トップスの前だけインってどうなの? センスよく見せるやり方やコーデも紹介

ーあなたに似合う服をコーディネートごとセットでレンタルできる「EDIST. CLOSET(エディストクローゼット」が毎日のファッションに役立つ”プラスワン”なライフハックを発信!ー

シャツやブラウスなど、トップスのインの仕方がいまいちうまく決まらないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?ファッション誌で見る着こなしのような雰囲気を思い描いていても、実際自分がやったらダサくなってしまうこともあるでしょう。
こちらの記事では、シャツやブラウス、Tシャツといったトップスをインするメリットやオシャレに見せるやり方・ポイント、おすすめのコーデについて紹介していきます。

トップスインとは?

トップスインとは、パンツやスカートの中に裾部分を入れ込んでしまうことを言います。
特にパンツを穿く場合は、トップスをすべて中に入れてしまうようなファッションだと、お腹やお尻周りに抵抗を感じてしまうかもしれません。
しっかりとたるませないでギュっとインしてしまうと、体のラインもはっきりとわかります。
オシャレに見せたいのであれば、すべてをギュっと入れ込んでしまうよりも少したるませてあげたほうがこなれ感が出て良いでしょう。すべてのトップスの裾を入れてしまうほかに、前部分だけをインする方法もあり人気です。前部分だけをインすることで、すべて入れ込んでしまうよりもこなれ感が出ます。

トップスインのメリット

トップスをインすることでスタイルアップして見せることが可能です。全体的に見て上半身のほうが下半身よりも長くコンプレックスに感じている方も、トップスをインするだけでバランスが整います。そのままトップスの裾を出していると、パっと見たときのシルエットが上半身に重心がきているように見えがちです。
しかし、インしてしまうことで、ウエストの位置もはっきりとわかり脚も長く見えます。特にパンツやスカートはロングでストレートなものを一緒に組み合わせてあげると、脚を細く見せる効果も出ます。
上半身に関しても、ゆったりとしたオーバーサイズのトップスを着ていると、ふんわりとして大きく見せてしまいがちです。
しかし、Tシャツの裾をインすることで、上半身の余計なダボつきを防ぎスリムに見せてくれます。もともとがオーバーサイズなため、Tシャツにもゆとりがあり、変にピチっとして見えない分体が細く見せることが可能です。
なかには、体型をコンプレックス感じている方はトップスをインするなんてできない……と抵抗を感じることもあるかもしれませんが、実は思い切ってインしてしまったほうが細く見える場合もあるのです。
そのため、まずは一度試してみてくださいね。目の錯覚を生みやすいのもトップスインのメリットです。
その他のメリットとして、着こなしのバランスが取りやすい点も挙げられます。トップスとボトムスを組み合わせてそのままだと違和感があるとき、インするだけで一気にバランスが整うことがあります。
インするだけで想像以上のこなれ感が出て洒落感がUPする場合があるのです。トップスインのテクニックを覚えておくだけでオシャレがセンスアップするでしょう。

トップスの前だけインとは?

トップスの前だけインとは、すべての裾をパンツやスカートに入れるのではなく、フロント部分だけを入れ込むことを言います。サイドのあたりから後ろにかけては、すべてシャツの裾を出しておきます。
この時、シャツにボタンがあるようなものを着ていた場合、中心がズレてしまうと見栄えが悪くなってしまうので注意が必要です。
パンツやスカートの中心と、シャツのボタンの位置は合わせておきましょう。前部分をしっかりきっちりと入れ込むよりも、少しだけ引き出すとゆとりが出て洒落感がUPします。
すべてのシャツの裾を入れると、きちんとしたイメージがあるのに対して、前だけのインは着こなしに余裕が出てこなれ感が加速します。

前だけインをオシャレに見せるコツ

前だけインをオシャレに見せるには、トップスの裾にゆとりを持たせることが大切です。変にきちんと裾を入れてしまうと、全体的に見た時に違和感を抱いてしまう場合もあります。まずフロントにきちんと入れ込んでしまっても、その後少し抜いてふんわりゆとりを持たせてあげると良いでしょう。
トップスを選ぶときも、窮屈さを感じるものはおすすめしません。ピチっとしているせいで、自然なシャツの前だけインができなくなってしまいます。おすすめはややオーバーサイズのトップスで、自分が普段着こなすサイズよりも少しゆとりがあるものを選ぶと良いでしょう。インをしても全体的にふんわりと見え、フロントだけでなくサイドやバックからシルエットを見ても違和感がありません。ふんわり感がこなれた雰囲気になるためおすすめです。
まず、鏡を見ながらフロント部分のシャツの裾を入れて、ボタンがある時は中心がズレないようにしっかりと合わせていきます。そして、フロントとバックをつなぐサイドをしっかりと見て、違和感なく緩やかなカーブになるようにしましょう。ここが極端に前だけがインされていて急に後ろがすべて出ていると、自然に見えません。オシャレに見せるためには、フロントだけでなくサイドやバックから見ても違和感なく見えることがポイントです。きちんと入れ込みすぎず、馴らしながら伸ばして、たるませるようにするだけでグっとオシャレ度がアップします。

前だけインのおすすめコーデ

ここからは、トップスの前だけインのテクニックを使ったコーデをいくつか紹介していきます。どういったアイテムで前だけインがおしゃれに見せられるか迷ったときに参考にしてみてください。

 

きちんと感のあるアイテム同士を親しみやすく

きちんと感のあるスキッパーブラウスとストレートパンツのコーデをオフの日仕様にしたいときこそ、前だけインの程よい着崩しが効果的。足元もスニーカーでカジュアルダウンさせると◎。挿し色になるスニーカーであればmベージュ×ブラックのベーシックカラーの配色のワンポイントになっておすすめです。

 

こなれたシルエットメイクで脱コンサバ

フェミニンな甘めブラウスをコンサバに着たくないときも、前だけインのテクニックがおすすめ。ふんわりとしたシルエットをいかしつつ、こなれた雰囲気に仕上げてくれます。ボトムもセンタープレスの入ったパンツスタイルならフェミニンに偏りすぎずに着こなせます。

 

カジュアルボトムがさらに洗練された雰囲気に

もともとカジュアルな雰囲気を持つジョガーパンツのコーディネートにも、前だけインがよく似合います。ただ、Tシャツやスウェットだとラフになりすぎてしまうので、キレイめのブラウスを合わせるのが大人っぽさをキープするコツです。こなれ感が加わることで、洗練されたカジュアルが叶います。

まとめ

前だけインのを上手に使えるようになるだけで、いつものトップスとボトムのコーディネートのこなれ感がUPし格段に見違えることも! テクニックひとつで脱マンネリもねらえるので、明日から早速前だけインを取り入れてみてくださいね。

着こなしの印象がおしゃれに変わるだけでなく、スタイルアップもねらえるため体型にコンプレックスがある方にもおすすめです。



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断