ストライプシャツを使ったおすすめコーデ・メリット・着こなしのポイントを紹介!

縦に模様が入ったストライプシャツは幅広いシーンに活躍してくれるため、1着は持っておきたいアイテムです。
知的で清潔感のある印象を与えやすいので、通勤コーデやフォーマルシーンなどにも取り入れやすく、季節感を問わない定番アイテムなので、年間を通していろいろな着こなしが楽しめることも魅力です。
本記事では、ストライプシャツのメリット、着こなしのポイント、おすすめのコーデ例などをご紹介していきます。
ストライプをもっとおしゃれに着こなしたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

ストライプシャツのメリットは?

1.スタイルアップを叶えてくれる

ストライプシャツは縦のラインを強調するため、ボディラインをほっそりと見せる効果があります。そのため、そのまま着るだけでも着痩せ効果が狙えるのがストライプシャツのメリットです。
チュニック丈やロング丈のシャツワンピースタイプを選べば、より全身がほっそり見えやすくなります。
また、ストライプシャツを合わせることで、身長を高く見せることも可能です。ストライプシャツは縦方向に視線がいきやすくなるため、すらっとした印象を与えてくれます。小柄な人にもおすすめのファッションアイテムです。着痩せ効果やスタイルアップ効果を狙いたい人は、普段のコーディネートにストライプシャツを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

2.シーズンレスに使えるベーシックな柄

シーズン問わずに着られることもストライプシャツのメリットです。春はパステルカラー、夏はブルー系の爽やかなカラー、秋冬は温かみのある暖色系といったように、色選びによって季節感を演出できます。ストライプシャツは、半袖、長袖、七分袖といったように袖丈やシルエットもさまざまです。
蒸し暑い季節には、フレンチスリーブやノースリーブのストライプシャツを選んでおけば、涼しく過ごせることでしょう。
ストライプシャツは、素材のバリエーションもいろいろとあります。汗をかきやすい季節にはコットンやリネン素材、肌寒くなったら起毛素材といったように、季節にマッチした素材を選びやすいでしょう。
このようにストライプシャツは、一年中活躍してくれるアイテムです。何枚か持っていればおしゃれの幅が広がりますし、毎日のコーディネートで悩むこともなくなるでしょう。

 

3.ストライプのバリエーションが豊富

ストライプシャツのメリットは、柄にバリエーションがたくさんあるため、着用シーンやなりたいイメージに合わせて自由に選びやすい点も挙げられます。
連続した小さな点が細い縞に見える柄は「ピンストライプ」、チョークのようにかすれたタッチの縞は「チョークストライプ」、異なった色や幅の縞が並んだ柄は「オルタネイト・ストライプ」と呼ばれています。デニム生地に配置された縞は、「ヒッコリーストライプ」と呼ばれており、カジュアルファッションの定番人気アイテムです。ホワイト×ブルー、ホワイト×レッドといったように、はっきりとしたコントラストで、同じ太さの縞が並んだ柄は「ロンドン・ストライプ」と呼ばれています。
そのほかにも、「ヘアライン・ストライプ」「ペンシル・ストライプ」「キャンディー・ストライプ」「マルチ・ストライプ」などといったように、いろいろなストライプ柄があります。
このように、ひとくちにストライプといっても様々な表情が存在するため、その日の気分に合わせたおしゃれも楽しみやすいでしょう。

ストライプシャツを着こなすポイント

ストライプシャツは、キレイめにもカジュアルにもさまざまな着こなしが楽しめるアイテムです。
デニムやチノパンなどのボトムスに合わせれば、ラフな雰囲気が出せます。ジャケットやベストのインナーにすればきちんと感が出せるので、ビジネスやフォーマルなシーンでも取り入れやすいでしょう。

ストライプシャツの着こなしのポイントは柄です。前述の通り、ストライプシャツは柄のバリエーションが豊富にあります。どのような柄を選ぶかによって、コーデの印象がガラッと変わるのがストライプシャツの面白いところです。
個性を出したい時には、マルチ・ストライプやキャンディー・ストライプなどの柄を選ぶと良いでしょう。ロンドン・ストライプのようにインパクトが強いストライプシャツは、パーカーやトレーナーなどの下に着用してチラ見せコーデを楽しんでみるのも良いかもしれません。無地のシャツ間隔で着こなしたい時には、セルフストライプやシャドーストライプなどが重宝するでしょう。ビジネスシーンでは、ピンストライプやペンシルストライプなどのように、主張しすぎないストライプ柄がよくマッチします。

ストライプ柄は男性向けのシャツに採用されることも多いので、メンズライクな着こなしも楽しみたい時にもおすすめのアイテムです。たとえば、ネイビーやグレーなどのストライプシャツを選んで、ボトムスにはパンツを合わせれば、マニッシュに着こなせることでしょう。メンズライクなオーバーサイズのストライプシャツにすれば、エフォートレスでこなれたカジュアルも楽しめます。

ストライプシャツは、もちろんそのまま着るだけでもサマになりますが、ボタンを全部開けて羽織物としても活用できます。

ストライプシャツを羽織る際には、インナーはジャストサイズかコンパクトなシルエットのインナーを選ぶのがおすすめです。ビッグシルエットのインナーを選んでしまうと、ストライプシャツを羽織ったときにもたついて見えやすいためです。程よく体にフィットするニット、カットソー、Tシャツ、タンクトップ、キャミソールなどをインナーにすると良いでしょう。

また、インナーは無地、もしくはワンポイント程度のシンプルなデザインがおすすめです。インナーのデザインを控えめにすることで、コーディネートにまとまりが出ます。

ストライプシャツを使ったおすすめコーデ


最後に、ストライプシャツを使ったおすすめコーデの例をいくつかご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

おすすめコーデ①ストライプシャツをライトアウターとして


深みのあるグリーンのブラウスとブラックのジョガーパンツの組み合わせに、ブルーのストライプ柄シャツを羽織りとしてオン。ダークカラーのコーディネートが、一気に明るい雰囲気の装いへと表情が変化します。メンズライクなやや大きめのシルエットであれば体型カバーにも◎。オフィスカジュアルのマンネリ刷新にも効果的です。

 

おすすめコーデ②シャツ×フレアスカートの王道をストライプでアップデート

シャツ×フレアスカートは王道の通勤スタイルではありますが、ともすると真面目すぎる印象に。でもストライプ柄のマニッシュさをプラスすることで、ジェンダーレスでシャープな表情へと導いてくれます。また、スキッパーデザインなど抜け感を演出してくれるディテールがあると、よりこなれ感がUP。脱コンサバに一役買ってくれます。

 

▶︎画像のコーデセットを見る

まとめ

ここまで、ストライプシャツのメリットや着こなしのポイントなどをご紹介してきました。ストライプシャツといっても色やシルエットは様々のため、あなたに似合う1着を見つけてぜひおしゃれをアップデートしてください。

どんなストライプシャツが似合うかをより詳しく知りたい方は、EDIST. CLOSETのファッションスタイル診断を利用してみるといいでしょう。同サービスでは、あなたのパーソナルカラーと骨格タイプを導き出し、あなたに最適なファッションテイストを教えてくれます。

無料気軽に利できるので、おしゃれの更新にぜひ役立ててください。



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断