プレママでも自分らしいファッションを。マタニティスタイルの基本をレクチャー

 

プレママにとって、初めての妊娠生活はわからないことばかり。お腹が大きくなるまえに考えておきたいマタニティファッションですが、どんなアイテムをそろえたらいいのか悩んでいる人も多いことでしょう。また、これから育児で出費がかさむことを考えると、なるべくコスパのいい服装を楽しみたいですよね。

そこで、ここでは「おしゃれ」と「お金をかけない」をキーワードに、プレママのためのマタニティファッションをご紹介します。

 

知っておきたい、マタニティウェアを着るメリット

 

そもそも、なぜマタニティウェアを着るのでしょうか。

もちろん、お腹が大きくなり、普段着ている服がきつくなってしまうからですが、そのほかにもいくつか理由があります。

 

・妊婦体型に優しい機能性

マタニティウェアを着る理由のひとつが「機能性」です。マタニティウェアは、体が丸みを帯びる妊婦さんでも動きやすく、着替えも楽なデザインとなっています。また、体のシルエットを美しく見せる効果も!

授乳口があるトップスなど、産後も使えるように工夫され、プレママからママになる期間を快適に過ごすことができます。

 

・妊婦であることを周囲に伝える役割

マタニティウェアは、周りの人たちに「妊娠しています」ということを伝える役割も持っています。何か困ったことがあったとき、妊婦であるとわかったほうが周りも適切なサポートができますよね。必要以上にお腹を隠すことはせず、自然体なマタニティファッションを心掛けてください。

 

マタニティウェアはいつから着る? どこで買う?

 

マタニティウェアを着る目安は、お腹のふくらみが目立ち始める5ヵ月目くらいから。

しかし、個人差がありますので、着ている服が「きついな」と感じたら、マタニティウェアに切り替えましょう。

 

通販サイトやファストファッション系ショップのほか、レンタルサービスも活用

 

マタニティウェアは、専門メーカーが運営するショップのほか、育児用品を扱うお店で買うことができます。通販サイトでもマタニティウェアは豊富に取り扱われていますし、ユニクロや無印良品など、おなじみのブランドからも登場しています。

 

さらに、EDIST. CLOSETのようなレンタルファッションもうまく活用したいところ。腰回りのサイズを調整できるワンピースやゆったりしたトップスなど、体型を気にしながらもトレンドのアイテムを取り入れられる上、レンタルなので使い捨てのようにならないのがうれしいですよね。

 

マタニティウェアを準備する際のコツは、一度にそろえすぎないこと。お腹は赤ちゃんの成長に合わせて大きくなっていきます。臨月近くになって買い換えることがないように、必要なアイテムからそろえていきましょう。

 

また、お仕事をしているプレママは、出勤のことも考えたファッションが必要ですよね。好きなブランドやライフスタイルに合わせて選ぶのも、マタニティウェアを着る楽しさのひとつです。

 

選ぶポイントはコレ!  マタニティファッションのマストアイテム

それでは、マタニティファッションをする際に必要となる、基本的なアイテムをご紹介します。選ぶ際のポイントも参考にしてみてください。

mustitem1. 妊婦さんへの負担が少ない「ボトムス」

 まず用意したいのが、パンツやスカートなどのボトムスです。

マタニティウェアのボトムスは、ウエスト周りが腹巻のようになっていて、お腹を包み込むデザインが多くなっています。サイドにアジャスターがついていたり、伸縮性のある生地で作られていたりと、妊婦さんに負担がかからないように作られています。また、美脚効果のあるデザインもあり、お腹が大きくてもすっきりと見えますよ。

中でも、コーディネートしやすいデニムは持っておきたいアイテムのひとつ。

スカートは、膝丈や流行りのミモレ丈など、短すぎないデザインがおすすめです。

 

 

mustitem2.  産後にも使える「授乳兼用トップス」がお役立ち!

 裾がふんわりとしたデザインのトップスは、お腹のふくらみを程良く隠してくれます。また、妊娠後期に準備したいのが、授乳兼用のトップスです。産後に授乳しやすいことはもちろんですが、バストを目立たせず、自然な雰囲気に見せてくれます。

 

mustitem3. 「マタニティインナー」は専用の物がおすすめ

 インナーは、大きくなるバストやお腹を支えてくれる物ですから、マタニティ専用の物がベター。直接身に着けるため、コットンなど肌に合った素材を選びたいですね。

マタニティブラジャーは、母乳を作る乳腺を締めつけないためにも必要です。バストの形をサポートする柔らかいワイヤー入りのブラジャーもありますが、苦しく感じてしまう方はノンワイヤーのハーフトップを選びましょう。また、パッドがついたキャミソールやタンクトップも、着替えやすくておすすめです。

マタニティのショーツは股下が深くなっていますので、お腹をすっぽりと包んでくれます。

 

mustitem4. 腰への負担を和らげる「妊婦帯」があると◎

チュニックやワンピースと合わせることができ、コーデのポイントとなるタイツやレギンスも、やはりマタニティ専用の物を選びましょう。締めつけすぎず、着心地がとても良くなります。

また、お腹が大きくなるにつれてトラブルが増えがちなのは「腰」。

妊婦さんは、腰痛になりやすいといわれています。少しでも負担をやわらげるために、「妊婦帯」と呼ばれるサポーターを使ってもいいでしょう。しかし、これはあくまでもサポートするためだけの物なので、腰痛がつらいときには、かかりつけの産婦人科に相談してください。

 

mustitem5. ハイヒールはNG!「歩きやすい靴」選び

お腹が大きくなると、体のバランスをとるのが難しくなるため、転びやすいハイヒールは避けましょう。しかし、必ずしもぺたんこ靴がいいのではなく、「歩きやすい靴」がいいようです。

カジュアルなシーンならスリッポンやサンダル、フォーマル用にはバレエシューズがおすすめ。スニーカーも歩きやすいのですが、妊娠後期になるとお腹が出っ張るため、ひもを結ぶことが難しくなります。そのため、ひものないタイプのほうが使いやすいでしょう。

 

マタニティコーデもコスパが大事! デイリーウェアで着回すには?

 

続いては、お金をかけずに手持ちの服で着回す方法をご紹介しましょう。

今のファッショントレンドはオーバーサイズ。シャツやトップスも、ゆるっとしたシルエットのデザインが多いですよね。そのまま、マタニティウェアとして着ることもできそうです。

また、ウエストがゴムのボトムスも定番となってきました。特に妊娠初期のころ、つわりや「マイナートラブル」で体がつらいときは、ゆったりとしたファッションがリラックスできそうです。

ワンピースも、シャツワンピやマキシワンピは、そのままマタニティファッションとして取り入れやすいアイテムですね。

特に、オーバーサイズが流行中の今は、マタニティ用ではない物をプレママ期に利用しやすいでしょう。

EDIST. CLOSETなどのファッションレンタルも利用しながら、手持ちのアイテムをマタニティウェアとして着るのも新たな発見がありそうです。

この春のアイテムから、プレママにもオススメのものをピックアップしました。

 

ママスタッフが選ぶ、プレママアイテムbest7!

 

[スプリングコートワンピ]

ウエストの締め付けがなく、ライトコートとしても活躍するので、肌寒い日には対応ん調整アイテムとしても活躍。プレママにも取り入れやすいアイテムです。授乳もしやすいので、ママコーデにもオススメです。

 

[カシュクールコートワンピース]

 

こちらもコートにもなるタイプのワンピース。きちんと感があるので、お仕事シーンなどでも着用できます。授乳もしやすいカシュクールデザインです。

 

[コクーンワンピース]

ハリ感のある素材を使用しているので、お腹のシルエットを出しすぎずに自然なラインでカバーをしてくれます。

 

[立体ストライプブラウス]

ウエスト周りに余裕があるデザインなので、妊娠中期くらいまで楽しんでいただけます。

 

[Vネックデシンブラウス]

プレママのhappyムードがさらに高まりそうなベビーピンク。お腹をふんわりとカバーしつつも、裾をアウトして着用してもサマになるカッティングに注目です。

 

[ドロップショルダープルオーバー]

トレンドのオーバーシルエットは妊娠後期まで活躍してくれる優れもの。スニーカーやフラットシューズとも相性の良いカジュアルデザインです。

 

[ロングテールケーブル編みニット]

こちらも妊娠後期まで活躍してくれるリラックスシルエットのニット。ウエスト〜ヒップ周りをスタイリッシュに優しくカバーします。

 

プレママには、1点ずつ選べる「カスタムセット」がオススメです!

 

マタニティファッションでもおしゃれできる! 楽しいプレママ生活を過ごそう

 

最近のマタニティウェアは、ファッションのトレンドに合わせたデザインに加え、妊婦さんが過ごしやすい機能を兼ね備えている物が多くなっており、妊娠前と変わらずマタニティファッションを楽しむことができます。

 

期間限定のマタニティファッションを、あなたらしくアレンジしてみてくださいね!

 

Text:マチコマキ

 


〜現在、初月無料キャンペーン中! プレママ期間は話題の”レンタル”で賢く楽しむ!〜

◆EDIST. CLOSETとは? 「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションスタイリングレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。公式サイトはこちら

 

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp