温度調整アイテムとしても活躍! こなれ色ノーカラージャケット5段活用コーデ集

 

暖かくなりアウターがいらなくなる今の時期は、ファッションも違うテイストにチャレンジしたくなる季節。

しかし、1日の中でも気温の高低差が激しい時期でもあり、着る服にも悩みますよね。

そこで、今回は温度調整の羽織としても活躍してくれる定番デザインながら、トレンドカラーでシーズンムードも醸せるEDIST. CLOSETのきれい色ジャケットをクローズアップ!

オフィシャルEDIST.がフォーマルからカジュアルまで、センス良く着こなしてくれました!

 

◆EDIST. CLOSETとは?▶︎「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。公式サイトはこちら

◆オフィシャルEDIST.って? EDIST.+oneとEDIST. CLOSETのコンテンツをはじめとして、モデル・レポーター・モニターなど、様々な企画に参加してくれる公認メンバー。

 

今回使用するアイテム

グレーノーカラージャケット

近年、定番となっているノーカラージャケット。ノーカラーはきちんと感はありつつ、かっちりしすぎないので、大人のオフィススタイルにぴったり。

しばらくジャケットを着ていなかった人でもカーディガン感覚で着られるので便利です。

黒やネイビーの定番タイプもいいですが、こなれ感のあるライトグレーやカーキなどもおすすめカラーです。

 

今回のオフィシャルEDIST.・・・mikaさん

 

2人のお子さんを育てながら、ママ雑誌で読者モデルをするなど、おしゃれを楽しんでいるmikaさん。メンズライクなテイストを取り入れた、甘すぎないカジュアルスタイルが得意です。Instagramにポストされている家族リンクコーデも参考になりそう。

mikaさんInstagram

 

 

1 幼稚園の懇談会やランチ会、旦那さんとデートなど、ちょっとおめかししたいときに

ワンピース:ZARA

 

トレンドのドットワンピースに、ブラックの小物で統一したシンプルなスタイル。そこにライトグレーのジャケットを羽織るだけで、パッと明るい印象に。ノーカラージャケットはインナーの衿元を選ばないので、手持ちのアイテムに合わせやすいのがうれしいところ。

 

 

2 学校行事など、きちんとしたいシーンはきれいめシンプルにまとめて

バッグ:CELINE パンプス:PELLICO

 

ジャケットをメインに、同じスーツセット内のグレータック入りパンツネイビーフレンチスリーブトップスを合わせたスタイル。きちんとしたシーンではしっかり母親らしさを出しつつも、「あのママおしゃれ!」と思われる、こなれ感が生まれています。お子さんの学校行事などの際は、バッグは小さめがgood。

 

 

3 ストライプシャツにブラックスキニーでメンズライクに!

トップ:Theory パンツ:ZARA シューズ:UNITED ARROWS

 

デニムを使った、mikaさんお得意のメンズライクコーデ。シャツの裾をアウトにすることで、ジャケットでもカジュアルな印象を与えています。さらに、袖もシャツといっしょにロールアップしてラフさを強調。鮮やかなブルーのバッグがコーディネートのアクセントに。

 

 

4 ビンテージデニムもジャケットがあればクリーンな印象で着こなせる!

トップ:Theory パンツ:ヴィンテージのLEVI’S 501 バッグ:YAHKIパンプス:ZARA

 

古着屋で購入したLEVI’S 501と合わせたスタイル。ジャケットのライトグレーと、デニムの色あせ加減がマッチしています。ここで足元がスニーカーだとジャケットだけが浮いてしまうのですが、パンプスにすることで、全体に女性らしさをキープしてきれいめな印象に。

 

 

5 白シャツのボタンは上まで留めてトラッド感を!ハイウエストのデニムでスタイルアップ

トップ:UNIQLO パンツ:BEAUTY&YOUTH スニーカー:Adidas バッグ:YAHKI

 

こちらも同じくデニム&ジャケットのスタイルですが、今度はトラッドな着こなしに。インナーは白シャツ、そして足元も白のスニーカーで爽やかにまとめています。他のアイテムで使用しているバッグも、ショルダーストラップで斜め掛けにするとカジュアルなアクセントになります。

 

 

手持ちのアイテムに合わせやすい! ノーカラージャケットで新しい着こなしを発見して

 

通勤スタイルとしての着回しても素敵なジャケットですが、mikaさんのようにアレンジすれば、学校行事コーデや休日カジュアルとしてさまざまな着こなし方が可能です!

自分にとって新しい着こなしを見つけてみてくださいね!

 

Text:EDIST.+one編集部

 

 


もう毎朝迷わない!

ファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETで時短コーデを取り入れてみませんか?

 

「仕事や育児で買い物に行く時間がない」「同じような服ばかりがクローゼットに溢れていて憂鬱」・・・
そんな女性たちの声を聞き、生まれたのが「EDIST. CLOSET」
買い物に行かずとも、毎日違う服を楽しめて、常にクローゼットがすっきり。そんな生活を提案します。

さらにお仕事コーディネートから休日カジュアルまで、着回しイメージがサイトやSNSでチェックできるので、

毎日迷わないおしゃれが実現します。

 

 

 

 

 

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp