夏でも”下半身デブ”を感じさせない! すっきり着こなせるおすすめコーデ

夏は薄着の季節。下半身にコンプレックスを持っている場合、着こなしに自信が持てず憂鬱な季節になってしまうかもしれません。今回は「下半身デブ」を自称する女性でも、自信を持って着こなせる夏コーデをご紹介します。下半身をしっかり隠せるパンツスタイルだけでなく、スカートで魅せるコーデもご提案しますので、ご参考にしてみてください。

まずは確認!「下半身デブ」が強調されてしまうコーデのNGポイント4つ

 

人によって、下半身デブに一番影響する「箇所」は違うものです。それはお尻、太もも、ふくらはぎ、それとも下半身全体かもしれません。

そんなウィークポイントを、余計に強調してしまう着こなしをしてしまっていませんか?

 

それぞれを目立たせてしまう”NGポイント”をしっかり覚えてコーデに生かすことで、下半身をしっかりカバーすることができますよ。

NGポイント⒈ お尻を強調してしまうトップスライン

 

トップスの丈がお尻の中央に来ると、お尻の横の大きさが強調されてしまいます。また、淡い色は膨張色のため、トップスに淡い色を選ぶとさらにお尻が大きく見えてしまうことに。

 

このような場合は、トップスインでお尻を出してしまったほうが逆に目立ちにくいでしょう。もしくは、トップスの裾でお尻がスッポリと隠れる丈にしてしまうのが◎。

NGポイント⒉ 太ももの太さをあらわにしてしまう丈

「下手に隠すより見せたほうがいい」というケースもありますが、太ももにコンプレックスがある場合、ミニスカートやショートパンツは露骨に太ももをあらわにしてしまうので避けるのがベター。

座ると太ももがさらにあらわになり、肉がつぶれるので余計に太く見え、見苦しささえ感じてしまいます。

 

もともと大人女性として、太ももを大胆に見せてしまう丈をチョイスするのは、若作りや下品に思われてしまうため避けるのが無難。

膝丈ないし膝下丈のほうが品のよさが感じられ、足の一番太い部分も隠せるので好印象ですよ。

NGポイント⒊ たるんだふくらはぎを見せてしまうノーヒール

 

膝丈のスカートに合わせるシューズにノーヒールを選ぶと、たるんだりむくんだふくらはぎをありのままに見せてしまいます。

 

ハイヒールを履くとふくらはぎが引き締まり、縦のラインが出来上がることによって足を長く見せる効果もあるので、足全体を美しく見せてくれますよ。

 

下半身でもとくにふくらはぎが気になる方は、ヒール高のある靴をオススメします。

NGポイント⒋ 下半身シルエットが丸見えピッチリボトムス

ぴったりとするニット素材などのタイトスカートやスキニーパンツなどのスリムタイプのボトムスは、下半身のシルエットをはっきりと見せてしまいます。「下半身デブ」と自覚している方はもとから避けるアイテムかもしれませんが、”ぽっちゃり”程度なら引き締め効果が期待できるので、コーデによってはスリムボトムスもアリ!

 

太ももをロング丈のトップスでカバーして、ふくらはぎのシルエットだけをみせるなら、下半身の細見え効果が期待できます。

 

もちろん、タイト&スキニーボトムをコーディネートに取り入れてみて、下半身の太さが強調されてしまいようであれば、何らかの工夫が必要です。

 

下半身デブが気にならない! すっきりみえる夏コーデ5選

下半身を強調させてしまうアイテムや着こなしを避け、上手に下半身をカバーしましょう。色やデザインを上手に活用して、目線を他の部分に持っていく着こなしをするのもワザのひとつ。

 

ここからは、下半身を気にせず全体を”すらり”と見せるコーデのお手本をご紹介します。

 

下半身のシルエットをまるごとカバーできるワイドパンツ

▶︎コーディネートを詳しく見る

 

ワイドパンツは、下半身デブで悩む方の強い味方。お尻・太もも・ふくらはぎを、全てキレイに隠してくれます。

 

こちらのワイドパンツは、リネンライクな素材で着心地も抜群。トップスもネイビーで統一することで、全体的に引き締まった印象を与えるコーデになっています。

 

きちんと感のあるカラーなので、お仕事にも最適。プライベートではバッグや靴をビビット感のあるカラーにすると、華やかさ&遊び心がプラスされます。

 

切り替えストライプで目の錯覚を利用!

▶︎コーディネート詳細を見る

 

縦ストライプには、足長・細見え効果があります。ウエストラインと裾部分に横ストライプをミックスすることで、デザイン性にも優れ、下半身のボリュームを錯覚させることにも成功!

ベージュと黒のストライプで、大人らしい落ち着いた色合いになっています。

 

ベリーカラーのカットソーを合わせて、気品溢れる高見えコーデに仕上げましょう。トップスはバルーンスリーブなので、二の腕もカバー。気になる箇所を全て解決してくれます◎

 

ワンピース×ワイドパンツの合わせ技で下半身を完全防備

▶︎コーディネートを詳しく見る

 

ワンピースにはレギンスなどのタイトなボトムスを合わせるのが定番ですが、ふくらはぎの太さを見せないベージュのワイドパンツにすると、実際の足のふくよかさをごまかすことができます。歩く度にワイドパンツとワンピースが揺れ、足元が涼しげです。

 

重心が下がって足元が重たい印象にならないよう、靴にはハイヒールをチョイス。引き締め感のあるブラックなら、コーデのアクセントになってGOOD!

 

スカートに視線を集める、注目度抜群のアシメトリー

▶︎コーディネートを詳しく見る

 

ビビットなレッドはそれだけで注目を浴びるアイテム。足よりもスカートに目線がいくため、下半身が気になりません。アシンメトリーなデザインとエアリーな動きで、足が細くみえるメリットもあります。

 

トップスにはスッキリとしたサマーニットを合わせてコンパクトに。洗練された女性らしい、メリハリのあるキレイなコーデに仕上がっています。

 

キレイなシルエットを作り出すAラインワンピース

▶︎コーディネートを詳しく見る

 

Aラインがキレイなパープルブルーのワンピースは、上品でさわやかな印象を与えます。ウエスト部分のリボンがアクセントになっており、大きなお尻にコンプレックスがある方はリボンを後ろに結ぶのがオススメ。

 

首元はキレイなVネックで、デコルテと顔を明るく見せてくれます。後ろも小さなVになっており、Aシルエットでありながらもストンとした縦ラインなので、下半身に自信がない方でもすっきりとした体系を再現することができます。

 

”下半身デブ”な悩みを自分でも忘れちゃう!コーデで夏を100%楽しもう

下半身デブを強調させてしまうのが、カラダのどの部分なのかを知ることで、コーデの注意点が見えてきます。アイテムの色やシルエットの特徴を生かして、下半身を上手に目立たせないことが大切です。

 

「ダイエットを頑張っても、骨格的にどうしても下半身の大きさが目立ってしまう」と悩んできた方も、下半身をカバーするコーデを試してぜひ夏を満喫してください。

 

Text:EDIST. +one編集部


画像はイメージです。

体型カバーアイテムもおまかせ!

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

 

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp