「胸が大きい」お悩みを解消!スッキリ見えする夏アイテムの選び方とコーデ術

胸が大きいと太って見えてしまったり、男性からの視線が気になってしまったり…と、悩みの種になることも。胸が強調されないスッキリコーデで、コンプレックスを気にせずにおしゃれを楽しみたいですね。

この記事では、とくに薄着になって気になる夏スタイルをメインに、胸元&全体をスッキリと見せるための「アイテム選び6つのコツ」を伝授するとともに、参考コーデも紹介していきます。

 

「胸が大きい」お悩みはアイテム選びとコーデで解消!スッキリ見えでおしゃれを格上げする6つのコツ

 

スッキリコーデが決まる! 胸を強調させない6つのポイントとコーデ例

6つのポイントを全てミックスさせる必要はありません。ポイントのいくつかを意識しながらコーデを作るようにすると、見違えるようにスッキリしたシルエットになります。

 

POINT1  身体のラインを強調しないシルエット・素材を選ぶ

身体全体のラインが目立たってしまうと胸も目立ってしまうため、ぴったりしたサイズ・素材のものは避けましょう。

ゆったりとしたサイズでも、軽くて薄い素材のであれば、風になびくと身体のラインが出てしまうことがあります。綿や、目の詰まったニットなどがオススメです。

 

▶︎レンタル

▶︎WEBストア

ボディラインをひろいにくいゆったりとした素材もおすすめですが、トップスをボトムスにインする場合は、キュッとしまいこまず、くびれが緩和されるようたゆませるのがポイント。そうすることで、バストが目立たず、こなれ感のあるシルエットを作ることができます。

 

POINT2 Vネックは着痩せの強い味方

胸が大きい人が必ずしも太っているわけではないのに、服選びを間違えると、着膨れして見えてしまいます。太っていなくても、着痩せテクを積極的に取り入れてみましょう。胸の大きさを目立たせないコーデづくりに役立ちます。

 

着痩せコーデの強い味方であるVネックは、シャープなラインを作り出し、胸のラインをごまかしてくれます。また、ボートネックも緩やかな曲線で、胸よりも首元に注目がいくデザインなのでオススメです。

座っている状態で、上から胸元が見えないような襟ぐりを選びましょう。

 

▶︎レンタル
▶︎WEBストア

小さめのVで、デコルテをキレイに見せることができます。同色のIラインコーデで全体を見てもスッキリ。

また、ワイドパンツはボトムスに目がいくので、胸元に注目されにくいコーデに仕上がっていますね。胸が大きい方は、この画像よりももう少し、トップスの裾をたゆませても良いかもしれませんね。

 

POINT3 スリーブコンシャスなデザインで目線を逸らす!

デザインにポイントがあるとそこに目線が向けられますので、トレンドでもあるスリーブコンシャスなトップスがおすすめ! ゆったりとしたドルマンスリーブやパフスリーブは二の腕もカバーしてくれます。

胸元にリボンやレースなどの装飾があるものは、余計に胸を目立たせてしまうので要注意!

 

▶︎レンタル
▶︎WEBストア

 

▶︎レンタル
▶︎WEBストア

肩にフリルが施されているトップスはまさに個性的で、自然と肩に目が向きます。ゆったりとしたサイズ感のブラックニット&ライトカーキのボトムスを合わせてクールビューティ―に!

「袖が膨らんでいると、胸が大きいことで、上半身のボリュームが出てしまう」という場合は、ボトムスをできるだけスッキリしたシルエットにしてバランスを。

 

POINT4 すっきり縦ラインのワンピースは強い味方!

胸が大きいとシルエットに丸みがでるため、どうしても横のラインが強調されてしまいます。

そこで、コーデに縦ラインをシンプルワンピースを取り入れることで、バランスを取ることができますよ。

 

▶︎ レンタル
▶︎WEBストア

フロントのスナップボタンで縦ラインを強調できるワンピースは1枚でスッキリとシンプルに着てもOKですが、センタープレスの入ったパンツを合わせて、キレイなIラインを作るとさらに胸元をさりげなく隠しつつシャレ見え!

取り入れるだけで全体的に統一感のあるコーデになります。

 

POINT5 淡いカラーのトップスはメリハリコーデで工夫

パステルなどの淡いカラーは膨張色なので、バストを強調してしまうだけでなく、太って見えるおそれがあります。トップスには、寒色系や濃いめの色がオススメです。

とはいえ、淡い色も着たい時は、ボトムスに締め色や、ストールなどをアクセントに使用するといいですよ。

 

▶︎レンタル
▶︎WEBストア

このコーデで使用されているトップスのように、身ごろにも袖にもゆとりのあるデザインは、胸の大きい女性にもオススメ。ボトムスは実はワイドパンツなのですが、Aラインのスカートのように見えるので、トップスをたゆませても寸胴体型に見えません。

 

▶︎レンタル

トップスに淡い色をもってきたり、裾をたゆませたりしていても、ボトムスのカラーを工夫することで全体的にメリハリのあるコーデになります。

 

POINT6  存在感のあるアクセサリーをアクセントに

胸だけを気にして隠すようにするのではなく、耳元のアクセからつま先まで、全体のバランスを見るようにしてみてください。

ひとつかふたつ、目線の流れるアクセントを作ってあげると、胸の大きさが一気に緩和されますよ。

 

▶︎WEBストア

縦長のVラインを生み出してくれるロングネックレスは、コーデや気分に合わせて2〜3種類持っておくと便利。シンプルスタイルを格上げしてくれます。

 

胸だけ隠そうとすると×!全体のバランスで調整して

胸が大きめのスタイルを、スッキリと見せるポイントをご紹介してきました。いずれも、胸から目線をそらすこと、全体のバランスで胸を目立たせないようにすること、がキーになっています。

ボディラインが出るスタイルがおおくなりがちな夏ですが、ちょっとしたコツを覚えて、胸の大きさをコンプレックスにせずにおしゃれを楽しみましょう!

 

Text:EDIST.+one編集部

 

この記事を読んでいる人にオススメ▼

 


 体型カバーをしながら”しゃれ見え”!を叶えるファッションレンタルサービス

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

 

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp