在宅勤務は何を着るのが正解? レンタルで楽しむテレワークアイテム

外出自粛で注目されるようになった<テレワーク>という勤務スタイル。導入した会社も多く、すでに在宅勤務に切り替わった方も多いはず。そこで悩ましい問題なのはテレワーク時の服装。今までは通勤コーデを主軸に置いていたけど、家で会社に行くようなオフィシャル感がある服も動きづらい。かといって休日仕様やホームウェアのようなラフな服装もテレビ会議の時に気まずいし、何よりもお仕事スイッチが入りませんよね。そこで、テレワークの時に相応しいアイテムとコーディネートについて考えてみました。

 

 

そもそも<テレワーク>ってどういう意味?

 

「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

一般社団法人日本テレワーク協会HPより

 

私が答えます

長谷川直子

2000 年よりエディターとしてのキャリアをスタート。女性を対象とした雑誌を中心にストリートからモード誌まで幅広いジャンルの媒体の編集に携わり、企画によってはスタイリングも担当する。出版社勤務を経て独立後はファッション情報メディアのエディター・ライター・スタイリストとして活動。2015年からはファッションレンタルのサブスクリプションサービス「EDIST. CLOSET」のディレクションに参加をしている。

 

「フリーランス編集・ライター業をメインとして活動していた約5年間があり、仕事スタイルはまさに<テレワーク>だったため、実は在宅勤務コーデはお得意! 自身の経験を元に今回はクローズアップしていきます」

 

テレワークアイテムを選ぶ3つのポイント

 

ここからはアイテム別のセレクトポイントともに、「EDIST. CLOSET」でレンタルもできるアイテムの中から、実際にテレワーク向けアイテムをピックアップしていきます。

 

①綺麗色トップスならテレビ会議映えも間違いなし!

 

サーモンオレンジキーネックブラウス

 

ライトイエロープルオーバー

 

テレワークだとテレビ会議も多くなるため上半身コーデが重要に! 逆にいうと、トップスさえおさえておけばボトムはカジュアルでもお仕事モードに。トップスに”きちんとさ”があるだけでも部屋着感を払拭できます。

EDIST. CLOSETは綺麗色トップスが豊富なのでほぼ全てがおすすめ対象なのですが、在宅勤務だとメイクもナチュラルになりがちなので、ここでは顔映りが良いものを基準にピックアップしました。

 

 

②ボトムはシワになりにくくウエスト背面ゴム仕様をチョイス!

 

リネンライクネイビーワイドパンツ

 

キャメルオレンジワイドパンツ

 

会社のゆとりがある大きさのデスクとは異なり、コンパクトな自宅サイズのデスクで仕事をする方が多いはず。場合によってはリビングのローデスクにノートパソコンを置いてそのまま作業をする方もいるのでは。長時間座っていてもシワになりにくい服でありつつ、着心地も楽なボトムであることが最低限の条件といえます。

EDIST. CLOSETはお仕事スタイルがメインなので、「正面からはきちんと見え、でもデスクワークは楽に」をコンセプトにほとんどのボトムがさりげない”背面ゴム”仕様になっています。

 

③ワンピースはウエストの締め付けがないタイプが正解!

VネックAラインワンピース

 

フロントスナップカーキワンピース

 

1枚でサマになるワンピースですが、テレワーク用に選ぶならウエストに締め付けがないすっきりとしたAラインやIラインがベスト。フラットシューズやスニーカーとも合わせやすいため、そのままワンマイルウェアとしてスーパーや公園にお出かけできます。

 

テレワークをしゃれ見えさせるコーディネートテクニック3

アイテムの選び方以上に重要なのがコーディネートのちょっとしたルール。ここではシンプルになりがちなテレワークスタイルを簡単にしゃれ見えさせるコーデテクを3つ取り上げていきます。

テレワークコーデテク1 上下どちらか1点はカラーアイテムに

全身ダークな色のスタイルは小物がスタイリングのカギに。しかし、バッグや靴で色をプラスできないテレワークだと地味なコーデになってしまう可能性も大。そこで、上下どちらかにカラーアイテムを投入するとそれだけでもスタイリングが決まりやすくなります。

 

▶︎コーディネートを見る

 

 

テレワークコーデテク2 ワイドパンツの時はウエストインでXラインをメイク!

ついつい楽なのでトップスの裾を出してしまいますが、ボトムにボリュームがある場合はウエストはインをしましょう。すっきりコンパクトなXシルエットバランスでスタイルアップが狙えます。

 

▶︎コーディネートを見る

 

 

▶︎コーディネートを詳しく見る

 

 

逆に・・・

ゆったりトップスの場合はボトムはストレートでメリハリをつけましょう。

▶︎コーディネートを見る

 

 

テレワークコーデテク3 外出の際はストールをプラス

スーパーなどのちょっとそこまでのスタイルにもストールをさらりとショール使いにするだけで、コーディネートにほんのりとこなれ感を与えてくれます。旬のカラーを取り入れれば、華美にならずに今っぽさを足せるのでぜひ取り入れて欲しい簡単テクニック。

気分や気温に合わせて数種類持っておくと着こなしの幅がグンと広がります!

 

タッセル付きエアリーコットン大判ショール(EDIST. marché/WEBストア商品)

※こちらはレンタルアイテムではありません。

 

 

テレワークコーデのテーマは”部屋着以上通勤服未満”!

 

テレワークコーデにおすすめのアイテムとコーディネートする際のスタイリングテクニックをご紹介しました。

普段はシックな色の服が多いという方もこの外出自粛期間にこそ今まで挑戦しなかったようなカラーアイテムにトライして、新しいスタイリングの扉を開いてみてはいかがでしょうか。

部屋着風にならずに通勤服よりはカジュアルに、そんなさじ加減でテレワークコーデを楽しみましょう!

 

Text:長谷川直子

 


今回ご紹介をしたアイテムはEDIST. CLOSETでレンタルが可能!

初月無料キャンペーン開催中!

EDIST.+oneの連携サービス・「EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)」は、今話題のコーディネートがすでにされた状態で洋服が届くファッションレンタルサービス。

毎月4点、お好きなセットがお手元に届きます。

セットで楽しむことはもちろん、1点ずつの着回し方法をサイトやSNSでもご紹介しています。

制作・スタイリングに携わるのはアパレル業界や女性ファッションメディア出身のプロばかり。

トレンドを程よく取り入れた、デイリーコーデをご提案しています。

ファッションレンタルサービスを活用して、自分磨きとともに賢く時短もしてみませんか?

総額4万円相当の服を毎月7,600円〜で丸ごとレンタル!

 

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp