白トップスのインナーは何が良い? 大人の女性のおすすめコーデを紹介

白トップスのインナー選びに悩んでいませんか? 白のトップスだとインナーが透けてしまう可能性があります。
そこでこの記事では、白シャツのインナーには何がいいのか、大人の女性のおすすめコーデをご紹介していきます。

インナーの選び方【色】

インナーの選び方には、主に色、素材、形がありますが、最初に色に焦点を当てて見ていきましょう。
インナーの色の選び方は、大きく2つに分けられます。
1つは透けない色を選ぶことで、もう1つはあえて白シャツから透けて見えるインナーの色を組み合わせてコーディネートを楽しむスタイルを楽しむ方法です。以下で、より詳しく見ていきましょう。

 

▶︎画像のコーデセットを見る

 

白トップスに透けにくいインナーの色をチョイス

きちんとしたスタイルが求められるシーンや、そもそもインナーが透けてしまうことに抵抗がある方は、白トップスに透けにくいインナーの色をチョイスするのがおすすめです。
白シャツに白インナーがベストな組み合わせに思えますが、同じ色だからといって透けないとは限りません。白シャツの薄さや白インナーの形の組み合わせによっては、透けて見える場合もあるので気を付けましょう。
一方、白トップスに透けにくいインナーの色は白だけではありません。
白シャツの生地の厚みや素材にもよりますが、肌色に近い色のインナーをチョイスすると、白よりも透け感を抑えられる場合があります。たとえば、薄いピンクベージュやモカ、杢グレーや薄いブラウン系の色などです。

 

白トップス×白インナーのおすすめコーデ

では、白トップスのインナーコーデの基本となる白インナーとのおすすめコーデを見ていきましょう。透けるのが苦手な方や透けるのが困るシーン、色付きのインナーがNGな装いなどにもおすすめのコーデです。
透けないようにするには、体にフィットする白インナーを合わせ、白シャツはやや厚手のものを選びましょう。
逆に、白トップスで白インナーを見せるコーデをしたい場合はどうすればいいでしょうか。キャミソールタイプのストラップの細い白インナーに、シアー素材など透け感のある白シャツを合わせると、見せるコーデに仕上がります。
白シャツ×白インナーに合わせるボトムはどのようなアイテムがいいでしょうか。白はどんな色も受け止めてくれるため、ボトムの色を気にせず合わせられます。ただ、白の面積が多いうえにボトムも淡色だと全体がぼやけた印象になることもあるので、初心者の方はブラックやネイビー、濃いめブラウンなど、締め色のベーシックカラー合わせが簡単です。派手色に抵抗のない方であれば、トレンドカラーのキレイ色ボトムを合わせて、ホワイトとの鮮やかな色のコントラストを楽しんでも◎。

 

白シャツ×ベージュインナーのおすすめコーデ

白シャツ×ベージュは、肌馴染みが良く、ヌーディーな印象になります。インナーを見せるコーデを楽しみたいなら、濃いめのベージュなど肌の色より濃く、明るめのベージュトーンを選ぶのがおすすめです。

こちらのように、あえてホワイトのブラウスを前開きにしてデコルテをベージュのインナーを覗かせることで、デコルテがキレイに見えて女性らしさ高まるスタイルに。肌馴染みがよく悪目立ちしないので、ブラックレースパンツとの好相性です。

 

白トップス×黒インナーのおすすめコーデ

白トップス×黒インナーのコーデは、基本的には見せるインナーとしてチョイスされる方が多いのではないでしょうか。
そのため、白トップス×黒インナーで、黒インナーを見せるコーデを楽しみたい時は、白トップスをシアー素材など透け感のあるものを合わせたり、シャツやブラウスタイプであればあいてボタンを外して黒インナーを見せたりする方法もあります。
ボトムもブラックでインナーとつないぐことで、ワンピースやオールインワン感覚で着こなせます。クールなブラックスタイルに白のシャツやカーディガンなどをさらりと羽織ることで、ぐっとモードな印象に。

インナーの選び方【素材】

透けたくないインナーの素材の選び方ですが、体にピタリとフィットする薄手の素材や伸縮性の高い素材がおすすめです。ジャカード織などの凹凸がある素材や素材にストライプの線などが入った素材などは目立つので透けやすくなります。凹凸のない滑らかな素材で、無地のものが透けにくいです。

インナーの選び方【形】

透けたくないインナーの選び方では、形も重要になります。上に着る白トップスに対して丈やデザインが中途半端だと、形が透けて見えやすくなるので注意しましょう。
長袖Tシャツなどをインナーにしたい場合は、Vネックだと胸元が目立つ場合があるので、丸首やクルーネックタイプがおすすめです。ただし、白トップスのデザインによっては目立ってしまうので気を付けましょう。
また、タンクトップも肩紐の線が太くなるので、白トップスの生地の厚みなどによっては目立ちやすくなります。目立ちにくいのは肩の線が細いキャミソールタイプです。ただし、肩紐を調整できるストラップタイプの場合、金具や調整具が目立ってしまいます。そのため、凹凸ができない形のインナーを選びましょう。

あえて見せるインナーの選び方

続いて、白トップスと合わせてあえて見せるインナーの選び方を見ていきましょう。あえて見せるので、白以外の目立つ色を選んだり、凹凸素材のものを選んだり、TPOや好みのファッションスタイルに合わせてデザイン性のあるものを選びます。
以下で、あえて見せるインナーのポイントやおすすめコーデを見ていきましょう。

 

あえて見せるインナーのポイント

あえて見せるインナーのポイントは、インナー1枚だけでも着て歩けるような素材、デザイン、色のものを選びましょう。
開襟の白シャツで胸元から見せる場合やボタンをすべて開けて前面を見せるなら素材は薄手でもいいですが、白シャツから透けて見えるようにしたい場合には、厚手の素材や凹凸のデザインなどが入っているものを選びましょう。
色が濃いものや柄が入っているものなども透けて目立ちやすくなります。また、チラ見せしたい場合には、胸元にレースなどが入ったものが女性らしくておすすめです。形はキャミソールタイプ、タンクトップ、ノースリーブ、フレンチスリーブなどわずかに袖があるものも◎。
見せるコーデの場合、キャミソールタイプを選ぶ際は、その下に着けるブラジャーのストラップが見えることのないよう気を付けましょう。ブラトップタイプで1枚でも着られるタイプを選ぶか、ストラップのないチューブトップブラやヌーブラなどを身に着けるのが正解です。

2WAY美デコルテスクエアタンク ¥4,312

 

 

あえて見せるインナーのおすすめアレンジ

あえて見せるインナーコーデでおすすめなのは、目立つ色のインナーを合わせることです。白に合わない色は基本的にありませんが、挿し色としてポイントにするなら、ブルーやグリーン、オレンジなど鮮やかな明るい色を選んでみてください。柄やレースがあしらわれているなどデザイン性が高いものもおすすめです。

見せるインナーのコーデはデコルテ見せができるので、さりげなく光るネックレスを着けたりスカーフを巻いたり、胸元のおしゃれを楽しむための小物使いも工夫してみましょう。

まとめ

白トップスに合わせるインナーは、見せるか隠すかで選び方も変わってきます。その日の気分やTPOに合わせていつでもインナーを変えられるよう、インナーは複数揃えておくのが正解です。

今ならセール期間でお得にゲットできることもあるので、ECサイトなどをチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

カップ付きリブキャミソール ¥2,200

 

カップ付きバッククロスキャミソール ¥1,650



届いたその日から"洒落見え"! コーデごとまるっとレンタルで♡

ーご利用中のすべてのお客様へー8周年サンクスプレゼント

詳しくは特集ページへ

イラストレーター進藤やす子さんがエディストクローゼットを体験!

まるっと購入したら高額になってしまうセットも、レンタルサービスなので、約1着分のプライスでOK!

しかも、毎月違う服を選べるので、買ったままでクローゼットに眠っている服を作らずに済むんです。

まずは無料診断で似合う服をチェック!

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断