洋服を上手に収納しよう!衣類を長持ちさせる収納術

クローゼットやタンスの中に、洋服がたくさん詰まっているという人もいるのではないでしょうか。
特にコートやジャケットなどの衣類品はかさばりやすいので、収納方法で悩んでいる人も多いかもしれません。そこで、本記事では、クローゼットやタンスの収納術、見せる収納テク、収納に困らないアイディアなどをご紹介していきます。

服の片付け、困っていませんか?

大量の洋服をどうやって片付けたら良いかわからずに困っていませんか。片付けをしてクローゼットの中をスッキリさせたい気持ちはあるけれど、やり方がわからなくて手がつけられないという方は少なくありません。かといって、そのまま放置していたら、衣類品がどんどんと増えてしまい、収納スペースがなくなってしまうことでしょう。
クローゼットやタンスを片付ければ、気持ちもスッキリします。所有している衣類品が把握できるので、コーディネートもしやすくなるでしょう。買ったけど着ない洋服も減らせるので、節約効果も期待できるかもしれません。このように、洋服の片付けにはメリットがたくさんありますので、思い切って取り組んでみませんか。

衣替えが始まる今の時期に悩みがちな収納術をご紹介

収納術の大事なポイントは、不要な服を処分することです。クローゼットやタンスが衣類品で溢れかえった状態では、収納を効率良く進めることができません。衣類品を溜め込みがちでお悩みの人は、クローゼットやタンスの中を定期的にチェックする習慣をつけておくと良いでしょう。
衣替えは、衣類品を整理するのに、うってつけのタイミングと言えます。季節の服を入れ替えるタイミングで、ずっと袖を通していない洋服を処分することやクローゼット内にスッキリと収まるように収納方法を見直してみると良いでしょう。衣替えが始まる時期に役立つ収納術をいろいろと紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

衣類の収納お役立ちグッズ

一口に衣類といっても、Tシャツ、ジーンズ、パンツ、スカート、カーディガンなどといったように、たくさんのアイテムがあります。帽子、ベルト、マフラーなどのファッショングッズの収納も検討しなくてはなりません。大量の衣類品を片付ける際には、収納用のケースを用意が必要です。なかには、ダンボールでも良いのではと思う人もいるかもしれません。ダンボールは、破損しやすいうえに、不衛生になりやすいので、衣類品の長期保管には適していません。
お気に入りの衣類を長持ちさせたいのであれば、衣装ケースを用意しておいたほうが良いでしょう。衣装ケースならば、破損の心配もありませんし、埃や害虫が侵入しにくいので、大事な衣類を安心して保管しておくことができます。衣装ケースは、多段タイプや一段タイプなどの種類があります。多段タイプの衣装ケースは、タンスのような形状です。衣類をたくさん収納したい人におすすめのグッズです。一段タイプの衣装ケースは、単体で使用するほかに、積み重ねて使用することもできます。その都度で購入できるので、衣類品が増えたタイミングに合わせて、衣装ケースを追加していきたい方におすすめの収納グッズです。
そのほかにも、引き出しタイプ、布製タイプ、キャスター付きタイプ、クラフトタイプ、ベッド下に入るタイプなど、いろいろな種類の衣装ケースがあります。サイズ、デザイン、カラーなどのバリエーションが豊富なので、使いやすそうな衣装ケースを選んでみると良いでしょう。
かさばりやすい衣類を収納する場合には、圧縮ボックスを活用するのも手です。害虫が心配な人は、防虫剤も用意しておくと良いでしょう。

クローゼットの収納のポイント

何も考えずにクローゼットへ洋服を放り込んでいませんか。とりあえずの気持ちでクローゼットへ入れてしまうと、中がごちゃごちゃになってしまいます。
ここでは、クローゼットの収納時のポイントを2つご紹介します。

POINT1:用途に応じて上段・中断・下段を使い分ける

衣類品をクローゼットへ上手に収納するコツは、「段の使い分け」です。衣類の種類や使用頻度によって、上、中、下といったようにエリアを分けておけば、使いやすい収納が実現できます。
上段には、使用頻度が低くて、軽いものを収納しておくと良いでしょう。埃が心配な時には、蓋付きのケースを使うのがおすすめです。
中段は、最も使用頻度が高い衣類を収納しておきます。オンシーズンの服、通勤や通学で頻繁に着る服などを収納しておけば、すぐに支度を整えることができるでしょう。
下段は、 使用頻度が低いもの、吊るせないものなどを収納しておくと良いでしょう。引き出し付きやキャスター付の衣装ケースを用意しておけば、スムーズに衣類の取り出しができるでしょう。

POINT2:ハンガーを活用

クローゼットへ収納する際には、ハンガーを活用するといいでしょう。コート、ロングスカート、ワンピース、ドレス、ジャケット、ブラウスなどのアイテムは、ハンガーで吊るしておけばシワになりくいですし、型崩れの心配もありません。
ハンガーで吊るす際には、衣類の丈の長さを揃えたり、カラーごとに分けたりすれば、見栄えが良い収納になります。サングラス、ベルト、アクセサリー、マフラーなども、ハンガーやフックで吊るしておけば、出し入れがしやすくなることでしょう。

タンスの収納のポイント

POINT1:洋服を立てて見やすく収納

洋服を重ねてタンスへ収納している人もいるかもしれません。重ねた状態では、下側にある服を把握するのが難しくなります。また、取り出す際に、上側の服をどかさなければならないので、手間がかかってしまうことでしょう。
おすすめなのは、立てた状態での収納です。洋服を1点ずつ立てて収納すれば、スムーズに出し入れがしやすくなります。洋服を畳む際には、幅や高さを揃えておくと、立てて収納した時の見栄えが良くなりますので、ぜひ試してみてください。

POINT2:仕切りを活用

薄手や柔らかい素材の衣類、下着やソックスなどの小さなアイテムなどは、立てて収納するのが難しいこともあるでしょう。そんな時には、仕切りを活用するのも手です。
タンスの引き出しの中にプラスティックやアクリル板などの仕切りを入れておけば、立ちにくい服でもきれいに収納できます。スカーフ、ハンカチ、ネクタイなども、見やすく収納できるでしょう。小型のつっぱり棒、箱なども仕切りとして代用できます。100円ショップなどでも、衣類の収納に便利な仕切りが揃っていますので、チェックしてみると良いかもしれません。

「見せる」収納も考えてみよう

部屋に広いクローゼットがないからといって、上手な収納をあきらめる必要はありません。お気に入りのジャケットやコートなどは、あえて見せるようにして収納してみるのも手です。ハンガーラックやオープンラックを使って、アパレルショップのように洋服をおしゃれにディスプレイすれば、部屋の良いインテリアになることでしょう。
ハンガーラックは、洋服を吊るして見せたい時におすすめのアイテムです。デザイン性の高いコートやジャケットなどを吊るしておけば、センスの良い部屋に見えることでしょう。おしゃれ感を出したいときには、洋服を吊るすハンガーのデザインにもこだわってみるといいかもしれません。ハンガーの色や形を揃えるだけでも、統一感が出てスッキリした印象になります。
オープンラックは、畳んだ状態の服、帽子、バッグなどをディスプレイするのに便利なアイテムです。
見せる収納のポイントは、ラックのデザインです。ナチュラルテイストの服には素朴な雰囲気の木製ラックが合いますし、かっこいいテイストの服はスティール製のラックに吊るすことでスタイリッシュな雰囲気が出せます。見せたい洋服やお部屋のイメージに合わせて、最適なラックを選ぶと良いでしょう。
ハンガーラックやオープンラックの周りに観葉植物や雑貨などを飾れば、よりおしゃれな雰囲気に仕上がります。いろいろと工夫しながら、自分なりの見せる収納を楽しんでみてください。

収納に困らない!ファッションサブスクEDIST.CLOSET

洋服の収納で悩んでいる人は、ファッションサブスクの利用を検討してみると良いかもしれません。ファッションサブスクならば、その都度必要な衣類を借りることができます。使用後は返却するだけなので、自宅で保管する手間がかからないのがメリットです。クローゼットやタンスなどの収納スペースがない人にとっては、便利なシステムと言えます。ファッションサブスクは、各社からさまざまなタイプのサービスが提供されています。
プロ監修によるファッションをお手頃価格で借りたい人には、EDIST. CLOSETがおすすめです。EDIST. CLOSETは、月額定額制のファッションレンタルサービスです。有名スタイリストが監修したコーデセットを定期的にお届けしてくれますので、自分でコーデを考える手間も省けます。デイリーカジュアル、ビジネスカジュアルなど、いろいろなテイストのファッションアイテムを取り揃えていますので、オンオフを問わずに活用できることでしょう。
利用方法や料金などの詳細については、EDIST. CLOSETの公式サイトでチェックしてみてください。

ダスキンの紹介する洋服収納術を見てみよう

モップや玄関マットなどの掃除用品で有名なダスキンでも、洋服の収納術や片付けのコツなどといったお役立ち情報を提供しています。洋服収納で悩んだ時には、プロの情報を参考にしてみると良いでしょう。

家事代行のプロが解説するテクニックが盛りだくさん

ダスキンはお掃除用品のレンタルのほかに、家事代行サービスも提供中です。掃除、買い物、洗濯、花の水やりなどの家事のプロフェッショナルスタッフが揃っていますので、家のことを安心してお任せできるでしょう。
ダスキンの公式サイトには、そんな家事代行のプロフェッショナルが解説するテクニックがたくさん掲載されています。クローゼット収納術のほか、衣替えのやり方、スカートのアイロンがけのコツ、洋服の整理整頓のコツなどいろいろな情報がありますので、きっと参考になるはずです。
家の洋服の収納が上手にできない時には、家事代行のプロフェッショナルへ依頼してみるのも良いかもしれません。

掃除・洗濯など家事すべての役に立つこと間違いなし

ダスキンでは、家の掃除や洗濯などに関する情報も発信しています。家事全般に役立つ情報がたくさんありますので、一通りチェックしておくといいでしょう。家事代行のプロフェッショナルのやり方を参考すれば、効率良く作業が進むはずです。

★収納に関するEDIST. +oneおすすめ記事

【クローゼット収納はスペースを上手に活用しよう!クローゼット収納の方法】

衣替えのタイミングで収納グッズを見直して上手に活用することで、クローゼットの中が見違えるように生まれ変わります。

家事代行やEDIST. CLOSETのようなファッションサブスクも利用すれば、さらにクローゼットの中がすっきり。サービスの利用も検討して、ストレスフリーに毎日のおしゃれを楽しみましょう。

 

衣替えのタイミングで収納グッズを見直して上手に活用することで、クローゼットの中が見違えるように生まれ変わります。

家事代行やEDIST. CLOSETのようなファッションサブスクも利用すれば、さらにクローゼットの中がすっきり。サービスの利用も検討して、ストレスフリーに毎日のおしゃれを楽しみましょう。

 



FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断