意外と汚れは落ちてない!美肌を保つ「きちんと洗顔」の方法ー基礎知識編ー

 

誰もが毎日している洗顔ですが、洗顔方法に自信があるという人は意外と少ないのではないでしょうか?

一方で、「◯◯で洗顔するといい」「◯◯しないほうがいい」など、さまざまなメディアで洗顔に関する数多の情報があふれているため、「いったいどれを信じればいいの?」と思ってしまうことも…。

そんな曖昧な現状を打破すべく、エイジングケアに特化した「エンリッチリフト」シリーズをはじめ、数々のドクターズコスメを扱う株式会社ドクターシーラボで商品企画を担っている”洗顔のプロ”である、市原澄子さんに正しい洗顔方法を伺いました。

洗顔についての基礎知識から、すっきり落ちる洗い方まで、2回にわたってご紹介します!

 

今回お話を伺ったのは…

株式会社ドクターシーラボ マーケティング部 商品企画グループ

市原 澄子(いちはら すみこ)さん

 

ドクターシーラボの商品企画歴13年。創業者である現役皮膚科医の城野親德氏とともに、ドクターズコスメとして「結果で応える」ことを意識して、化粧品から健康食品、医薬品、美容機器に至るまで、臨床を活かした商品開発に励んでいる。

 

洗顔の役割とは

 

「皮脂やメイクなどの肌汚れを落とす」というのが洗顔のおもな役割ですが、実際肌についているのは、私たちがイメージしている汚れだけではないようです。

 

「メイクや皮脂以外にも、汗やほこり、花粉、さらにPM2.5といった目に見えない微細な汚れが肌には付着しています。特に、最近日本でも話題となっているPM2.5の粒子は、毛穴の20分の1のサイズといわれていますが、これもきちんと落とさなくてはなりません。あとは、肌のターンオーバー(新陳代謝)による古い角質を落とすのも、洗顔の役割のひとつですね」

 

こういった汚れの一部は、肌にとっての「外的な刺激」となるため、きちんと取り除くことが必要とのことです。

 

メイク用品の進化に合わせたクレンジングが大切

 

洗顔をしっかりしなければならない理由はおわかりいただけたと思いますが、その前に大切なのがクレンジングです。

 

「ファンデーションやパウダーが微粒子化し、肌への密着やメイクの崩れにくさは日々進化しています。そのため、きちんと意識して汚れを落とさないと、残念ながら落としきれないことも。残った汚れが酸化すると肌の老化の原因にもなりますし、洗顔後のスキンケアの成分の浸透を妨げます。そのため、ファンデーションなどの進化に合ったクレンジングを使い、しっかりと微細な汚れを落とすことが大切です」

 

ウォータープルーフの化粧品や、何度も塗り直すUVケア商品を使う夏場は特に注意!普段より意識して、念入りに落としましょう。

 

洗顔はマスト?

 

最近では、「石鹸で落とせる」とうたったUVケア商品やファンデーションなどのメイクアイテムもありますが、それ以外のアイテムと併用している場合は、やはりクレンジング剤を使用したほうが確実なんだそう。

 

「クレンジングでメイクや皮脂などの油系の汚れを、洗顔でほこりや汗などの水系の汚れを落としているので、基本的にはW洗顔をおすすめしています。ただ、『これ1本で済む』というオールインワン商品がトレンドであり、当社でもそのような商品を販売していますので、時間がない、手軽さを重視したいという方は、そういった物を利用するのもいいかと思いますよ。クレンジングと洗顔をまとめてできるオールインワンで手軽に済ませるか、W洗顔を選ぶかは人それぞれですが、一番心掛けてほしいのは正しい洗い方です」

 

ドクターシーラボ

エンリッチリフト クレンジングクリームEX

 

滑らかでコクのあるクリームが乳液状に変化し、肌をしっかりと密閉して微細な汚れを浮かせる。7種の美容オイルを配合しているため、洗い流した後はパックしたようなうるおいとハリのある肌に。※クレンジングのみの商品です。

 

1本で済ませたい方はこちらがおすすめ

ドクターシーラボ

VC100ホットピールクレンジングゲル

美容成分を92.6%も配合した温感クレンジングゲル。メイクはもちろん毛穴汚れまでしっかり落とします。

 

ゴシゴシ洗いは絶対NG!

 

洗顔の際、手を上下にゴシゴシと洗っていませんか? それは、肌にとても負担をかける、NGな洗い方のようです。

 

「肌に負担をかける原因のひとつは『摩擦』です。摩擦による刺激というのは、肌に微細な炎症を起こし、肌トラブルや老化を助長するといわれているんですよ」

 

それでは、どうするのがいいかというと、ズバリ「泡で洗う」ことだそうです。弾力のあるモコモコな泡で洗うために、以前は泡立てネットを使っていたという市原さんですが、最近では洗顔用の泡立て器を愛用しているそう。

「知人に勧められたのですが、濃密で質の高い泡ができる洗顔用の泡立て器がありまして、感動します!  とはいえ、やはり普通の洗顔料で洗顔の度に泡を作るのが面倒だったり、うまく泡が作れなかったりとおっしゃる方もいますよね。そういった方には、当社で発売している泡状の洗顔料『エンリッチリフト ウォッシングフォームEX』をおすすめします。最初からモコモコした濃厚な炭酸泡の状態で出てくる商品なので、誰でも簡単に安定して使っていただけるので便利です」

 

ドクターシーラボ

エンリッチリフト ウォッシングフォームEX

 

炭酸と濃厚な泡のマッサージでエイジングケアもサポートする洗顔料。もっちりとした弾力泡に炭酸を閉じ込め、泡だけを転がすようにマッサージするだけで、毛穴奥の汚れを落としながら肌を整えてくれる。

 

正しい洗顔は正しい肌知識から

 

洗顔に関する基本的な知識と注意すべきポイントをレクチャーしていただきました。忙しい毎日でクレンジングや洗顔をおろそかにしがち…という人もいれば、きちんとしている「つもり」の人も意外と多いはず。化粧品の進化に伴って、クレンジングでなかなかメイクが落ちなくなっているというのは目から鱗でした。

 

次回、「洗顔の手順編」では、正しい洗顔の具体的な方法についてご紹介。

しっかり洗顔をしないと汚れが肌に蓄積し続け、美肌から遠のいてしまいます。ぜひここで覚えてくださいね!

 

Text&取材:EDIST.+one編集部

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp