すっきりシャープなシルエットを実現! なで肩さんに似合う服

 なで肩さんは、コーデのバランスが悪くなってしまい思っていたイメージと違ってしまったり、シャープな印象に仕上げたいのにどうしても柔らかい雰囲気になってしまったり……と、そんなお悩みを持っていませんか?

この記事では、なで肩の方でもすっきりとしたイメージを表現したり、コンプレックスである肩のラインを隠せる服選びのテクニックについてご紹介します。実際になで肩さんに着ていただきたいラインナップもご紹介しますので、最後までお付き合いくださいね!

 

 

 

なで肩さんにはオススメできないNG服・NG着こなし

 

なで肩さんは肩が小さく、下がったカーブをしているために、合わないシルエットのアイテムを選ぶと「服を着る」よりも「服に着られている」感がでてしまうことがあります。

 

主導権を握ってしまう服は避けるべし!まずは、NG服とNG着こなしをチェックしましょう。

 

なで肩シルエットがあからさまにでてしまう”ピタっ”と服はNG!

身体にフィットする素材やデザインのものは、なで肩が強調されてしまいます。とくに、Uネック(丸襟)で首元がほとんどオープンになっていないものは、より一層なで肩を目立たせてしまうことに。

 

フィットする素材やフィット感のあるデザインを選ぶ際は、Vネックやフリルなどの装飾があるものを選んでみて。首と肩のラインをごまかすことができますよ。

ズレが気になり、ストレスを感じてしまう服はNG!

なで肩は肩が下がっているため、肩紐がズレやすい傾向があります。その都度直すのはストレスを感じてしまいますよね。しかも何度も直すしぐさは品に欠け、見た目にも美しいものではありません。

 

服を購入する際は必ず試着をして、肩を上下に動かしてみてずれるかずれないかのチェックをするようにしてください。

 

タイトかつ、肩に目線がいくトップスコンパクトなコーデはNG!

 

ハイウエストのボトムスやトップスインは足長見せ効果やコーデ全体をスッキリ見せる効果が期待できますが、なで肩さんにはオススメできません。上半身がコンパクトになって目線が上に行き、結果、肩に目線がいってしまうからです。

 

あえて肩への注目を集めるコーデは避けたほうがよいでしょう。

 

なで肩さんが似合う服選びのテクニック&コーデ

 

なで肩さんは、肩にボリュームがある服を選ぶと華やかになることができます。また、肩の横ラインから目線を避けるため、縦ラインやXラインなどを作るのもテクニックの1つです。

 

ここからは、なで肩さんにぜひ試してほしいオススメのアイテムをご紹介します。

 

ギャザーデザインスリーブでボリュームUP!

ギャザーデザインスリーブブラウス/EDIST. CLOSET

 

おへそ部分から背中まで、大きなギャザーがある豪華なブラウス。肩にボリュームが出るので、華やかな印象を与えることができます。

このブラウスならコンパクトになりすぎないため、トップスインしても問題ありません。

 

ボトムスや小物はトップスのボリューム感を失わないよう、バランスをとるためにも控えめなカラーとデザインのものを選ぶようにしましょう。

 

身頃と肩が一体化したブラウスで劣等感ゼロ!

フロントスナップボタンブラウス/ EDIST. CLOSET

 

 

なで肩の場合、服によっては、肩の縫い目と実際の肩のラインの差が目立ってしまうこともあるでしょう。このような場合、身頃と袖に縫い目がなく、袖が短いブラウスをチョイスしてみて。なで肩でも、自然なラインを作ってくれます。

 

Vネックからフロントスナップボタンにかけて縦のラインがキレイなこんなブラウスなら、斜めに下がったなで肩も自然にカバー。センタープレスパンツと合わせると、より”スラリ”とした印象になりますよ。

 

しっかりゴム仕様でオフショルダーとしても着られるトップスは万能

4WAYオフショルダートップス/EDIST. CLOSET

 

肩部分がゴム仕様になっているので、ギャザーによるボリューム感があるだけでなく「ズレにくい」というメリットもあります。オフショルダーとしても着られる4wayデザインなので、オフの日には違った着こなしで抜け感を演出することも◎。

オフショルダーなら、なで肩のシルエットを気にすることなく楽しむことができますね。

 

また、ウエスト部分のリボンは前でも後ろでも結ぶことができるので、色々な顔を作り出すことができる優秀なトップス!一枚あると助かりますよ。

 

肩に羽織ものを使ってカモフラージュ

▶︎コーディネート詳細

 

カーディガンを肩からかけて、すっぽり隠しつつボリュームを出しましょう。ホワイトは膨張色なので、肩を大きく見せることができます。ただしズレる心配もあるので、サラサラ素材よりもニットや麻など滑りにくい素材を選び、首元で強めに結ぶのがコツ。たとえズレても、羽織ものなら抜け感や華奢感が表現できます。

 

また、大き目のスカーフを首に巻くと首と肩のラインを断ち切ることができるので、なで肩をカモフラージュすることができます。

 

肩ラインから目線をそらす縦ラインコーデ

▶︎コーディネート詳細

 

フロントスナップワンピースをレイヤードにしてセンタープレスボトムスに合わせることで、キレイな縦ラインができます。

羽織として合わせているワンピースは通常のワンピースとして1枚でも着ることが可能。キレイなIラインと小さ目のVネックで、なで肩さんでもお似合いです。

 

袖丈が短めなのも、なで肩の角度をうまくごまかせるポイント!

 

徐々に視線の重心をおとしていくキレイなシルエット

▶︎コーディネート詳細

 

モード感あるペプラムブラウスは、フロントとバックにのみシャーリングがある個性的なデザインです。ウエスト部分から裾に広がっていくキレイなシルエットがなで肩からのラインと繋がり、「なで肩を生かす」ともいえる、全体的にまとまったシルエットに。

 

落ち着いたグレイッシュイエローとネイビーワイドパンツを合わせることで、大人女性にふさわしいカラーの組み合わせといえます。

 

縦ストライプワンピースでXラインを強調

▶︎コーディネート詳細

 

縦ストライプは、なで肩さんにとって強い味方のデザイン。このワンピースは胸元が少しだけ開いたデザインなので、肩・首・胸元のラインを上手に調和させ、なで肩ラインが気になりません。

 

ウエストのリボンは強めに結ぶことでXラインができ、メリハリがでるため、なで肩もカバー。リボンは前後どちらで結んでもOKですが、なで肩さんはリボンに目線がいくよう、前で結ぶのがオススメ!

 

なで肩さんに似合う服はたくさんある!あなたに似合うアイテムをみつけて

 

なで肩さんはトップス選びが重要!

なで肩のラインがあらわにならない服を選ぶのがポイントです。コーデ全体が作り出すシルエットを意識して、ボトムスを合わせましょう。

 

肩のラインだけを気にするのでなく、全身のバランスを見ながらコーディネートすると、きっとあなたらしい表現が見つかりますよ。

 

Text:EDIST. +one編集部


画像はイメージです。

体型カバーアイテムもおまかせ!

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

 

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp