40代女性を魅力的に見せる髪型はこれ! クールなショートカットスタイル

ーあなたに似合う服をコーディネートごとセットでレンタルできるEDIST. CLOSET(エディストクローゼット」が毎日のファッションに役立つプラスワンなライフハックを発信!ー

イメージチェンジしたいけれど勇気が出せない方、若々しい髪型にしたいとお悩みの方に、40代女性向けショートカットスタイルをご紹介します。
あなたも、大人の魅力を引き出すクールなショートヘアを目指してみませんか。

ショートヘアに憧れるけど勇気がない!

40代になって、ヘアスタイルを大きくイメージチェンジするのは勇気がいりませんか。これまでロングヘアだった人や、いつも髪を結んでいた人はバッサリと切ってショートヘアにするのは抵抗を感じるかもしれません。
一方、子育てが大変な時期は長い髪を洗う時間さえないと、髪をバッサリ切ってショートヘアにする方も少なくありません。もっとも、子育ても落ち着いてくる40代、若い時と違って顔がたるむことや少し白髪も出てくるなど、イメージチェンジするハードルが高くなってきます。
ショートヘアにすると顔の形やパーツが目立つように思え、そろそろほうれい線が出てきた、顔のたるみや二重あごが気になると不安になる方もいるでしょう。ですが、ショートヘアにすることで、かえって気になる部分がカバーできることや若々しく見えることもあるのです。
自分に似合うカットスタイルと出会えれば、かっこいいショートヘアにイメージチェンジすることができます。
思い切って印象を変え、もっと若見えしたい40代女性向けショートカットスタイルをご紹介します。

40代女性向けおすすめショートヘア

ショートヘアといっても、さまざまなスタイルがあり、バリエーションやカットの仕方も豊富です。
幼い子のさっぱりと愛らしいショートヘア、10代のフレッシュでアクティブなショートヘア、20代の洗練されたショートヘア、30代のエレガントなショートヘア、そして40代になったら若々しく見せ、大人の艶やかさを感じさせるショートヘアがおすすめです。
40代女性はどのようなショートヘアを選べばいいのか、どのようにカットしてもらえばいいのでしょうか。
40代女性向けおすすめショートヘアのポイントは黒髪でもOKで、レイヤーカットを取り入れること、トップにボリュームを持たせることです。
3つのポイントを詳しく見ていきましょう。

 

黒髪もショートなら重たくない

最近は髪色を明るくする方も多いですが、40代女性の場合、TPOに配慮して黒髪をキープしている方もいるかもしれません。また、若い頃は明るい髪色に染めていた方も、年齢を重ねて黒髪に戻した方もいることでしょう。しかし、黒髪にすると少し重たいなと思うことはありませんか。
ショートにすれば、黒髪も重たい印象が薄くなり、軽やかで爽やかな雰囲気が演出できます。仕事柄や立場柄、髪色を明るくできず、黒髪でないといけないという方も、一度ショートヘアにしてみてはいかがでしょうか。

 

レイヤーカットで大人っぽく、軽やかに

レイヤーカットとは、髪をすべて同じ長さに揃えるのではなく、段差を設けるスタイルです。長さに少しずつ差を出すので、軽やかで艶っぽい印象に仕上がります。大人らしいエレガントな雰囲気を演出できるので、40代女性がショートヘアにチャレンジする際は、「レイヤーを入れて」とお願いしましょう。
40代のショートカットスタイルとして、大人っぽさを演出するなら、レイヤーボブも選択肢の一つです。重さを残したショートボブをベースにし、髪の表面と毛先にレイヤーを入れると、ふんわりとナチュラルな空気感が生まれ、若々しく、髪の量も多く見えます。40代になって髪のボリュームがダウンしたとお悩みの女性にもおすすめです。
また、グラデーションカットとレイヤーを組み合わせたレイヤーボブも40代女性に適しています。グラデーションカットとは、上下の幅を狭くし、細かくきめ細やかに段差をつけるカットスタイルです。
ショートヘアやボブヘアによく用いられるカット技術です。毛束を指に挟んで真っすぐ平行に持ち上げた状態で、頭の上のほうの毛を長く、下の毛が短くなるようにハサミを入れていきます。この方法でカットすると、髪を下ろした時に毛先に幅の狭い段差を出すことができます。大きな段差ではなく、ぼやかしたような段差がつくため、丸みとボリュームが出る仕上がりになるのが特徴です。大人らしい艶やエレガントさと同時に、髪のボリュームをアップさせたようなイメージに仕上がるので、髪のボリュームダウンに悩み始める40代女性にピッタリです。段差が大きな通常のレイヤーカットより、より丸く優しい、女性らしいイメージが目指せます。グラデーションカットの場合、髪色は暗めの色にすると、より大人っぽい印象が出せるので、黒髪の40代女性に最適です。
このグラデーションカットをベースに、前下がりにしたうえで、さらにレイヤーをプラスして、頭の丸みをきれいに見せるレイヤーボブにしてみましょう。前下がりにすることで、頭のトップ部分によりボリュームが出るので、年齢的に気になってくる頭頂部の薄さをカモフラージュすることができます。

 

 

トップのボリュームを出して若々しく

40代に入ってくると、髪のボリュームが気になり出しませんか。抜け毛が増えてきた、髪が細くなってきた、なんだかぺちゃんこになってきたと悩む方は少なくありません。若い頃は髪の量が多くて悩んでいた方も、いつの間にかボリュームダウンが気になり出します。女性の場合、特に頭頂部、頭のつむじ周辺から薄くなり出します。自分では気づきにくくても、少し頭を下げて鏡を見ると、つむじ付近の髪が薄くなっていて驚くことも多いです。
そのため、40代のショートヘアは、トップのボリュームを出すのがおすすめです。トップに髪が集まるようにカットしてもらったり、髪を起ち上げるような雰囲気にしたり、カットした後、少しパーマを当てるなどして、ふんわりさせましょう。トップを残しながら、周囲にレイヤーを入れると、よりトップ部分がボリュームがあるように見えるようになります。トップをふんわりさせて若々しく、ヘルシーに見えるように演出しましょう。

ショートカットに似合うファッション

ショートカットにしたら、どんなファッションが似合うでしょうか。
せっかく軽やかで爽やか、若々しい大人ヘアスタイルにしたのですから、ファッションも含めて似合うコーデを楽しみたいものです。
ショートカットに似合うファッションを見ていきましょう。
ショートカットにしたら、まずはイメージをそのままにクールビューティーを目指してみましょう。
もちろん、カジュアルファッションにも最適です。
さらに、ショートヘアだからこそできる、大人フェミニンな女性らしさのあるファッションもおすすめです。
以下で3つのタイプのファッションのポイントをご紹介します。

 

トラッドなパンツスタイル

ショートカットは、どちらかというボーイッシュでヘルシーな印象を与える髪型です。しかし年齢を重ねた40代のショートカットは、クールビューティーに決めるのがおすすめです。
これまで、フレアスカートや花柄のワンピースなどフェミニンなファッションやレースの付いた甘めの服を好んで着ていたといいう方も、パンツスタイルやモードかつシンプルなワンピースを選ぶなどしてみませんか。
まず、今の冬の時季であれば、シンプルにタートルニットとワイドパンツの組み合わせはいかがでしょうか。
タートルニットは定番のブラック、ワイドパンツはチェック柄ワイドパンツにすることで、トラッドでマニッシュなスタイルの完成です。ただ、これだけだど味気なくメンズライクに偏りすぎるおそれがあるので、大きめピアスやネックレスで女性らしい華やぎを忘れずに。また、バッグもキレイ色の小さめサイズで上品にまとめましょう。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

洗練カジュアルスタイル

ショートヘアにはカジュアルファッションも似合います。ただ、大人がショートカットにデニムスタイルだと、ともすると子供っぽい印象を与えてしまうこともあるため、なるべくキレイめのアイテムで構成したカジュアルスタイルがおすすめです。
トップスは、スウェット見えするニットならカジュアルすぎません。ボトムもデニムではなく、あえてセンタープレス入りのネイビーパンツならきちんと感もキープできます。仕上げにジレを羽織ればこなれ感が格段にUP!
足元はスニーカーではなく、軽やかなローファー風ミュールで抜け感とトラッド感を。

 

シュガーレスなフェミニンスタイル

フェミニン派の方は、思い切ってショートヘアにチャレンジしたいものの、ファッションは女性らしさをキープしたい方もいるのではないでしょうか。
甘めのディテールも、ショートカットであれば程よい大人の可愛げで媚びずに着こなせます。ボリュームのあるフレアスカートやワンピースも、ショートヘアで上半身がコンパクトにまとまっているので全体のバランスが良くなります。
また、甘さがトゥーマッチにならないよう全体をシックなカラーでまとめると、よりショートカットの大人の女性に似合うフェミニンスタイルが実現します。

▶︎画像のコーデセットを見る

「バッサリ」してみませんか?

今、ボブなどミディアムヘアの方なら、少しだけ勇気を出せばショートヘアに変身できます。一方、ロングヘアの方やこれまで一度もショートヘアにしたことがない方は、なかなか勇気が出せないかもしれません。ですが、一度くらい冒険してみませんか? 似合わなかった場合や、やっぱりロングが良かったと思えば、また伸ばせばいいだけです。
40代でショートヘアにチャレンジするのは、もう遅い、もう少し若い時のほうが良かったと思う方も、歳を重ねた今の方が似合う場合もあります。髪のボリュームがダウンしてきたのをショートヘアでカバーすことも可能です。レイヤーを入れることで、顔のたるみや二重あごが隠せることやスッキリと見せることもできます。40代ならではのお悩みもカバーでき、若々しく見えるので、一度、「バッサリ」にチャレンジしてみましょう。
そのためには、40代女性向けおすすめショートヘアのポイントを押さえ、悩みに寄り添ってくれ、40代らしいかっこいいショートカットができる、技術の高いスタイリストを探すのことも大切です。



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断