【冬のマストアイテム】ニットカーディガンのおすすめコーデ

ーあなたに似合う服をコーディネートごとセットでレンタルできる「EDIST. CLOSET(エディストクローゼット」が毎日のファッションに役立つ”プラスワン”なライフハックを発信!ー

寒い冬はニットカーディガンを防寒アイテムとして羽織る方も多いのではないでしょうか。室内と屋外の気温に合わせてすぐに脱ぎ着できるので大変便利なアイテムです。
ニットカーディガンといっても、すべて同じような形ばかりではありません。サイズもコンパクトなものからオーバーサイズ、首周りの形、編み込み方などさまざまあります。自分の普段のファッションに合わせて、よりピッタリなニットカーディガンを選べます。また、冬だけに限らず、春先のまだ肌寒い時にも使えます。
今回は、今のシーズン何かと出番の多いニットカーディガンコーデのポイントや丈の長さ、色別でのおすすめをご紹介していきます。

ニットカーディガン選び方のポイント

一口にニットカーディガンといってもさまざまなサイズや形などがあるため、何を選んだらいいのか悩んでしまう方も多いかもしれません。羽織るだけでなく、トップスとしても着こなすことができます。選ぶ際には、いくつかのポイントがあるので覚えておくと良いでしょう。
おしゃれに着こなすためのニットカーディガンコーデのポイントをご紹介していきます。

 

オーバーサイズでこなれ感を出そう

自分の体のサイズに合ったニットカーディガンだけでなく、オーバーサイズもおすすめです。ピッタリなサイズに比べてシルエットに余裕があり、こなれ感が出ます。さらに、自分のコンプレックスに感じているお腹周りやお尻、太もものあたりなどを自然に隠してくれるという体型カバーのメリットもあります。
オーバーサイズのニットを着るときは、きれいめな雰囲気よりも少しカジュアルなコーデの方が似合います。ボトムはスティックパンツやタイトスカートなど細身のシルエットだとバランスが取りやすいでしょう。

 

形や素材感を活かそう

ニットカーディガンは形や素材によってコーデの見え方も変わってきます。
暖かさを重視したニットカーディガンを選びたい時には、ウールやカシミヤなど動物繊維で作られた素材を選ぶといいでしょう。シーズン通して着まわせるニットカーディガンが欲しい方は、植物繊維であるコットンがおすすめです。お手入れのしやすさで考えるなら、化学繊維が◎。
実はニットカーディガンには、網目にもさまざまな種類があります。

ボリューム感があってカジュアルな印象のものが着たいのであれば、ローゲージニットという網目の大きめなニットカーディガンがおすすめです。ふんわりこなれた印象を与えたい時には使いやすいアイテムです。ただ、ボリュームがある分ほかのアイテムも同じようなにボリュームがあると、着膨れして見えやすくなります。そのため、ボトムはスッキリしたパンツやタイトなスカートを合わせましょう。
すると、上下でのバランスが取れ、全体的に見た時に太って見えません。

きれいめにスッキリとニットカーディガンを着こなしたい時には、細く編み込まれたハイゲージニットがおすすめです。ベーシックなシルエットであれば、プライベートに限らずオフィスシーンでも使いやすいでしょう。さまざまな服とコーデしやすく使い勝手が良い万能アイテムとして活躍してくれるはずです。
ボトムもシルエットを問わずマッチしてくれます。

ニットカーデをコーデのアクセントにしたいならケーブルニットやワッフルニットがおすすめです。どちらも立体的に編み込まれているため表情があります。

着痩せ効果をねらうなら、体のラインをすっきりと見せてくれるリブニットも良いでしょう。縦ラインが強調された編み方をしているので、体型のコンプレックスになりやすい横幅を上手にカバーしてくれます。

また、ニットカーディガンのネック部分でも印象は大きく変わってくるでしょう。ベーシックなネックタイプを選びたい時には、首周りが丸く詰まったクルーネックがおすすめです。タンダードなタイプなため、どんな方も難なく着こなせます。
ニットカーディガンをあまり着る機会がなく初めてか久々だという方も、さまざまな服とコーデしやすく使いやすいでしょう。
顔まわりをすっきりと見せたいなら、ざっくりとしたVネックのニットカーディガンも良いでしょう。
デコルテも強調されて、女性らしい印象を与えてくれます。首が詰まったものが苦手な方にもおすすめです。

【丈の長さ別】おすすめのニットカーディガンコーデ

ニットカーディガンは丈の長さによっても着こなし方が変わります。ここからは、丈の長さ別でニットカーディガンコーデについてご紹介していきますので、組み合わせる際の参考にしてみてください。

 

ロング丈

ウエスト周りやヒップにコンプレックスを持っている場合、ニットカーディガンコーデの中でもロング丈がおすすめです。長さがある分シルエットも縦長に見え、羽織ることで体のラインを細く見せてくれます。
ロング丈のニットカーディガンを合わせたいと考えているのであれば、細身のパンツと一緒にコーデすることで脚もより長く見えます。普段よりも自分の体型が、スタイル良く感じるかもしれません。ほかにも、ロングワンピースとコーデしてもおしゃれです。

 

ショート丈

ショート丈のニットカーディガンは重心が上にくるので、小柄な方でも脚長効果でスタイルが良くなったように感じるでしょう。
ニットカーディガンを柄物にして、中はシンプルなコーデと組み合わせるのもおすすめです。このとき、インナーはパンツやスカートにインしてあげます。すると、腰の位置が上がって見えてスタイルUP効果を発揮します。

【色別】おすすめのニットカーディガンコーデ

ここからは、色別におすすめのニットカーディガンコーデについてご紹介していきます。

 

 

ホワイト

ホワイトのニットカーディガンは、コーディネートの色が暗くなりがちな冬コーデに羽織るだけで明るく見せてくれるので印象チェンジにお役立ち。ホワイトとインナーがネイビーの配色であれば知的さと清潔感を演出できるので、オフィスといった好印象にアピールしたいシーンに最適です。ボトムはハンサムなワイドパンツで仕上げて。

 

ブラック

ブラックのカーディガンは、甘めのスカートと相性◎。印象をキリッと引き締めてくれるので、フェミニンなアイテムを大人顔にしてくれます。今のシーズンであれば、トラッドなチェック柄プリーツスカートが気分。足元は旬のロングブーツで今っぽく見せつつ、色もブラックでカーディガンとリンクさせて統一感を持たせましょう。

前後2WAYメッシュ袖カーディガン ※soldout:¥5,940
配色リボンチェック柄セミフレアスカート ¥10,560

▶︎この画像のコーデセットを見る

 

 

ベージュ

ベージュのニットカーディガンは、冬の定番カラーとして人気のブラウンとレイヤードすると◎。同系色なので、色の濃淡でコーディネートに奥行きをつけることができます。印象が地味に陥らないよう、ストールやバッグなどの小物は差し色となるカラーを意識して。

▶︎画像のコーデセットを見る

 

ほかのカラー

ご紹介してきたホワイト、ブラック、ベージュ意外にも、思い切ってキレイ色に挑戦してみるのもおすすめです。主役となるので、ボタンを閉めて1枚でトップス感覚で着こなせます。その場合、ボトムはどんな色ともマッチするベーシックカラーを選びましょう。
おすすめは冬コーデをぱっと華やかに見せてくれるイエロー。ネイビースカートと合わせることでコントラストが引き立ち、より街映えする存在感のある着こなしに。

まとめ

冬はニットカーディガンが1枚あるだけでもおしゃれの幅が広がります。
どんな風な印象を与えたいのかによって、首周りの形や素材、網目の種類を選ぶといいでしょう。色で悩んだら、比較的さまざまなコーデに使えるベーシックカラーを持っておけば間違いありません。
オールシーズン活躍してくれるアイテムでもあるので、シルエットや素材、色違いなどで複数枚持っておくのがおすすめです。

 



取材・文/EDIST. +one編集部

画像出典:EDIST. CLOSET

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】
closet.edist.jp

本当に似合う服を知ろう!
無料スタイル診断は、コチラ
本当に似合う服を知ろう!
無料でしっかりスタイル診断