クールビズ期間のおしゃれの楽しみ方とは? マナーの基本のキをチェック!

クールビズは猛暑が続く日本の夏を、より快適に過ごすために2005年から導入されたビジネススタイルです。いつもより軽装が許されるスタイルですが、いざクールビズを取り入れようとすると、どこまで着崩していいのか悩む人も多いのではないでしょうか? もっとおしゃれに着こなしたいと考えながらも、そもそものクールビズの定義もよくわからず、雰囲気を見ながら着ている方も多いでしょう。
そこで今回の記事では、クールビズのマナーについてや選び方のポイント、おしゃれアイテムやおすすめコーデについてご紹介していきます。

クールビズとは?

クールビズとは、環境省の呼びかけで室温28℃でも快適に過ごせる服装で仕事をしましょうと促す取り組みのことです。
今の日本の夏は、地球温暖化の影響もあり気温が年々上昇傾向にあり、そのせいで過酷な季節となっています。エアコンなしで過ごすには不可能な環境といっても過言ではありません。しかし、エアコンを必要以上に下げて寒くしなければならないということは、二酸化炭素の排出量も増え環境悪化につながります。
そこで、オフィス内の室温を28℃に維持し、その中でも快適に過ごせるように見直しましょうと2005年にスタートしたのがクールビズです。日本では、限られた電気量しかないため、節約するためにもクールビズは重要な役割を果たしています。これまでの常識を一度見直すために、ほとんどの企業でクールビズが取り入れられています。ただ、どんな服装でも良いわけではなく、ビジネスにふさわしいものであることも基本となっているため、涼しければどんな服装でも良いわけではありません。

 

クールビズのメリット

①二酸化炭素排出量の削減

クールビズのメリットとしてまず挙げられるのは、オフィスでの服装を軽装化することで体感温度が下がるため、これまで冷房の設定を24℃前後にしていた企業も、クールビズを行えば28℃設定にしても過ごしやすくなることです。それが二酸化炭素排出量の削減にもつながり、その分環境にも優しい生活ができるのです。そのため、クールビズは地球温暖化の問題の改善にも貢献できます。

②経費の削減

そして2つめは、エアコン代が節約できることから、企業の経費削減にもなることです。設定温度を低くすればするほどエネルギーを使うため、そのぶんエアコンの請求金額も高くなります。1℃違うだけでも1ヶ月にすれば金額も大きく変わるので、クールビズを行い設定温度を上げられれば経費も抑えることができるのです。

③体調管理をしやすい

3つめは体調管理をしやすくなることです。夏場は外の温度とエアコンをかけている室内の温度差が激しいと、具合悪くなってしまう方も増えます。極端に暑い場所と寒い場所を何度も出入りすることは、体に負担をかけてしまうからです。しかし、28℃であれば外気温度と室内温度に大きな差が出ないため、体に負担をかけにくくなります。
このようにあ、クールビズにはさまざまなメリットがあります。

 

クールビズの基本マナー

クールビズを心がけるように言われてから長い歴史があるわけではないため、なんとなく周りの雰囲気を見て着こなしている方も多いのではないでしょうか。実際あまり基本マナーがわからず、本当に自分の着方が正しいのか不安を感じている方もいるかもしれません。もちろん、クールビズの服装は軽装とはいえ、なんでも許されているわけではありません。
基本のマナーとして、男性の場合、ノーネクタイ、ノージャケットとなります。上は半袖シャツやポロシャツ、下はスラックスなどです。しかし、女性の場合はもっと許容範囲が広いことがほとんど。ただ、企業によってルールも変わってくるため、各社の規則に従う必要があります。
基本的にだらしなく見えてしまう格好はNGで、たとえばシャツの第一ボタンを開けた時にインナーが見えてしまう、ダボダボしていてカジュアルすぎるなどは良くありません。相手に不快感を与えてしまいやすいので気を付けましょう。
自社にいる時間がほとんどの方は良いのですが、営業職など外回りが多い方は、クールビズの基本マナーに注意点があります。相手の企業を訪問する時にジャケットがないと、良い印象を与えません。もしノージャケットでも問題ないと言われている場合は良いのですが、何も言われていない時には普段のビジネスの格好で行くのが正解です。先方の基準に合わるよう配慮しましょう。

クールビズ期間の洋服選びのポイント

クールビズ期間の服装はどのような基準で選べばいいのでしょうか? 基本を押さえておけば、程よくおしゃれをしつつ、なおかつ相手に不快感を与えない選び方ができるようになります。ここからは、クールビズの服選びのポイントについてご紹介していきます。

形は?

形はジャストフィットなサイズなものを選ぶようにし、体に対してブカブカなものやゆったりしすぎたものは避けましょう。袖の長さは、半袖・七分袖・長袖いづれもOKです。ただ、暑さに負けて長袖をまくってしまったりすると、袖をおろした際にシワが目立ってしまいだらしない印象を与えてしまうこともあるので、なるべくまくらずに済むよう気を遣いましょう。

生地は?

生地は涼しく機能的なものを選ぶようにすると◎。スポーツウェアに採用されるクールマックスや夏服によく利用されているリネン生地、また接触冷感機能があるものも良いでしょう。汗がこもってしまうような生地は避け、いつでも風通しが良く快適な記事を意識して選んでみてください。

避けたほうがいいポイント

暑さのせいでシャツのボタンを一つ開けたくなってしまうようなことがあるかもしれませんが、インナーが見えてしまうようなことがあってはNG。肌着を着るのは問題ありませんが、万が一ボタンを外しても見えないような首周りが深いU字になったものを選びましょう。

クールビズの際のおしゃれアイテム

クールビズで、周りにもおしゃれでセンスある着こなしをしていると思ってもらうためのアイテムを知りたい方も多いのではないでしょうか。アイテムをどう使うかで、周りに与える印象が変わります。
ぜひクールビズを楽しめるように、アイテムを使いこなしておしゃれに決めましょう。

ジャケット

クールビズではジャケットは必要ないとされていますが、大切なビジネスシーンでは場合によってジャケットが必要になりますので、上手に取り入れましょう。
テーラード型で、ボタンは3つまで、柄ものを避けて無難な無地を基本に考えるとうまくいきます。リネンジャケットやサマーツイードなど、夏でも涼しく着られるようなジャケットもおすすめです。

ボトム

ボトムを選ぶときは長時間履いていても快適な通気性の良いものを選び、機能性を重視しましょう。
そして、毎日でも洗えるようなウォッシャブル機能が付いたものを選ぶようにしましょう。
天然素材やくっつくとひんやりするような機能が付いていると、さらに履き心地が良いです。
トップスとの色合いも見ながらバランスを取れば、おしゃれなパンツを穿いていると周りからも思ってもらえるでしょう。

スニーカー

ビジネスシーンといえばパンプスやローファー(革靴)というのが一般的ですが、クールビズの期間はマストではありません。クールビズの格好はビジネススーツに比べると多少カジュアル感があるため、スニーカーを履いてもOKな場合があります。もしくは、通勤時とのみスニーカーで、オフィスに到着したらパンプスやローファーに履き替えるという形でもいいでしょう。オフィススタイルにスニーカーを合わせるときは、スポーティすぎず、どんなコーディネートにもマッチしやすいローテクタイプのモノトーンカラーがおすすめです。

クールビズ期間のおすすめコーデ

ポイントを押さえたところで、ここでは内勤の日や仕事が終わったアフター6などにお手本となるコーディネートについて紹介していきます。

■内勤の日に

斜めカッティングノーカラーショートジャケット ¥13,200
ピンタックVネックスキッパーブラウス ¥9,680
グロッシー2wayシルエットカーゴパンツ ¥12,100
アシンメトリーデザインパールイヤリング ¥1,980

外回りをしないとわかっている内勤の日には、イージーな着心地のカーゴパンツで出勤。適度にトレンド感をアピールできるうえに、ツヤをたたえた上品素材ならカジュアルすぎないのでオフィスでも浮きません。いざというときのために、キレイ色のジャケットできちんと感もキープして。

▶︎画像のコーデセットを見る

■仕事終わりのアフター6に

グレージュツイルダブルジャケット ¥12,771
ポケットデザインストレッチブラウス ¥9,570
フロントスリットストレッチジョガーパンツ ¥11,550

オフィスでは、Tシャツ感覚で着られるブラウス×ジョガーパンツのクールなオールブラックスタイルにジャケットをオン。プライベートな時間に変わるアフター6は、アクセサリーやカチューシャで華やぎをプラスしてお出掛け仕様にシフトチェンジさせて。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

■プレゼンなど勝負の日に

グレースカートスーツ ¥22,880

プレゼンや商談などここぞというシーンでは、たとえクールビズでもきちんと感は必須。そんなときは、やっぱりジャケット×タイトスカートのスーツが鉄板です。とはいえ、重たやは暑苦しさを感じさせるようなスーツスタイルもNG。クリーンで清潔感のあるライトグレーであれば見た目にも涼やかです。

 

まとめ

ある程度ルールを守れば、マナーと快適さを両立したクールビズスタイルは可能です。シーンごとにちょっとしたアレンジを意識して、真夏のオフィスカジュアルもおしゃれに乗り切りましょう!



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断