入園・入学式に、お仕事に使える!春のジャケットスタイル

春は卒園(卒業)式・入園(入学)式など、お子さんのいる方はフォーマルな服を着る機会も多い季節。

でも、そういったオケージョンファッションは年に何回も着る物ではないので、通勤服としても着回せるジャケットスタイルが効率的ですよね!

そこで今回は、ママ媒体でも活躍中のスタイリスト・川島ゆきさんが、ジャケットの旬な着こなし方のコツをご紹介。

さらに、川島さんの”コツ”をベースに、フォーマルシーンからオフィスまで使えるジャケットとその着こなしをファッショニスタのInstagramからピックアップ。

リアルなスタイリングから、カラーバランスや状況に合わせた小物使いなどをチェックしていきましょう。

 

人気スタイリスト・川島ゆきさんが伝授! 旬のジャケットスタイリングのコツ

 

女性誌やキッズ誌、広告などで活躍中のスタイリスト・川島ゆきさんが、セレモニーや通勤服として使えるジャケットの着こなしを紹介! ちょっとしたコツで今っぽさのあるジャケットスタイルになります。

 

川島ゆきさんprofile

 

コツ1

こなれ感のある丸首ノーカラージャケットは、この春に大活躍すること間違いなし!

セレモニーでは、ワンピースやとろみブラウスと合わせてエレガントに着こなすのが◎です。ちょっと肌寒い日は大判ストールで、暖かい日はスカーフなどの小物プラスで華やかさをアップするのもおすすめ。

オフにはアースカラーのスカートやデニムなど、辛口ボトムとのコーデで大人カジュアルを楽しんでみるのもいいでしょう。

 

コツ2

トラッド一辺倒だったイメージが一新してエレガントになった「ネオ紺ブレ」は、2018年のヒットアウターの大本命!

グレーやベージュ系のシックなワントーンコーデに差し色として投入すれば、紺ブレが主役の旬なオケージョンスタイルが完成。

一方、いつものお仕事スタイルにプラスするときは袖をまくったり肩から掛けたりして、こなれ感を演出してみては?

 

 

SNSで見つけた! 真似したいジャケットスタイルLOOKS

 

着用シーン次第でセットアップorジャケットのみをチョイス! 「丸首ノーカラージャケット」

丸首のノーカラージャケットはセレモニーシーンの大定番。セットアップで着れば品良くまとまります。しかし、ジャケットのみであればオフィスシーンでも十分に活躍しますよ!

 

「きちんと見え」には上下で同素材を選ぶのがマスト

 

星 玲奈さん(@reinahoshi1015)がシェアした投稿

星玲奈さんのセレモニースタイルは、ネイビーの丸首ノーカラージャケットにスカート部分が同素材になったワンピースのセットアップ。「きちんと見え」が必要なシーンでは、上下の素材をそろえるのがマストです。ダークカラーのセットアップの場合、このようにインナーを明るい色にすると重たく見えません。足元をツヤのあるベージュパンプスにして、ヌケ感を出しているところもさすが。

 

丈が短めな丸首ノーカラージャケットにはワイドパンツがお似合い

 

Umyさん(@umy.umy.umy)がシェアした投稿

ダークカラーの丸首ノーカラージャケットを春のオフィスシーンで使いたいなら、umyさんのコーデが参考になりそう。インナーをホワイトのワントーンでそろえ、ジャケットの袖をロールアップして裏地の白をのぞかせています。丸首ノーカラージャケットは丈が短めの物が多いので、このようにワイドパンツに合わせやすいのが特徴です。

 

色味の多いコーデもトーンをそろえればまとまり良く

 

kyooocoさん(@pearl3028)がシェアした投稿

こちらはオフィスカジュアルな着こなし。ブラックのジャケットにグレーのニット、カーキのスカート、さらにバッグはピンクと、色を多用していますが、トーンをそろえているのでうるさく見えません。袖抜きで羽織ってみせると、よりカジュアルに。

 

今季の本命は「ネオ紺ブレ」!!

徐々に復活の兆しを見せているかっちり系のジャケット。その中でも春に注目を浴びそうなのがネイビージャケット…つまり「ネオ紺ブレ」です。着こなしを間違えると地味になってしまいがちなアイテムなので、女性らしく華やかに着るのがコツ。

 

インナーのレースブラウスで華やかさをプラス

 

makiさん(@mmmaaakkkiiikkkooo)がシェアした投稿

ネイビージャケットをフォーマルに着こなしたスタイリング。インナーに白のレースブラウスを合わせることで、地味になりがちなパンツスーツに華やかさをプラスしています。バッグはかっちりめ、アクセサリーはパールをチョイスするなど、小物使いにも技が光ります。

 

いわゆる「紺ブレ」タイプのジャケットは、ホワイトデニムとカラーパンプスで爽やかに

 

❁Kaori❁さん(@e.kaori111)がシェアした投稿

金ボタン&ダブルの、いわゆる「紺ブレ」タイプのお仕事スタイル。ホワイトデニムとピンクのパンプスで、颯爽とした印象です。プライベートなら、インナーをボーダーにして、よりマリン風に着こなすのも◎。これからの季節におすすめです。

 

 

2着目ジャケットは「ニュアンスカラー」を狙って

丸首ジャケットやネオ紺ブレと定番をおさえた後は、淡色カラージャケットでこなれ感をアップ! SNSでもワンランク上のジャケットスタイルとして着こなしている方々がたくさんいました!

 

インナーもノーカラーにしてさりげなくトレンド感アップ

 

ベージュのノーカラージャケットをセットアップで。シンプルな着こなしですが、中のシャツもノーカラーを選ぶことで、さり気なくトレンド感を出しています。フォーマルシーンにはこのように黒パンプスがベターですが、ちょっと外したいときはパイソン柄などで遊んでも良さそう。

 

白ジャケット×黒・グレーでナイスなコーデが即完成!

 

saya🍎*さん(@saya_wear)がシェアした投稿

グレーのセットアップに白のジャケットを羽織ったsayaさんのスタイル。短めのジャケットからのぞくペプラムトップスの裾がかわいらしいです。白ジャケットは難度が高いと思われがちですが、相性の良い黒やグレーを合わせれば間違いなし。通勤時のスタメンアイテムとして活躍しそう。

 

ジャケット1着で着こなしは自由自在!

 

王道フォーマルな着こなしから、トレンド感のあるスタイルまで、ジャケットひとつでさまざまな着こなしが可能です。

この春はセレモニーに、通勤に、ジャケットを上手に活用しておしゃれを楽しんでください。

そして、「セレモニーの日だけ着たい」「とりあえず、仕事始めにお仕事コーディネートの様子をみたい」などという方にも嬉しいのが、ジャケットコーディネートが”レンタル”で楽しめるEDIST. CLOSET!

 

◆EDIST. CLOSETとは? 「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。公式サイトはこちら

 

かっちりしすぎないジャケットも、同素材のインナー&パンツでフォーマルに

 

ネイビーノーカラージャケット×ネイビー両Vネックトップス×ネイビータック入りパンツ(すべてマルチユースな知的ネイビースーツセット) ※ほかアイテムの詳細はこちら

 

EDIST. CLOSETのネイビージャケットは、1つボタンのノーカラータイプ。かっちりしすぎないデザインと素材ですが、同素材のパンツとインナーでまとめれば、グッときちんと感が。セレモニーシーンならバッグは小ぶりにして、足元をダークカラーにするとgood。

 

ペールトーンのグレーなら顔色も明るく、色合わせもしやすい

 

グレーノーカラージャケット×グレー両Vネックトップス(ともに通勤コーデに差がつくこなれ色スーツセット)※ほかアイテムの詳細はこちら

EDIST. CLOSETにも淡色のノーカラージャケットがスタンバイ。ペールトーンのグレーなので色合わせがしやすく、顔色が明るく見えるのが特徴です。フォーマルシーンに使うならボトムにレーススカートを持ってくるのが◎。程良く華やかな印象を与えます。

 

しかも、今なら初月無料!

新規ご入会の方は最初のひと月が”無料”でご使用いただけます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

 

Text:EDIST.+one編集部

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp