【大人の女性なら知っておくべき!】ビジネスカジュアルのドレスコード

大人の女性として知っておきたいのが、パーティーやイベントなどTPOに合わせた“ドレスコード”。

冠婚葬祭のドレスコードなどは割とイメージしやすいかもしれませんが、身近なドレスコードのひとつである「ビジネスカジュアル」については、曖昧な方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「ビジネスカジュアル」のルールについて改めて再確認! 「ビジネスウェアなのに“カジュアル”って、どういうこと?」というお悩みを解消して、いつでも自信が持てるビジネスカジュアルをコーディネートできるよう準備しておきましょう。

 

 

今さら聞けない! ビジネスカジュアルの定義・範囲って?

ドレスコードとは、TPOに合わせて周囲への配慮をした服装のことを指します。「ビジネスカジュアル」も、そのひとつ。「カジュアル」の名の通り、普段着に近い気軽さのある服装ながら、会議や会社訪問などにも適した服装のことをいいます。

一言でいうなら「スーツ姿ほど堅苦しくないのに、きちんと感も兼ね備えている服装」。

でも、人によって「堅苦しさ」や「きちんと感」の認識の程度は違うもの。見る人がベテランか新卒かによっても、その印象は変わるでしょう。

そのため、どんな人から見られても安心できる、最低限の服装の「マナー」を知っておくことが大切です。

 

 

迷ったら避けるのが正解! ビジネスカジュアルの“NGアイテム”をチェック

格式の高いレストランにおいて「男性はジャケット着用」などとはっきり明示されている場合と違い、ビジネスカジュアルに、「これはダメ」「これはOK」といったはっきりとした線引きはありません。また、会社によってルールの厳しさも異なります。

 

そのため、判断に迷う場合は、一般的にビジネスシーンでNGとされるているアイテムは避けるのが無難! 同僚や上司・お客様が思わず眉をひそめてしまうような服装は、その後の好感度にも関わってきます。

そこでまずは、日本のオフィスで敬遠されやすい代表的なアイテムについてをご紹介。なかには「OK」とする会社もありますが、基本的な知識として知っておきましょう。

 

ビジネスカジュアルのNGアイテム1:露出度の高いオフショルダー

 

今のように暑い時期はついつい肌を露出したくなりますが……ビジネスシーンではもちろんNG! 特に肩やデコルテを見せるオフショルダーは、例え浅めのものでも×です。

胸元の高い露出は下品な印象を与えかねません。ただ、あまりにも首が詰まったアイテムは抜け感がなく、時に暑苦しく見えてしまうこともあるため、ビジネスカジュアルの範疇でのデコルテ見せはボートネックやVネックがオススメです。

 

ビジネスカジュアルのNGアイテム2:ラフな印象のデニム素材

 

デニムはカジュアルの代表格。毎日の着回しに活躍する定番中の定番ですが、元々は作業着の素材として使われていたため、ビジネスシーンには不適切です。それはブラックやホワイトデニムであっても同じ。どんなにキレイめに見えるデニムでも、カジュアルな服装として認識されてしまうことがほとんどでしょう。

ウェアだけでなく、デニム生地のバッグや靴などの小物もふさわしくないので要注意。

 

ビジネスカジュアルのNGアイテム3:リラックス感が強いロングカーディガン

ロングカーディガンは羽織るだけでこなれ感を演出し、冷房対策などにも使えるため持っていると便利なアイテム。しかし、ゆるっとしたシルエットのものが多く、「きちんと感に欠ける」と思う人も少なくないようです。

オフィスで禁止されていることはあまりありませんが、来客の際には「ふさわしい」とはいえないかもしれません。そのため、いざというときの羽織りものとしてジャケットを用意しておくのがベターです。

 

ビジネスカジュアルのNGアイテム4:スポーティー過ぎるスニーカー

 

歩きやすいスニーカーは足を痛めず、疲れにくいのでデイリーシューズとして重宝します。しかし、やはりカジュアルなイメージが強く、特に今トレンドとなっているダッドスニーカーなどはスポーティー過ぎてしまうため、オフィスでは浮いてしまうかもしれません。

 

ただ、1日中ヒールでいるのは足への負担が大きく、辛く感じる人も多いでしょう。そういった場合は、通勤時のみスニーカーを使用し、オフィスに着いたら靴を履き替えるなどの対応をするのがオススメです。

 

ビジネスカジュアルのNGアイテム5:悪目立ちするド派手カラー

 
キレイ色は女性らしい華やかな印象を与えてくれるため、好んで切る人も多いでしょう。しかし、目立ち過ぎるほど鮮やかな色は、ビジネスには不要! 
ビビットなピンクやオレンジなどは「派手だ」と思われ、浮いた存在になってしまいます。それより、落ち着きのある色でセンスを光らせる方が、ずっと好印象につながりますよ。

 

 

好印象間違いなし! EDIST. CLOSETからビジネスカジュアルをピックアップ!

程よく肩の力が抜けた「気軽さ」、それでいて好印象を持たれる「きちんと感」を兼ね備えていることがビジネスカジュアルの理想です。

そこに清潔感と女性らしい華やぎが加われば、よりGOOD! ここからは、そんなお手本となるコーディネートをEDIST. CLOSETからご提案します。

 

 

お手本ビジネスカジュアル1:清廉なブルートーンをブラック小物で引き締め

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

Tシャツライクなシルエットで程よいカジュアルさがありながらも、光沢のある素材でほのかな華やぎもたたえたブラウス。端正な表情のプリーツスカートを合わせれば、よりきちんと感が高まります。

爽やかなブルートーンのコーディネートは、清潔感も◎。小物をブラックで統一することで、キリッとした印象へと引き締まります。

 

お手本ビジネスカジュアル2:キュロットパンツをネイビーで知的見せ

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

知的見えするネイビーアイテムは、ビジネスシーンの強い味方。カジュアルなボトムもきちんと感のある印象へと昇華してくれます。こちらのブラウスは、TPOに合わせてエレガントなボレロ風にも、ドレッシーなノースリーブにもアレンジできる2WAY仕様。ビジネスシーンでは、肌の露出をカバーしつつも、揺れる袖のドレープが華やかな印象を与えるボレロ風で着こなすのが◎。

ボトムはキュロットパンツですが、スカート見えする膝丈シルエットで女性らしさと上品さをしっかりキープしているから、オフィスでも問題なく馴染んでくれるアイテムです。

 

お手本ビジネスカジュアル3:好印象が1枚で叶うストライプ柄ワンピース

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

忙しい朝に重宝するのが、1枚でコーディネートが決まるワンピース。ネイビーの縦ストライプが上品で、清潔な印象を与えます。

ウエストの共布リボンは、女性らしい愛らしさも添えてくれるうえにスタイルアップ効果も◎。胸元にはスキッパーが配され、程よい抜け感を演出してくれます。

バッグはシンプルでも上質感のあるレザーを、パンプスは印象を引き締めるブラックをチョイスするなど、小物のアレンジでよりオフィスにふさわしいきちんと感を意識するとGOOD。

 

 

お手本ビジネスカジュアル4:パンツスタイルでもフェミニンな華やぎを

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

ハンサムなパンツスタイルは、いかにも仕事ができそうな女性といったイメージでかっこいいですよね。でも、クールな印象からちょっぴり近寄りがたさを感じさせてしまうこともありません。

 

でも、ギャザースリーブがふんわり弾むブラウスに、スカート見えするしなやかなワイドパンツを合わせたコーディネートならしっかりレディな印象に。小物には甘さをセーブするブラックを効かせて、凛とした大人の表情を。

 

お手本ビジネスカジュアル5:トレンドカラーを取り入れるならパープルがGOOD!

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

トレンド感がありながらもシックな印象のパープルは、悪目立ちせず、周りにも埋もれない絶妙カラー! ボトムにはネイビーカラーをチョイスして、より知的かつ上品に仕上げています。夏から秋へのシフトにもおすすめの配色です。

 

また、暗色系でまとめることで、バルーンスリーブ×フレアスカートのコーディネートも、ビジネスシーンで浮かない程よい甘さに落ち着きます。

 

 

ビジネスカジュアルをマスターして、みんなの憧れの女性に!

避けるべきアイテム、お手本となったコーディネートを知ったことで、これまで曖昧だったビジネスカジュアルが少しクリアになったのではないでしょうか?

ここでご紹介した基本をもとに、ご自身の職場に合った“ちょうどイイ”さじ加減のアレンジを加えて、失礼のない程度の洒落感やこなれ感も演出できれば、かえってスマートに見えて印象もUPします。自信が持てるビジネスカジュアルで、仕事もお洒落もこなせる憧れの女性を目指しましょう!

 

Text:EDIST.+one編集部

 

 


画像はイメージです。

コーディネートごと借りられるから、ビジネスカジュアルにも迷わない!

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

 

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp