アースカラーとは?大人女性におすすめのカラーを活かした着こなし術

ーあなたに似合う服をコーディネートごとセットでレンタルできる「EDIST. CLOSET(エディストクローゼット」が毎日のファッションに役立つ”プラスワン”なライフハックを発信!ー

たびたびトレンドカラーにあげられるアースカラーですが、どんな色かご存知でしょうか。
この記事では、アースカラーとはどのような色なのか、また、大人女性におすすめのアースカラーを活かした着こなし術についてご紹介していきます

アースカラーってどんな色?

アースカラーは単色、つまり1つの色を意味する言葉ではありません。アースをイメージさせるカラーの総称です。アースとは英語で地球のことです。アースカラーと言う場合、大地や海、植物など地球に広がる自然をイメージさせる色を指します。そのため、アースカラーという特定の色があるわけではなく、地球や自然を連想させるような色のことと覚えておきましょう。

アースカラーの特徴

地球の色、自然の色というと、鮮やかで美しい色をイメージされるかもしれません。ですが、アースカラーはどちらかというとシックで落ち着きがある色や癒される色、くすんだ色を特徴に持ちます。
花のカラフルな色や太陽が輝く色といったよりは、土の色、生い茂った草の色、秋の野山の色、海の深い色といった色です。華やかな色ではなく、野性的な色味や人間の手が加わっていない自然の色といったイメージです。
近年のナチュラルライフ志向やスローライフ志向から、人気が高まってきた色と言えます。最近では、着るものなどの肌に触れるものは、オーガニックコットンなどのオーガニックがもてはやされることや、スキンケアやヘアケアなど体に使うアイテムには植物由来のボタニカル成分に注目が集まっています。
アースカラーはボタニカルカラーなどと呼ばれることもあり、自然体をイメージさせる色です。見ていると心が落ち着く、興奮しない、刺激を受けない、自分が自然でいられるようなカラーと考えると、1つの色を見た時にアースカラーなのか、そうでないのかを見極めることができるようになるでしょう。

アースカラーを取り入れたコーデのポイント

アースカラーを取り入れたコーデのポイントとは、大きく2つあります。
1つ目は、ワントーンでまとめることです。もう1つは、差し色を活かすことです。
それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

ポイント1:ワントーンでまとめる

アースカラーにもさまざまな色がありますが、好みのアースカラーを一色だけでまとめる方法、好みのアースカラーの1色の中から濃いめの色と薄めの色などで濃淡をつける方法です。
さらに、いくつかのアースカラーを組み合わせてワントーンにまとめあげる方法もありです。
アースカラーワントーンという場合、アースカラー以外の色は使わず、全体的に落ち着きあるコーデにすることやナチュラルな植物系テイストにまとまるコーデになります。

 

ポイント2:差し色を活かす

アースカラーでワントーンでまとめると、その方の雰囲気や服の選び方によっては、少し地味すぎたり、沈んだ印象になったりしないか心配になることもあるかもしれません。そこで、ワントーンで落ち着いた色にまとめながらも、差し色を入れるのもおすすめです。
差し色は、思い切ってなどアースカラー以外の派手な色を少し入れるのもいいですし、アースカラーの中で他の明るい色をチョイスするのもいいでしょう。
たとえば、夕陽をイメージさせるオレンジや輝く海をイメージさせるエメラルドグリーンなどです。
差し色の入れ方としては、首元にスカーフを巻いたりベルトでウエストマークしたり、もしくはバッグで取り入れたりと、小物でワンポイントに抑えるのが基本です。トップスやボトムス、アウターなどに持ってくると、少し面積が多すぎて差し色にはなりません。
ファッションセンスがある人やおしゃれと思われる人は、小物使いもうまい人です。服ばかりにこだわらず、小物もいろいろと集めたり、これまで買った小物の中に使えそうなものがないか探したりしてみましょう。

カラー別のおすすめのコーデ

アースカラーコーデのポイントを押さえたところで、アースカラーの中からいくつかをピックアップし、カラー別のおすすめコーデを見ていきましょう。アースカラーにもさまざまな色がありますが、ここでは代表的なブラウン、ベージュ、テラコッタ、カーキ、マスタード、ブルーを使ったコーデを取り上げていきます。

 

ブラウンを使ったアースカラーコーデ

アースカラーのブラウンは、大地の色、いわゆる土の色や植物の枝や幹の色などを連想させる色味です。ワントーンにするのであれば、1枚でコーデが完成するワンピースが簡単。
ブラウンは基本的に落ち着きがある色なので、地味な印象にならないよう、首元にはスカーフを巻いたりジュエリーをプラスしたり、華やかさをUPするアレンジを加えましょう。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

ベージュを使ったアースカラーコーデ

ベージュは、アースカラーの中では土や枝、枯れ葉などをイメージさせる色です。稲刈りをする時期の籾の色や田んぼの色、秋の紅葉が終わった後の葉の色のイメージです。柔らかく、ナチュラルな色なので、優しい雰囲気のコーデに仕上がります。ベージュにも薄い桃色がかったピンクベージュや、薄いコーヒーのようなモカベージュ、茶色がかったココアベージュなどがあります。
ベージュのアースカラーコーデは、ワントーンでも素材にコントラストをつけるのがコツです。例えば、トップスはケーブルニット、スカートはヘリンボーン、ブーツはレザー素材にすることで、全体にメリハリ感が生まれます。
小物のバッグはブラックで淡色のベージュを引き締めましょう。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

テラコッタを使ったアースカラーコーデ

テラコッタと言われて、どんな色かイメージできますか。テラコッタは土を焼いた色、レンガ色とも言われます。
明るめの茶色で、オレンジに近い色合いです。アースカラーコーデの中では、ブラウンやベージュより少し華やかでインパクトのある色です。そのため、人によっては取り入れにくい色と感じる方もいるでしょう。
テラコッタは、ベースカラーというより差し色にもなるようなパッとした色なので、トップスで取り入れるだけで顔が明るい印象になることもあります。ボトムはブラウン系でまとめても、フレアスカートならより華やかな印象に。

 

カーキを使ったアースカラーコーデ

カーキは迷彩色と言われることもある色で、ジャングルや森林、山の中などに人が入った時に一体化して見えなくなる色を意味します。軍隊カラーなどとも呼ばれ、陸軍などが地上を移動する際に敵に見つからないよう、地上の植物や土の色に近い色をユニフォームに取り入れているのです。そのため、カーキといった場合、くすみのある草の色から鮮やかなグリーンに近い色、土のような茶色に近いグリーンやイエローに近い茶色や黄色みがかかったグリーンなども該当します。
しかし辛口でメンズ服に多いイメージがあるため、いきなり取り入れるには抵抗を感じる人もいるかもしれません。そこで、レイヤードスタイルでカーキの面積を少なくした着こなしがおすすめ。ジャンスカとのコーディネートなら女性らしさもしっかりキープできます。

▶︎画像のコーデセットを見る

まとめ

アースカラーといってもさまざまなカラーが存在するので、一体どの色を着たらいいか迷うこともあるでしょう。どうせなら、似合う色を選びたいですよね。
そこでおすすめなのが、EDIST. CLOSETの無料ファッションスタイル診断。パーソナルカラーと骨格診断から、あなたに似合うファッションテイストを教えてくれます。どんな色が似合うかもわかるので、ぜひ利用してみてください。



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断