ファッションレンタルの草分けである私たちEDIST. CLOSETがSDGsに取り組む理由

昨今、よく耳にする“SDGs”という言葉。一体どんな言葉の略称なのか?また、なぜ最後の“s”が小文字なのか?をご存じでしょうか。
かく言う私も恥ずかしながら、はっきりとは知らないまま最近まで使っていました。本日は、SDGsに関する基礎知識の中でも、特にファッションに関連する情報について一緒に学んでみたいと思います。

そもそも、SDGsがなんの略称かご存じでしょうか?

SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、国連加盟193か国が達成を目指す2016年から2030年までの国際目標のことです。17のゴールと169のターゲットによって構成されています。つまり、最後についている小文字の“s”は、目標(Goals)につけられた複数形を示す“s”なのです。
もう少し、具体的にすると・・・。“17の目標”は、国連加盟国193か国の全国民が関係する問題や、取り組むべき課題を、一堂に集めたものになっています。そして、“169のターゲット”は、その問題や課題を具体化しつつ、整理したものです。
ですから、“誰一人取り残さない”や“持続可能な社会を目指す”というキーワードが使われるのです。そして、最近よくニュースなどでも見かける“サステナブル”という言葉もこのSDGsの広がりに端を発しています。

ファッションレンタルはSDGsに貢献できる

169もあるSDGsのターゲットですが、実は、2種類に分かれているらしいのです。

17の目標とは、いろいろなところで見かけるあのカラフルなアイコンのことなので、ずいぶん身近なものになっているのではないでしょうか?その一方で、“169のターゲット”は、よくわからないという人が多いのではないでしょうか?実はこのターゲットは、2種類に分類できるのだそうです。

ターゲットは、よく見ていただくと理解できると思いますが、“8.1”や“8.a.”といった具合に目標の数字の後に、さらに数字がついているものと、ローマ字の小文字がついているものの2種類があります。

例えば、“8.働きがいも経済成長も”という目標に対しては、“8.1各国の経済成長率をキープしよう”という感じで目標をより細分化した形になっています。もう一方は、数字とローマ字の組み合わせで表現されており、“8.a.開発途上国に対する「貿易のための援助」を拡大しよう”といった具合に、手段として具体化されています。
ちょっとややこしいですね。目標と手段の2種類があると覚えておいてください。

私たちが大好きなファッション業界の課題は、どんなところにあるのでしょうか?

ファッション業界で一般的に言われている課題は、「生産から廃棄に至る過程でのマイナス面をどのように低減するか」です。具体的には、原材料の調達から生産、流通、着用、廃棄されるまで生態系を含む地球環境と、これらすべての過程に関わる人や社会へのマイナスインパクトをできるだけ軽減することで、業界全体の持続可能性を高める取り組みです。
このようにファッション業界が注目を集める背景には、世界的なファストファッションの流行があります。ファストファッションは、私たちに楽しさを与えてくれる一方で、大量消費、大量廃棄が繰り返されて環境への負荷が極めて大きい傾向があります。また、その多くが途上国に生産拠点があり、労働問題や人権問題などがあちこちで発生していることが、明らかになりました。

このような背景があり、ファッション業界では、目標8「働きがいも経済成長も」、目標12「つくる責任つかう責任」、目標13「気候変動に具体的な対策を」などに対して各社が一生懸命に取り組んでいます。

SDGsコーデ

SDGs関する取り組みは、どんなものが進んでいるのでしょう?

ファッションをサステナブルなものにしようとする取り組みにはいろいろとありますが、今回は、3つ紹介したいと思います。

まずは、環境負荷低減の代表格である「リサイクル」
ファストファッションなど流行をふんだんに取り入れたお洋服は、そのライフサイクルが短く、売れ残りの大量廃棄が問題視されています。
廃棄することにより、ごみの問題だけなく、製造・流通段階で発生した大量のCO2も一緒に無駄になってしまいます。また、化学繊維や包装材は、マイクロ・プラスチックの問題を引き起こしていますし、天然素材でも化学肥料や大量の水の消費などの問題があります。

これらの解決のために化学繊維は、原料素材へのリサイクルや燃料化する取り組みであったり、天然繊維では、土壌改良に再利用したりするなどの取り組みが始まっています。
また、近年では、農薬や化学肥料に頼らないオーガニックコットンや、動物の生活環境や尊厳にも配慮しつつ採取した毛皮や羽毛の活用であったり、農作物の地産地消であったりなどを強く意識した「エシカルファッション」という言葉もよく耳にするようになりました。

次に、最近注目が集まっている人権問題への取り組みも大手を中心に力を入れている問題です。
具体的には、各ブランドが製造を委託している縫製工場などの多くが途上国にあり、そこで行われている、長時間労働、女性の低賃金労働、児童労働などが問題視され、不買運動や輸入を制限する国が増えています。これに対して大手ブランドでは、自分たちの製品の生地やパーツがどこでどのような環境下で生産されているのかについてもすべて把握するようになりました。

私たちEDIST. CLOSETが取り組んでいるサステナブルな取り組み

このように私たちが日ごろ楽しんでいるファッションも世界中の人たちと繋がっていることがお分かりいただけたと思います。実は、私たちEDIST. CLOSETも微力ながらこれらの課題解決に取り組んでいます。私たちEDIST. CLOSETでは以下のような取り組みを行なっています。

1. シェアリングすることによって洋服の消費量を削減

数人の会員が1セットのコーデされたお洋服をシェアすることで、洋服全体の生産量を抑制することができます。必要以上の生産量を減らすことで、売れ残りによる廃棄や生産過程での資源の無駄使いを防ぐことに繋がります。
また、お洗濯による型崩れや素材の劣化を抑えられるように、自社で企画から行っています。そのため体形の変化などのお悩みやアクティブなママの日常に対応できる仕様に作ることができています。さらに、EDIST. CLOSETは自分で好きなコーデを選べるため、届いたコーデが好みに合わないなどがほとんどありません。

2. 配送資材のコンパクト化

EDIST. CLOSETでは資源を有効活用するべく、配送の際の資材は可能な限り無駄なくシンプルにするよう努めています。お客様がレンタルしたコーデセットは、返却する際にも同梱されていた返却袋に着払い伝票を貼り付けるだけでOKです。
協業先さまからのプレゼントやサンプルが同梱されるサプライズも!

3. レンタルアップ後は一部をリユース販売

EDIST CLOSET ストア
EDIST. CLOSETは、レンタル期間が終了しても着用可能な商品に関しては、アウトレット販売などでご提供しています。お気に入りのアイテムは、買取やストアで入手して、長く愛用される会員さんもたくさんいらっしゃいます。

4. レンタルアップ後の商品の一部は、日本赤十字社を通じて発展途上国の女性たちへ寄付

レンタルアップ後の商品はアウトレット販売すると同時に、一部の商品は日本赤十字社を通じてアジアの女性へ寄付をしています。私たちのおしゃれが、女性のエンパワーメントへと繋がっています。

環境負荷軽減以外にもSDGsに貢献できる取り組みを行うために外部との連携も強化しています。

EDIST. CLOSETの会員さんはもとより、会員がお住まいの地域の地方自治体、お取引先との連携活動にも注力しています。例えば、2022年夏には、ブランディアさんと連携して、自宅に眠っているブランドバッグなどのアイテムの買取キャンペーンをしました。また、最近は、地方自治体さんとの連携を通じて社会貢献の機会を探るべく、自治体主催の活動への参画も進めています。

【SDGs関連】
EDIST. CLOSETでは、各自治体のSDGsパートナーとして登録することで、情報収集を行い、各地の様々なイベントに参画してまいります。
いしのまきSDGsパートナーいしのまきSDGsパートナー

【免許証自主返納】
EDIST. CLOSETでは、全国の自治体との連携して「運転免許証自主返納活動」に参画しており、各自治体ごとに様々な入会特典を提供しています。

大阪府高齢者運転免許自主返納サポート企業
運転免許証自主返納サポートみえ

sdgs連携

ダスキングループの一員として、これまで以上にサステナブルなサービスを目指します。

実は、私たちEDIST. CLOSETは、2021年5月からダスキングループの一員に加わりました。株式会社ダスキンでは、創業以来、人と環境と社会とのつながりを常に意識しながら、お客さまに喜んでいただける商品・サービスをレンタルというビジネスモデルにて長年展開しています。

その点において両社は非常に似た考え方を持ていました。また、この考えは、2015年の国連持続可能な開発サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)への貢献に通じるものです。

私たちEDIST. CLOSETは、ダスキングループの一員として、これまで以上に積極的にSDGsの達成に貢献していきたいと考えています。

ご一緒させていただける企業さまや団体さまも常に募集しております。お気軽にご連絡ください。

ダスキンの取組をどなたにもわかりやすくまとめた特設ページ「喜びのタネまき広場」はこちらから。

できるだけ廃棄を出さない!がEDIST. CLOSETのモットー

EDIST. CLOSETが目指すことのひとつは、可能な限り環境負荷を減らしながら、より多くの女性がファッションを通して輝くためのサポートをすること。ファッションレンタルサービスがさらに認知されるようになれば、利用者の方が間接的にSDGsの取り組みへと参加する機会も広まります。
ライフスタイルの新たな選択肢のひとつとして、サステナブルなファッションレンタルサービスをあなたもはじめてみませんか?

Text:EDIST. +one編集部



届いたその日から"洒落見え"! コーデごとまるっとレンタルで♡

 

ショッピング感覚でレンタル! 総額定価で4万円相当の服を丸ごとお届け

「忙しくて服を買いに行く時間がない、選ぶのも正直いって面倒」

「いつも同じ服ばかりでマンネリ・・・」

「服はクローゼットの中にあふれているのに着たい服が無い!」

自分の服をゆっくり買い物に行く時間がない、なんだかいつも同じような服装になってしまう、

という忙しい大人の女性のために。

EDIST. CLOSETは届いたその日から使える服をコーディネートセットごとお届けします。

まるっと購入したら高額になってしまうセットも、レンタルサービスなので、約1着分のプライスでOK!

しかも、毎月違う服を選べるので、買ったままでクローゼットに眠っている服を作らずに済むんです!

まずは無料診断で似合う服をチェック!

今なら、ゴールドプラン以上のご入会でスペシャルプレゼント!

詳しくはこちら

 

新規レンタルサブスクご入会&WEBストアのお買い物で使える!

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断