【コラム連載スタート】ディレクター長谷川が気になるヒトモノコトをシェアリング

はじめまして。そして、以前よりブログをご覧くださっていた方には改めまして。

エディストディレクターの長谷川です。

サブスクレンタルファッションサービスEDIST. CLOSET&EDIST. +oneのディレクター、そして雑誌やWEBメディアの仕事に携わっております。

ファッションやメディア業界に関わり早20年。ここでのコラム連載ではファッションや美容情報を中心に今気になるヒトモノコトを”シェア”していけたらと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

ダブルフェイスな生き方やライフスタイル

ダブルフェイス・・・そう、2つの顔を持つこと。

2つの場所で暮らす2拠点ライフや複数の職業や副業を持つダブルワークなど、1つにこだわらず、ライフスタイルを充実させる生き方やマーケットが拡大している今の時代。シェアリングサービスやサブスクリプションもそんなライフスタイルを後押しするサービスとして取り入れる人が増えていますよね。

例えば、コロナ禍で一気に需要が拡大したシャアオフィスやコワーキングスペース。そして、使いたいときにだけ使用するカーシェアやシェアサイクル。家電や家具、最近ではアートのレンタルなども注目されています。

エディストクローゼットは毎月違う洋服をレンタルできるという、サブスク型のシェアリングサービスの1つ。1つのお洋服を一定の期間、複数人で着まわしていく=シェアすることになります。ユーザーは洋服1点分ほどの値段で4着を1ヶ月間楽しむことができ、クローゼット内に稼働していない服を出来るだけ持たなくて済むことになります。また、無駄な洋服の破棄を減らすことになり、SDGsとしての側面も。デメリットとしては、クリーニング済みとはいえ新品が届くわけではないこと。店頭で試着ができないので、着てみて実際に気に入らないこともある、ということでしょうか。ただ、購入するには勇気がいるアイテムや普段なら選ばないテイストのものを気軽に試すことができるので、例えば休日だけいつもと違う服装に挑戦してみるなど、まさにダブルフェイスなライフスタイルに貢献してくれるといえます。

ダブルフェイスなファッションアイテム

ファッション業界でダブルフェイスというとリバーシブルや2WAYアイテムがあり、ここ数年、とくに1つで表情を変えた楽しみ方ができるアイテムに人気が集まっています。

例えば、EDIST. CLOSETで展開しているのが、ジレにもワンピースにもなる2WAYアイテム。

2WAYジレジャンパースカート をクローズアップしてみましょう。

両サイドにポケットもあり、リップや携帯などをいれておけば小さめのバッグでもアクティブにお出かけOK。

休日はラフにジレとしてさらっと取り入れるとスタイルに奥行きが生まれます。シンプルなコーデに私らしい個性と機能性をプラスしてくれます。

一方で、平日はオフィシャル感のあるワンピースとして活躍。ブラウスやハイネックなどと合わせて、通勤やママイベントなどに。

私もワンピースとして着用。今シーズンのトレンドであるロングブーツに合わせると今っぽい印象になる丈感なんです。

身長159cm/Sサイズ着用

インに着ているブラウスも実は2WAY仕様。

ボウタイ部分をリボンにするとコンサバな印象になりますが、私はラフに首にひと巻きして垂らすか、

そのままくるりとスカーフ風に。少しだけ見える肌が抜け感が出て好きなアレンジ。

ジャケットにあわせてネクタイ風にメンズライクな雰囲気に。

タイの巻き方だけでも印象を変えて楽しめますが、くるりと返すとモードなボトルネックブラウスになり、ガラリと雰囲気が変わります。

 

毎日、新しい私に出会う

私自身、アパレルや美容のディレクター、そして雑誌の編集者やプランナーとしてなどの顔を持っており、普段はカジュアルですが、ときにはきちんとしたスタイルも求められる時もあります。そんな時は柔軟にコスプレ感覚で変化を楽しむようにすると予想外な自分に出会うことがあります。

ダブルフェイスなアイテムはTPOよって合わせやすいという機能的な便利さもちろんあるけれど、新たな自分のスタイルを見つけるツールとして是非活用してほしいと思います。

1番印象や気分が変わるのは、やはり、見た目であり服装によるところが大きいもの。

誰のためでもなく、自分自身をワクワクさせるために。新しい自分の魅力を発見してみては。

 

今週のシアワセシェア逸品 

冬は靴下を履かないと寝れ無いほど冷え性のわたくし。

数十年に渡り様々な靴下を試してきましたが「コレは凄い!」と感動し、まわりに勧めまくっている逸品が「まるでこたつソックス」。

靴下の岡本公式オンラインショップより

公式サイトでは品切れ中のようですが、近所のセブンイレブンで発見して、追加で3色買いをしたほど。アラフォー世代には懐かしい、ルーズソックスのタイプも個人的にヒットなのです。

ここまで履いていて暖かいと実感した靴下は初めてと思うほど、パッケージにあるとおり、”とにかくあったかい”。今週はこの幸せをシェア!

 

隔週・日曜日更新!


取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断