルシースタイル

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
フレンチリネンシャツ▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

家族でお出掛けする日は、アクティブに動けるキュロットパンツで夏らしくヘルシーに。スカート見えする膝丈シルエットなら、上品さもしっかりキープできます。

トップスには白シャツを合わせて、より大人っぽい印象に仕上げて。リネン素材であれば、カジュアルなスタイリングともマッチします。

 

今日はベビーカーはパパにお任せ!という日であれば、たまにはヒールを楽しむのもアリ! もちろん、いざという時のためにスニーカーは持ち歩いておくのがベターです。スニーカーを合わせる場合は、シャツスタイルとよく似合う、クリーンなホワイトがオススメ◎。

 

 

小さな赤ちゃんを育てているママとしての自覚と、それでもいつもオシャレ心を欠かさない“女性としてのたしなみ”は、大人の女性にとって必要不可欠な要素!

この2つのバランスを上手にとりながら、気分が上がるベビーカーコーデで、赤ちゃんとの思い出をたくさんを作ってくださいね。

 

 

 

Text:EDIST.one編集部
画像:EDIST. CLOSET

 

 


ファッションレンタルなら、ベビーカーママにお役立ちのイージーアイテムたくさん!

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp