現役会員さんに聞きました! ファッションレンタルのメリットとは? どのように利用している?

最新ファッションアイテムを定額でレンタルができるファッションレンタルサービスがメディアでも多く取り上げられ、日本でも身近になってきました。
その中でも、EDIST. CLOSETはひと月あたり4着レンタルの大人の女性に特化したサービス展開をしています。店舗に足を運ぶことなくサイト上で服を選んで借りることができるという手軽さ…というのは理解できるものの、利用している人は実際どういう点にメリットを感じているのでしょうか。また、「アイテムの品質やデザインはどうなの?」という点も気になるところです。

そこで今回は、EDIST. CLOSETの会員である岩田亜希さん、春木恵美子さん、目野美也子さんの3名にお集まりいただき、ユーザーを代表して実際に利用して感じた「生の声」を伺いました。

 

(左から)岩田亜希さん、春木恵美子さん、目野美也子さん

ワーキングマザー、主婦、会社員とライフスタイルが異なる3名にお話を聞きました。

 

子育て中はおしゃれに気を使う余裕がないけど、手軽に最新ファッションを楽しめる

 

―皆さんがEDIST. CLOSETを利用するきっかけは何だったのですか?

春木恵美子:私はInstagramで友人が着ているのを見て知りました。お洋服ってトレンドがあるので、たくさん買っても着ないとか、買ったら買ったで物が増えていくので、レンタルで新しいアイテムがいっぱい着られるのはいいなと思いました。

 

目野美也子:私も最初はInstagramでした。普段トレンドの服を知るのは、雑誌を見たり、Instagramを見たり、ウィンドウショッピングをしたときが多かったのですが、EDIST. CLOSETだとサイトを見るだけで次のシーズンに流行るものが簡単にわかるのが便利だなと思いました。しかも、レンタルした服を着るとトレンドに沿ったファッションになるし、手持ちの服に合わせても楽しめそうと思って入会しました。

 

岩田亜希:私はこの春まで育休を取っていたんです。そうすると、ファッションにアンテナを張っているのが難しくて、どうしてもブランクができてしまうんですよね。だから、おしゃれな人たちにすごく引け目を感じていて…。でも、子供がいると買い物に行く時間もないし、雑誌とかを読む時間もない。最先端のファッションがわからないというときに、メルマガでEDIST. CLOSETさんのことを知ったんです。手軽に最新ファッションを楽しめるのがすばらしいと思って、職場復帰するタイミングで始めました。

 

岩田亜希さん(会社員) 産後、職場復帰のタイミングでEDIST. CLOSETをスタート。週5日間を活用させるほどのエディクロヘビーユーザーさん。約半年間使用中で、レギュラー会員からゴールド会員への乗り換えを検討中。

 

―子育てをしながらおしゃれに気を使うのはたいへんですよね。

 

岩田:そうなんです。子育て中は汚れてもいい物、動きやすい物が優先になるんですよね。それに、子供服が増える分、自分の物はほとんど買わないばかりか、昔着ていた物も結構処分しちゃっていて。いざ職場復帰するとなったときに、会社へ着て行ける洋服がなかったのですごく助かりました

 

春木:私も子育て中なので、普段は「プチプラ」(プチプライス)のお洋服ばかりです。だから、たまに友達とおしゃれなカフェに行くときや、ちょっとしたお呼ばれのときは、手持ちの服だけじゃ自信がなくて…。たまにしかない機会だからこそトレンドの服が着たいと思うけど、登場回数が少ない物にお金はかけられないので、こういうサービスがあるのはすごくいいですね。

 

―目野さんはどんなときにEDIST. CLOSETの服を活用されていますか?

 

目野仕事でもプライベートでも着ています。私はきれいな感じの服も好きだし、カジュアルな感じも好きなのですが、EDIST. CLOSETさんはそのどちらも楽しめるアイテムがそろっているので、自分に合っているなと思います。

 

―実際に使い始めて、どんなところがメリットだと思いますか?

 

目野:私の場合は色ですね。それまでは、鮮やかな色の服を買うのにとても勇気がいりました。例えばそれが流行色だったりすると、着てみたいけど次の季節には着なくなってしまう可能性が高いこともあって、どうしても無難な色を選んでしまいがちだったんです。でも、レンタルならこれまで着たことのない色にも挑戦してみようかなという気持ちになりますね。しかも、翌月にはまた違う色を試してみることもできます!

 

―岩田さんは、EDIST. CLOSETの服を取り入れて職場復帰してみていかがでしたか?

 

岩田毎月新しい洋服が届くと思うとワクワクします。買ったわけじゃないけど、新たなアイテムが来るっていうだけで気持ちが上がるので、月に1回そういう楽しみがあるのはすごくいいなって。実際、会社に復帰したら同僚の子たちから「着てる服いいね」って言われたんですよ。普段、プチプラの私が(笑)。すごくうれしかったですし、やっぱり違うんだなぁと思いました。

 

生地もしっかりしていて透けたりもしないので安心…最初は不安だったので1ヶ月お試しで始めました

 

―春木さんはいかがですか?

 

春木:私はたぶん、すごい飽き症なんですよ(笑)。だから、すごく気に入った服を買っても、長く愛用する物はごくごくわずかで。次のシーズンには「なんか違う…」って感じになっちゃうことが多いので、そういう無駄な買い物をせずに済むのはすごくいいと思います。

 

春木恵美子さん(主婦)/オフィシャルEDIST. オフィシャルEDIST.に参加することをきっかけにこの秋から入会。毎シーズン、いろいろなアイテムにTRYしてみたいタイプ。

 

岩田:定番といわれている物でも、毎シーズン進化するからそうなりますよね。ちょっといい白シャツを買っても、今年のように衿抜きデザインが流行ったりとか、トレンドのデザインがちょっとずつ変わっていたりして。定番とはいえ、ちょっと古さが出ちゃうというか…。

 

春木:そうなんですよね。サイズ感だったり丈だったりが今年っぽくないなって。そう思うとやっぱり、着なくなっちゃうことが多いです。

 

―実物を見ないで借りることに不安を覚える方もいると思いますが、そのあたりはどうですか?

 

目野:実際に届いたアイテムを見たとき、サイトで見た印象よりも着やすい落ち着いた感じで、しっくりくるなと思いました。これならオフィシャルな場に着ていっても大丈夫だし、お友達とちょっと高級なお店でディナーなんていうときにも安心して着ていける色合いだなと思います。私の場合は手持ちのお洋服ともコーディネートしやすくて、とても使いやすいですね。

 

岩田:私も初めてEDIST. CLOSETを利用したときは、色や素材が心配でした。なので、初回無料のキャンペーンで試してみたのですが、届いた服はすごくちゃんとしてるなと思いました。大人が着ていて安心できる素材感というか、どんなシーンに着て行っても恥ずかしくない素材だったので、そのまま継続することにしたんです。

 

春木EDIST. CLOSETの服の質には満足しています。プチプラの洋服って見た目はかわいくても、質はやはりそれなりって感じで…。その点、EDIST.CLOSETさんは生地もしっかりしていて、変に透けたりもしないので、長く着られそう…といっても、レンタルなんで、1ヶ月で返却するんですけどね(笑)。それだけの安心感を受けました。でも本当に、30代40代のちゃんとした大人が着られる服だと思います。でも、欲を言えばもっと個性的な柄があってもいいかも。結構シンプルなデザインが多くて、それがいいところでもあるんですけど、せっかくだから自分では買わないような派手なスカートとかも着てみたいなって願望があります。

 

岩田:私も今、同じことを思っていました。今のEDIST. CLOSETさんの洋服は全部無地なので、ちょっと柄がある物が混ざってもいいかもしれないですね。花柄とかあったら嬉しいですね!

 

目野美也子さん(会社員)/オフィシャルEDIST. 制服がある職種のため、プライベート時間に多くの服を楽しめることに魅力を感じてEDIST. CLOSETをスタート。約半年間利用中。

 

ボトムスなどはサイズ展開もされるようになって、使いやすさが格段にアップしました

 

―EDIST. CLOSETのアイテムはすべてオリジナルですが、デザインの印象は?

 

岩田:今日着ているトップスはまさにEDIST. CLOSETさんの服なんですけど、これは肩出しでも着られる2WAYなんです。ひと月に借りられるのが4着なので、それを着回すと考えると、こんな風にバリエーションを変えて、いろんな着方ができるようになっているのはありがたいですね。

 

―4着という借りられるアイテム数はどうですか?

 

全員:ちょうどいいです。

 

春木:普通に4着買おうと思ったら、結構(金額が)いきますし。4万くらいはしますよね。

 

岩田:毎月4着を買うとなったら、そもそも選ぶのもたいへんですし。EDIST. CLOSETは、トップスとボトムス、ワンピースと、セットだとバランス良く届くのがいいですよね。私はウィークデーの5日間のうち、3日ぐらいはEDIST.さんの服を着回して、週末もどちらかは着ています。

 

目野:しかも、これまでは4点のコーディネートセットをセットごとに選択するというレンタル方法でしたが、今シーズンからは自分が好きなアイテムを4点選べるようにもなって、さらにボトムスなどはサイズ展開もされるようになったこともあり、使いやすさが格段にアップしました。今後はもっとアイテムの種類が増える予定だと聞いたので、これまで以上におしゃれを楽しむことができそうです。

 

画像はmiya._.mさんのInstagramより

 

最後には記念撮影をし、すっかり意気投合していた3人。友達同士でワイワイと着こなしの情報交換が楽しめるのもEDIST. CLOSETの魅力かもしれません。

また、会員さん同士が触れ合えるイベントも定期開催中です。

→2017 Autumn&winter 展示会のレポートはこちらから

春木さん、目野さんはエディクロの使い方や魅力などを伝える「オフィシャルEDIST.」としても参加してくれています。今後もオフィシャルEDIST.の方にご登場いただき、リアルボイスをお届けしますので、ご期待ください。

 

text:片貝久美子

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp