【地味に見せない】パーソナルカラー別! 定番ネイビーを攻略する簡単おしゃれ配色は?

 

大人が重宝する定番カラーといえば、オフィスでも学校行事でも好印象を与えてくれるネイビー。黒ほど暗く重たい印象にならず、ベージュより知的。さらに、引き締め効果も抜群!。

どんな色も上品に受け止めてくれるから、この秋のキレイ色とも難なくマッチしてくれます。しかも、それが自分に似合う色との組み合わせであれば、洗練度が格段にUP!

そこで、パーソナルカラーのメソッドのディプロマを取得したEDIST. CLOSETのスタッフSが、イエローベースとブルーベース別に、万能ネイビーとのおすすめ配色を提案します。

 

 

EDIST. CLOSET STAFF・S
服飾専門学校を卒業後、アパレルでのデザイン・企画製作を経験。現在はEDIST. CLOSETでデザイン企画を担当。パーソナルカラーと骨格診断のディプロマを取得し、勉強中。ちなみに自身のパーソナルカラーはブルーベース。

 

◆EDIST. CLOSETとは? 「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションレンタルサービス。気に入ったアイテムはお買取も可能です(7月スタート予定) 商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。公式サイトはこちら

◆ベーシックカラーとは?
パーソナルカラーの基本となるベーシックカラーは、「イエローベース」と「ブルーべース」の2つに分けることができます。どちらに当てはまるかによって、コーディネートで得意とする配色が決まります。
自分がどちらかわからないという人は、下記の記事を参考に診断してみてください。
「色を味方につけて自信に! カラーコーディネーター・谷口美佳さんのパーソナルカラーLESSON【第1回】」

 

 

イエローベースが着たい、秋色×ネイビーのおすすめ配色はこれ!

実は、ネイビーはイエローベースが苦手としているカラーのひとつ。好感度の高い定番カラーとはいえ、イエローベースが着用すれば顔色が悪く見えてしまう場合も……。でも、秋はベージュやブラウン、イエローといった、イエローベースが得意カラーとしているアイテムが大豊作! それらと合わせれば、苦手色のネイビーだって難なく攻略することが可能なのです。

 

イエローベースのコーデ例1:派手イエローを、ネイビーで大人顔にシフトさせて

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

「着るだけで旬顔になれるイエローだけど、得意色とはいえ派手な印象から避けている人もいるのでは? そんなときこそ、ネイビーが大活躍! ネイビーのシックな表情が、派手色をぐっと大人に仕上げてくれます。トップスが鮮やかだから、顔映りもぱっと明るくなって好印象。小物も全てイエローベースの得意色でまとめれば、苦手なネイビーも簡単に取り入れられます」(スタッフS)

 

 

イエローベースのコーデ例2:面積の大きなボトムで得意カラーをアピール

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

「イエローよりも落ち着きのあるマスタードは、オフィスでも馴染みやすいカラー。トップスにネイビーを着る場合は、コーディネートの面積を大きく占めるボトムにマスタードをチョイス。全体の50%以上が得意カラーであれば、トップスがネイビーであっても似合う印象を作ることができます。また、小物も相性のいいベージュやブラウンでまとめて統一感を持たせましょう」(スタッフS)

 

 

イエローベースのコーデ例3:ネイビーが多く占める配色も、顔まわりに得意色があればOK!

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

「一方こちらは、ネイビーが半分以上を占める配色ですが、トップスにイエローベースが得意なキャメルベージュ、さらに、イヤリングにブラウン系のカラーをチョイスすることで顔映りの問題をクリア!ベーシックな色合わせながらも、あえて反対色同士を合わせることでこなれた印象が叶います」(スタッフS)

 

 

ブルーベースが着たい、秋色×ネイビーのおすすめ配色はこれ!

ブルーベースであれば、ネイビーはテクニックいらずで誰もが似合う色。まさに、コーディネートで最大の味方となってくれるカラーなのです。そこに旬色を合わせれば、いっそう洗練度とこなれ感がUP! ネイビーをさらにステップアップして着こなすための配色を知って、この秋こそ上級者の仲間入りを目指して!

 

 

ブルーベースのコーデ例1:華やかネイビー×グレイッシュラベンダーの色っぽ配色

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

「いつものネイビーにちょっとした変化がほしいときは、こんなネイビーのニットはいかがでしょう? ややブルーよりで明るめのトーンは顔映りがよく、華やかな印象にしてくれる絶妙な色合いです。

馴染みのいいグレイッシュレベンダーのスカートを合わせれば、ほんのり大人の色香が漂うレディスタイルの完成!」(スタッフS)

 

ブルーベースのコーデ例2:程よい華やぎと抜け感で好印象をゲット

▶️コーディネート詳細:EDIST. CLOSET

 

「青みがったリッチな色合いのグリーンであれば、肌に馴染みつつも、ネイビーとコントラストのあるエレガントな着こなしに。目立ち過ぎない華やぎで、ビジネスシーンでも好印象に映るはず。

小物はブラックよりも、グレーやホワイトでまとめるのがおすすめです。ネイビー×ブラックだちかっちりし過ぎずて隙のない印象になってしまことがありますが、グレーやホワイトなら程よい抜け感でより女性らしく仕上がります」(スタッフS)

 

 

ブルーベースのコーデ例3:女性らしいボルドーと合わせて大人の魅力を発揮

「秋のトレンドカラーであるボルドーも、ブルーベースの得意カラー。ネイビーと合わせることで、大人の女性ならではのマチュア魅力が引き立ちます。
足元には反対色のイエローを投入して、目を引くアクセントに」(スタッフS)

 

イエローベース、ブルーベース、それぞれに似合うネイビーとの配色コーデをマスターすれば、どんなシーンでも自信が持てる大人の着こなしが叶います。

この秋はネイビーのアイテムとキレイ色で、おしゃれのセンスアップに磨きをかけて。

 

 

Text:EDIST. +one編集部


センスUPが即叶う!秋の新作が続々とレンタルスタート

大人の女性たちのお悩みに寄り添う、

“EDIST. CLOSET(エディストクローゼット)って??

今や、シェアリングが当たり前の時代。
シェアサービスの1つとして誕生したファッションレンタルサービス・EDIST. CLOSETは、
「オフィスカジュアル服を毎日考えるのが面倒」「買い物に行く時間がない!」「クローゼットがごちゃごちゃしていて断捨離したい!」といった、仕事に育児に忙しい大人の女性たちのファッションのお悩みにアプローチします!
ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品をコーディネートごとお届け。
受け取ったその日から、効率よく、無駄なく簡単に旬のスタイルが完成します。

 

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せて無駄な買い物が無くなったという声も数多く届いています。

 

↓知らないと損!  年間で時間も洋服代もこんなに短縮になるんです↓

エディストクローゼットを選ぶ3つの理由

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp