気温12度の服装って何を着れば良いの? 最高・最低気温ごとのおすすめコーデ

ーあなたに似合う服をコーディネートごとセットでレンタルできる「EDIST. CLOSET(エディストクローゼット」が毎日のファッションに役立つ”プラスワン”なライフハックを発信!ー

コーデを考える際には、自分に似合うかはもちろん、その日の気温に適した服を選ぶこともコーデの大切なポイントです。
気温12度となる季節には、防寒性を考えたアイテムを取り入れて、体を冷やさないようにすることが先決。しかし、おしゃれも両立したいとなると、何を着たら良いかで悩む方もいるのではないでしょうか。
そこで、本記事では、最高気温12度や最低気温12度がどのような日なのかを解説したうえで、それぞれの気温におすすめコーデ例をご紹介していきます。

最高気温12度の日の服装

最高気温とは、その日うちでもっとも高い気温のことです。日最高気温と呼ばれることもあります。
たとえば、最高気温が12度であれば、その日で一番高い気温は12度ということです。ここでは、最高気温12度がどのような日なのかについて見ていきましょう。
また、最高気温12度の日の服装、コーデのポイント、スカートやパンツコーデ例などをご紹介していきます。服装の選び方で悩んだ時の参考にしてください。

最高気温12度ってどんな日?

日本国内において、最高気温12度が観測されるのは、12月から3月頃、冬から春にかけてのシーズンです。地域によって最高気温12度が観測される時期には差がありますが、東京周辺で最高気温が12度となるのは12月から2月くらいでしょう。天気が良い日中には気温が12度くらいまで上昇することもありますが、朝晩は気温がぐっと下がってかなり冷え込みますので注意が必要です。体を冷やしてしまうと、風邪などの病気にかかるリスクを高めてしまいます。健康のためにも、最高気温12度の日は、慎重に服装を選んだほうが良いでしょう。

最高気温12度のコーデのポイント

最高気温12度の日は、日中は晴れていればあたたかく感じることもありますが、朝晩はかなり冷え込むので油断は禁物です。最高気温12度の日のコーデは、温かさを意識することが大事なポイントです。
コーデ考える際には、コートやジャケットなどのアウターが欠かせません。トップスもニット素材、起毛素材、フリースなどのように温かさを感じる素材を選んでおくと良いでしょう。
こなれ感を出したい時には、ストールやマフラーを巻いてみるのも手です。ウールやカシミヤといった上質な保温性の高い素材を選んでおくと、首や肩周りを冷えから守ってくれます。

 

防寒対策は忘れずに!

最高気温12度の日は、最低気温が一桁台となることもあるため、体を冷やさないように防寒対策をしっかりとしておきたいところです。
アウターは、ウールコートやダウンコートなどのように、保温性に優れたものがおすすめです。雨や雪の日は特に冷えやすくなるので、厚手のアウターを着て出かけたほうが良いでしょう。ジャケットもウールやツイードなどの温かさを感じさせる素材のものがおすすめです。リラックス感やカジュアル感を出したい時には、コーデュロイ素材のジャケットを合わせてみるのも良いでしょう。
トップスは、タートルネックやオフタートルなどのように、首や胸元の露出を抑えたものがおすすめです。
胸元が開いたVネックのトップスを着たいときは、インナーにシャツやカットソーなどを組み合わせてみると良いでしょう。起毛がかったフランネル素材のシャツも防寒対策に向いているアイテムです。
寒い季節は重ね着をして、防寒対策を意識しすぎてつい着ぶくれした印象になってしまいがちですが、すっきりと着こなしたいときにはインナーを工夫してみると良いでしょう。保温機能を備えたインナーを1枚着るだけでも、温かさを感じることができます。
足元はロングブーツやハイカットのスニーカーを合わせたり、厚手のタイツやソックスなども着用したりすると良いでしょう。
マフラーやニット帽子といったあたたかい小物も取り入れて、防寒対策をしっかりと行うようにしてください。

 

斜めキルティングショートダウンジャケット ¥17,600

 

最高気温12度のスカートコーデ

スカートは下半身が冷えやすいアイテムです。最高気温12度の日のコーデに取り入れるならば、丈が長いものを選ぶと良いでしょう。ロングスカートやマキシスカートなどがおすすめです。忙しい朝は、コーディネートが1枚で完成するロングワンピースも◎。足元はロングブーツを合わせることで防寒性が高めるうえに、より今っぽいトレンド感が高まります。全身をワントーンで統一すればさらに洗練された着こなしに。素材や色の濃淡にコントラストをつけることでメリハリが生まれ、上級者感のあるワントーンも上手に攻略できます。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

最高気温12度のパンツコーデ

最高気温12度の日にパンツコーデは、足首までしっかりカバーしてくれるフルレングスのパンツがおすすめです。ただ、ボリュームのあるアウターにフルレングスのパンツはコーディネートが重たい印象になってしまうため、明るいキレイ色で軽やかさを出すのがポイントです。また、センタープレス入りのパンツであれば縦長の効果でスタイルアップも叶います。足元も甲だけ肌見せするといったテクニックで抜け感を出すといいでしょう。

▶︎画像のコーデセットを見る

最低気温12度の日の服装

最低気温とは、その日うちで最も低い気温のことです。日最低気温と呼ばれることもあります。最低気温12度が観測されるのは、本格的な冬に入る少し手前の秋頃と、肌寒さのまだ残る春の時期です。
寒さが厳しい時期ではありませんが、薄着で過ごしていると肌寒さを感じてしまいます。衣替えのタイミングとも重なる時期なので、服装選びで迷ってしまう方もいることでしょう。
ここでは、最低気温12度の日の特徴、コーデのポイント、スカートやパンツコーデ例などをご紹介していきます。

 

最低気温12度ってどんな日?

日本国内で最低気温12度が観測されるのは、10月から11月頃、および4月頃です。東京周辺では10月から11月頃、3月から4月頃になると最低気温が12度となる日が多くなります。ダウンジャケットやウールコートのように本格的な防寒用アウターは必要ありませんが、肌寒さを感じることもありますので、薄手のアウターは用意しておきたいところです。

 

最低気温12度のコーデのポイント

最低気温12度の昼間は、20度くらいまで気温が上がることもあります。日中はポカポカ陽気で暖かくても、早朝や夜間には気温が下がって冷え込むため注意が必要です。最低気温12度の日のコーデでは、そんな寒暖差に対応できるアイテムを取り入れるのがおすすめです。
たとえば、前開きタイプのシャツやジャケットなどのように、すぐに脱ぎ着がしやすいをトップスを選ぶと良いでしょう。アウターは、薄手素材で軽やかなものがおすすめです。
カジュアルなコーデにしたいのであれば、モッズコートやマウンテンパーカーを羽織ってみてはいかがでしょうか。トレンチコートはデイリーはもちろんのこと、通勤コーデでも使える万能アイテムです。
よりきちんと感のあるコーデにしたいときは、テーラードジャケットやノーカラージャケットなどのアウターがうってつけです。春はコットン、秋はコーデュロイなどといったように季節感が出やすい素材のジャケットを選ぶと良いでしょう。
アウターの下にニットを着る場合には、少し薄手のものがおすすめです。肌触りの良さを求めるならば、カシミヤやウール、コットンなど上質な天然素材のニットを選んでみてはいかがでしょうか。

 

日中は暖かい日になることも

晴れた日の昼間には、気温が20度くらいまで上昇することもあるため、日中はアウターなしでも快適に過ごせます。
ただし、朝晩の気温が下がりやすい時間帯や日陰に入った時などは肌寒さを感じることがあるため、ある程度の寒さ対策をしておいたほうが良いでしょう。念のためにお出かけする際には、ライトアウター、カーディガン、大きめのストールなどの羽織物を用意しておくと安心です。

 

モヘア風チェックストール ¥1,980

 

最低気温12度のスカートコーデ

最低気温12度の日は、昼間は過ごしすい温度になることが多いためスカートコーデにもチャレンジしやすいでしょう。オフの日は、トレンドのフーディを取り入れた大人カジュアルなスカートコーデがおすすめです。大人にも似合うニット素材のきれめフーディに、レディな表情を演出してくれるマーメイドスカートを合わせればラフになりすぎません。足元は防寒性があり、脚のラインをきれいに見せてくれるロングブーツが正解です。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

最低気温12度のパンツコーデ

最低気温12度の日のパンツコーデでは、コーディネートの主役になるようなキレイ色のアイテムを取り入れてみると良いでしょう。ブラックやネイビー、ブラウンなどダークトーンのパンツを選ぶ場合は、トップスは顔周りが華やかな印象になる明るめのカラーがおすすめです。
パンツはハイウエストタイプのデザインを選ぶと、脚長効果が期待できます。ベルトでウエストマークしてメリハリを強調するのもいいでしょう。アウターはきちんと感のあるジャケットを羽織ってオフィス仕様にしても◎。

▶︎画像のコーデセットを見る

まとめ

最高気温12度の日は気温がかなり下がるため、体を冷やさないようにするのがポイントです。ウール、カシミヤ、フリース、コーデュロイなどのように、保温効果のある素材のファッションアイテムを取り入れると良いでしょう。ダウンジャケットや厚手のウールコートなどのように、防寒性の高いアウターも最高気温12度の日には必須です。
最低気温12度の日は、昼間は気温が高くなることもありますので、脱ぎ着がしやすいアイテムを取り入れてみると良いでしょう。アウターは薄手素材ものがおすすめです。カーディガン、大きめのストールなどのアイテムも揃えておくと便利でしょう。
その日の最高気温や最低気温に合わせて、快適に過ごせる服装を選ぶようにしてください。



届いたその日から"洒落見え"! コーデごとまるっとレンタルで♡

ーご利用中のすべてのお客様へー8周年サンクスプレゼント

詳しくは特集ページへ

イラストレーター進藤やす子さんがエディストクローゼットを体験!

まるっと購入したら高額になってしまうセットも、レンタルサービスなので、約1着分のプライスでOK!

しかも、毎月違う服を選べるので、買ったままでクローゼットに眠っている服を作らずに済むんです。

まずは無料診断で似合う服をチェック!

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断