9月の残暑シーズン何を着る? 涼しげ&秋らしさも感じるコーデ例

9月とはいえ、まだまだ暑い日が続く残暑! 真夏でも本格的な秋でもないこの季節、「何を着るべき?」と毎年悩んでしまいますよね。

 

残暑コーデのポイントは、過ぎ去った「夏」よりも、これから訪れる涼やかな「秋」に焦点をあてること。その中で、気温の高さへの対策と季節感を両立させるワザが決め手になります。

 

コーデ例を参考に、9月からの微妙な季節にぴったりの着こなし術をご提案します。

 

 

“残暑のアイテム選び”で差がつく! おすすめコーデ例7選

 

9月はまだ汗ばむ日もある月なので、暑さをしのぐアイテムを取り入れることは必須。それを前提に、丈の長さ・カラー・素材などで秋らしさを演出してみましょう!

 

残暑コーデ1:袖のアレンジで気温差に対応できるブラウス

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

袖のスナップボタンがアクセントを効かせるブラウスは、ボタンを開けるとカジュアルな印象になるだけでなく風通しも良くなり、まだ少し汗ばむ残暑にピッタリ!

涼しくなる朝晩にはボタンを閉じることもできるので、一日中快適に着こなすことができます。

 

ボトムには、秋も引き続きトレンドカラーであるグリーンのスカートを合わせて、シーズンライクなムードを漂わせて。

ライトグレーはどんなカラーとも馴染みやすいので、より秋らしいボルドーやパープルといった深みのあるカラーとも相性◎です。

 

 

残暑コーデ2:ネイビーのサマーニットで大人シックな秋ムードを演出

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

サマーニットは体感が涼しいだけでなく、ネイビーといった通年の定番カラーであれば、秋も引き続き活躍してくれる有能アイテム。春から残暑まで長く着ることができます。

羽織ものと合わせることでさらに長く使えるので、とても便利ですよね。

 

こちらのニットはバルーンスリーブになっているので、二の腕カバーとしても大活躍。ダークなネイビーで全身を統一することで、より引き締まった印象も叶います。デニム合わせのカジュアルな装いも、秋らしいシックな大人の雰囲気に!

 

 

残暑コーデ3:ギンガムチェックは秋カラーと合わせてシーズンライクに

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

ギンガムチェックのブラウスは、短かすぎない5分袖が残暑にぴったり。涼しさが感じられつつ、秋口でも違和感のないシルエットです。

ボトムにマスタードカラーのパンツをチョイスすれば、より秋のムードへとシフト。夏のイメージが強いギンガムチェックのアイテムも、落ち着いたブラックなら秋カラーとも難なく馴染んでくれます。

 

 

残暑コーデ4:綿素材ならシーズンレスに着回しOK

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

通気性・そして保温性にも優れた綿は、シーズンレスに着用できるとても使い勝手のいい素材。こちらのブラウスは、さらりとした肌触りが気持ち良い綿100%です。また、体型カバー効果のあるコクーンシルエットで、どなたでも着やすいデザイン。残暑は袖をロールアップして、抜け感を出すのもオススメです。

 

落ち着いたくすみ系カラーでまとめ、足元は軽やかに演出することで「秋の入り口」を感じさせます。

 

 

残暑コーデ5:2WAYブラウスなら、気温差にも臨機応変!

▶️アイテム詳細:EDIST. CLOSET

 

まだ30度を超えるような日もある9月。そんな時季は、ノースリーブにもボレロ風にもアレンジできるこんな2WAYブラウスがあると便利! 羽織りなしでも、日中や朝夕の気温差に対応できます。

ボトムは、ネイビーとのコントラストが生まれるオレンジカラーで、コーディネート全体の存在感を引き立てて。ブラウンがかった落ち着きのあるトーンならば、季節感も演出できます。

 

 

残暑コーデ6:アレンジ自在のワンピースがあれば、季節の変わり目も困らない!

▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

 フロント開きにしたり、袖をロールアップしたりと、変幻自在にアレンジが楽しめる表情豊かなコートワンピース。
1枚でワンピースとしてはもちろん、半袖の上にさらりと羽織ってライトアウターにもできるから、季節の変わり目に重宝します。
リッチ感のあるネイビーで、ワンピースとして着用すれば自然と大人レディな表情に。羽織り仕様にしてカジュアルに着崩しても、キレイめな印象をキープできます。
残暑から秋本番まで、クローゼットにスタンバイさせておけば、いざというとき幅広く活躍してくれる心強いアイテムです。

 

 

残暑コーデ7:オフの日は、夏ワンピース+羽織りで気軽にお出掛け

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET
▶️EDIST. CLOSET WEBストア

 

オフの日のお出かけは、楽な着心地の夏ワンピースに羽織りをプラス。それだけで、秋らしさが感じられる装いへと変身します。マスタードやボルドー、グリーンといった秋カラーのカーディガンであれば、ますますシーズンムードがUP!

 

残暑とはいえ、まだまだ油断できない日焼けはキャップで対策。子どもっぽくならないように、バッグやシューズは高見えするアイテムでバランスをとって。

 

 

残暑コーデ8:いよいよ秋本番が近づいたらライトコートをプラスして

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

軽やかさと、華やかながらも落ち着きのあるムードをたたえたフラワープリントエアリーワンピース。

残暑は、毎朝何を着ようか特に迷いがちな季節ですが、これなら1枚でコーディネートが決まるから楽ちん♪ 涼しい日にはストールを肩からかけても◎。

肌寒い日が増えてくる秋本番も、コートを羽織ることでまだまだ活躍してくれますよ。

 

 

体感温度と季節感がなかなかマッチせず、毎日のファッションをコーデする上では難しい時期でもある9月。暑かったり肌寒かったり、服選びに迷う日が少なくありません。

 

そんなときは「カラー」で季節感を演出し、「素材」で快適さをゲットするのが賢い方法。「残暑」や「秋」のニュアンスをMIXさせて、端境期のおしゃれを上手に楽しみましょう!

 

 

TEXT:EDIST. +one編集部


残暑から着られる秋の新作が続々とレンタルスタート!

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

 

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp