【タイトスカートコーデ 】大人女性がおしゃれに着こなすポイントは?

ーあなたに似合う服をコーディネートごとセットでレンタルできるEDIST. CLOSET(エディストクローゼット」が毎日のファッションに役立つプラスワンなライフハックを発信!ー

ワードローブの中に、タイトスカートはお持ちでしょうか? 大人の女性にとっては定番のアイテムのひとつですが、タイトスカートは体型が出やすいため抵抗があると感じる方や、履きこなす自信がないと思っている方も多いことでしょう。
この記事では、おすすめタイトスカートコーデと大人女性のおしゃれな着こなすポイントについてご紹介していきます。

タイトスカートの魅力

タイトスカートは、裾に向けて細くなる形状で、シルエットがタイトなスカートです。体型にフィットするデザインのものが多いので、ウエスト周りから腰のラインが出やすくなっています。丈はミニ丈などもあるものの、タイトなラインがきれいに出る膝丈やロング丈のものが一般的です。
タイトスカートを好んでよく履いている方もいる一方で、苦手意識があり、ほとんど履かないという方も少なくありません。
しかし、そんな方もタイトスカートの魅力を知れば履いてみたくなるのではないでしょうか。タイトスカートの魅力は、大人女性の雰囲気を醸し出せること、きれいめな印象でしっかり感を出せること、カジュアルに着こなすこともできること、そしていろいろなコーデに使い回せることです。
以下で、タイトスカートの魅力を詳しく見ていきましょう。

 

大人の女性の雰囲気を醸し出せる

タイトスカートの魅力の1つ目は、女性らしいシルエットが出やすく、大人の女性の雰囲気を醸し出せることです。
普段はフレアスカートやふんわりしたワンピースなどを好んで着ている女性も、「今日は大人っぽく決めたいな。」と思った時には、タイトスカートを穿くだけで、いつもとは違う大人っぽい雰囲気を演出できます。
スリットが入ったタイトスカートなら、いっそうセンシュアルな雰囲気を醸し出すことが可能です。

 

きれいめな印象できちんと感を出せる

タイトスカートの魅力の2つ目は、きれいめな印象できちんと感を出せることです。タイトスカートはシルエットが出やすくセンシュアルなイメージを持つ方も多いですが、実際には働く女性の制服として長く使われてきた歴史を持ち、きちんと感を出せるデザインでもあります。ふんわり広がるフレアスカートやプリーツスカートよりも、デザインに無駄のないミニマルなタイトスカートのほうが職場に適している場合もあります。実際、ふわふわして丈の長いフレアスカートやプリーツスカートは、作業がしにくい場合や邪魔になることも少なくありません。
ストレッチの効いた素材でストレスフリーな着心地のタイトスカートなら、事務作業や立ち仕事もしやすいでしょう。

 

カジュアルに着こなすこともできる

タイトスカートの魅力の3つ目は、カジュアルに着こなすこともできることです。なかにはタイトスカートは真面目な事務服と思えることやオフィスや医療機関の受付など、きちんと感がある場所で着用するものというイメージを持っている方も少なくありません。
ですが、タイトスカートはデザインやカラー、コーデによってカジュアルに着こなすことができます。
事務服として採用されるタイトスカートの定番カラーは紺が多く、その次にお店や冠婚葬祭業者では黒が多くなっています。また、リクルートスーツでもタイトスカートタイプが多く、黒やグレーが定番カラーです。白のブラウスやベスト、ジャケットなどと合わせると、制服やリクルートスーツっぽく見えてしまうこともあるかもしれません。
ですが、トップスをパーカーやカットソー、ニットなどに替えるだけで、真面目な印象の定番カラーである紺や黒、グレーでも、カジュアルに着こなすことができます。
もちろん、タイトスカートはさまざまなカラーがあるので、赤やブルー、グリーンなどの華やかな色を選ぶことや花柄やチェック柄、ドット柄などの柄が入ったタイトスカートを選べば、カジュアルに変身できます。

 

色んなコーデに使い回せる

タイトスカートの魅力の4つ目は、色んなコーデに使い回せることです。ここまでの魅力でもご案内したように、会社や医療機関などの制服として利用されている場合やリクルートスーツにも使われている一方で、大人女性の雰囲気を醸し出すことやカジュアルな着こなしもできます。
色、柄、デザイン、丈などもさまざまなタイプがあり、トップスやアウターとの組み合わせを通じて、色んなコーデに使い回せるのも魅力です。
真面目な印象の紺のタイトスカート1枚であったとしても、トップスなどを変えるだけで、幅広いTPOでいろいろなコーデに使い回せます。

タイトスカートコーデのポイント


ここからはタイトスカートをいかに穿きこなすか、コーデのポイントを見ていきましょう。

かっちりし過ぎないジャケット見えニットカーデ

タイトスカートにカッチリしたトップスを合わせると堅苦しく見えてしまうことがあります。とはいえ、オフィスや学校行事ではきちんと感をキープしたいところ。そこでおすすめなのが、ジャケット見えするニットカーディガンです。程よくカジュアルなので、親しみやすい好印象な着こなしが叶います。セットアップであれば、コーディネートを考えずともサマになる着こなしが叶うので便利。インナーは明るめのベージュ、ホワイトなど抜け感の出るカラーのブラウスを合わせましょう。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

ふんわりブラウスでシルエットにコントラストを

タイトスカートはシルエットが細身のため、トップスもコンパクトにするとボディラインが強調されすぎてしまいます。そのため、トップスはパフスリーブやタックでシルエットにふんわりとしたゆとりのあるブラウスなどでシルエットにコントラストをつけるように意識すると◎。メリハリが出て、全体的なバランスが調います。

 

ロングブーツで露出をカバー

下半身のシルエットが目立つタイトスカートで脚の素肌まで露出すると、ともすると品を損ないかねません。そこで活躍してくれるのが、トレンドアイテムであるロングブーツです。素肌を隠しつつ、コーディネートじたいもぐっと今っぽい雰囲気に見せてくれます。スカートもあたたかみのある素材や柄を意識するとシーズンムードも加速し、より高感度な着こなしに。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

カジュアルミックスでこなれ感

デイリーに着こなすなら、ハーフジップニットやパーカといったスポーティ感のあるカジュアルトップスと合わせるのがおすすめです。スポーティテイストをタイトスカートでレディに昇華させることで、ラフすぎず、女性らしさをキープしたこなれカジュアルが完成します。ワントーンにすればいっそう上級者な雰囲気に。

▶︎画像のコーデセットを見る

まとめ

これまでタイトスカートスタイルに憧れていながらなかなか挑戦できずにいた方も、この記事を参考にぜひタイトスカートコーデを楽しんでください。
それでももし似合うか心配な方は、EDIST. CLOSETのファッションスタイル診断を利用してみてください。骨格タイプとパーソナルカラーから、あなたに本当に似合う服を教えてくれます。無料なので気軽にお試しできるのも好ポイント。

以下のリンクから、ぜひチェックしてみてくださいね。



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断