チャコールグレーとはどんな色? 似合う人のタイプやチャコールグレーを使ったコーデを紹介

ー毎日のファッションに役立つ”プラスワン”なライフハックを発信!ー
チャコールグレーは、シックで落ち着いた印象のカラーです。そのため、ビジネスやフォーマル、タウンユースなど、さまざまなシーンで取り入れやすいというメリットがあります。ただ、チャコールグレーは暗いトーンのカラーであるため、使い方によっては地味で重たい印象になりやすい面もあります。
そのせいで、取り入れづらいと感じている人もいるかもしれません。そこで本記事では、チャコールグレーの特徴、黒やダークグレーとの違い、おすすめのコーディネート例などをご紹介していきます。
これまでチャコールグレーになかなか挑戦できずにいた方は、ぜひご一読ください。

チャコールグレーとは?

最初に、チャコールグレーがどのような色なのかについて見ていきましょう。チャコールグレーの英語表記は『charcoal gray』です。『charcoal』は、 直訳すると『木炭』や『炭』などを意味する英単語です。『gray』は、 『灰色』や『ねずみ色』などを意味しています。
つまり、チャコールグレーとは、木炭で描いたような濃い灰色のことを指しています。グレーと比較すると、チャコールグレーのほうがより黒に近い印象です。黒よりはマイルドな印象があり、優しさや柔らかさなどを感じやすいのがチャコールグレーの特徴です。
また、チャコールグレーはきちんとした印象も持ち合わせています。知的で落ち着いたい雰囲気のカラーであるため、ビジネス用のスーツとして採用されることも多いカラーです。

チャコールグレーの色見本

チャコールグレーは、JIS色彩規格の慣用色名では、『紫みの暗い灰色』と定義されていますチャコールグレーがどのようなカラーなのかを理解するためには、色見本をチェックしてみると良いでしょう。
色見本は、『カラーチャート』とも呼ばれているものであり、布地、染料、印刷などで用いられる色の見本のことです。
色見本におけるチャコールグレーは、マンセル値が『5P 3/1』、webカラーが『#4E4854』となっています。RGB値は、レッド78、グリーン68、ブルー73です。CMYKは、シアン5、マゼンタ15 、イエロー0、ブラック83です。チャコールグレーの色を数値でチェックしたいという方は、これらの数値が表記された色見本をチェックしてみると良いでしょう。
ちなみに、日本語でのチャコールグレーの色名は、『消し炭色』です。消し炭は、薪や炭などを燃やして、途中で火を消して作られる炭のことです。バーベキューやキャンプファイヤーなどの火種として用いられています。アウトドアが好きな方にとっては、チャコールグレーは馴染みが深い色かもしれません。このチャコールグレーに近い色としては、憲法色(けんぽういろ)、黒茶などがあります。

ダークグレーとの違い

チャコールグレーはダークグレーともよく似ているため、違いがわからないという方もいるかもしれません。
チャコールグレーは、木炭のように濃い灰色をしており、黒よりも少しだけ明るいカラーとなっています。ダークグレーは、文字通り、暗めの色合いのグレーのことを指しています。ダークグレーとチャコールグレーは、ほとんど同じ色です。
ダークグレーのRGB値がレッド70、グリーン70、ブルー70なので、ここからもほぼチャコールグレーと同じ色だといえるでしょう。

チャコールグレーに合う色とは?

黒に白を混ぜて少し薄くしたのがチャコールグレーであるため、黒と白ともに相性抜群のカラーです。
また、黒、チャコールグレー、ライトグレーといったように、同系色のグラデーションでまとめるとスタイリッシュで洗練された雰囲気になります。
アイボリー、ベージュなどの明るめのカラーも、チャコールグレーとマッチする色です。チャコールグレーは暗くなりがちなカラーではありますが、明るいカラーを取り入れれば、軽さを出すことができます。
また、キレイ色でいえば青みのあるピンクやラベンダーなども、チャコールグレーと相性が良いカラーです。チャコールグレーの中にフェミニンなカラーを取り入れば、女性らしさや可愛らしさを表現できることでしょう。
そのほかにも、オレンジやレッドなどのビビッドカラーもよく合います。黒のように強すぎないカラーなのでコントラストが強調されず、パステルカラーやアースカラーも違和感なく合わせることができます。
基本的に、チャコールグレーはどんな色ともよくマッチしますので、色の組み合わせで悩む心配がありません。

チャコールグレーが似合う人とは?

チャコールグレーは、男女や年齢を問わずどなたでも似合うカラーといえます。特に、チャコールグレーが似合う人は大人っぽい方です。チャコールグレーは知性を感じさせるカラーであるため、職場でこの色を身に着けていれば、大人の魅力を引き出されるでしょう。
また、パーソナルカラーでいうとブルーベースの人はチャコールグレーの服が似合いやすいといわれています。ブルーベースは、ピンクがかった肌色や白い肌色をしている人が多く、チャコールグレーの服を着ることで肌がきれいに見えやすくなるのです。
また、髪の毛が黒色やダークブラウンなどの暗い色をしている人も、チャコールグレーが似合います。
さらに、優しげな雰囲気の人、知的な雰囲気の人、ナチュラルな雰囲気の人も、チャコールグレーが似合うといわれています。
これらの特徴に該当する人は、積極的にチャコールグレーを取り入れてみてはいかがでしょうか。

チャコールグレーを使ったコーデ

チャコールグレーの魅力を知って、ぜひ普段のコーディネートに取り入れてみたいと思った人もいることでしょう。最後に、チャコールグレーを取り入れたおすすめのファッションコーデの例をご紹介していきます。

チャコールグレーを使ったサロペットコーデ

普段、幼見えして大人はなかなか挑戦するには勇気がいるサロペットこそ、シックなチャコールグレーならぐっとハードルが低くなるはず! インナーにやわらかなシルエットのブラウスをレイヤードすれば、さらに大人っぽさと女性らしさの両方をキープした着こなしが叶います。チャコールグレーと相性のいいグレージュ系であれば、着こなしに奥行きが出てよりメリハリのある印象に。足元はカジュアルにサンダルでも、ビジューがきらめくアイテムで都会的に仕上げて。

 

チャコールグレーを使ったセットアップコーデ

カジュアルになりすぎないチャコールグレーは、ビジネスシーンと相性が良いカラーです。チャコールグレーのセットアップを持っていれば、コーディネートが即座に決まるため、忙しい朝の準備もスムーズに! 通勤では足元にパンプスを合わせるのが定番ですが、定番のブラックだと全体が重たい印象になってしまいます。そこで、オフィスカジュアルが許される職場であれば、トレンドカラーのイエローで旬の彩を添えるのがおすすめです。
通勤のほかに、トップスとボトムそれぞれを手持ちの服とコーディネートすれば、プライベートも多様に着回しできるため、セットアップは大人の女性にとって毎日のおしゃれの頼もしい味方となってくれるでしょう。

 

チャコールグレーのパンツコーデ

きちんと感のあるチャコールグレーのセンタープレスパンツは、プライベートでは抜け感をつくってフェミニンに着こなすとちょうどいいバランスに。肩にさりげなくスリットが入ったブラウスであれば、ブラック×チャコールグレーの重たさも軽減されるうえに涼しげな印象に。小物も軽やかに見せる明るめカラーをチョイスしましょう。

 

ここまでチャコールグレーの特徴やおすすめのコーディネートをご紹介してきましたが、自分にチャコールグレーのアイテムが本当に似合うのかいまいちわからないという方もいるでしょう。

基本的にブルーベースの方に似合いやすい色ではありますが、イエローベースの方でも、トップスに似合う色を着て、ボトムにチャコールグレーを合わせれば上手に着こなすことができます。

自分がブルーベースかイエローベースかを知りたい方は、様々な無料ファッションスタイル診断を利用してみるのがおすすめです。毎日のコーディネートを決めるのに役立つこと確実なので、ぜひチェックを!



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断