少ない服で素敵な女性を目指そう! 洋服断捨離のススメ

 

2年ほどまえ、フランス人のミニマルライフを綴った本「フランス人は10着しか服を持たない パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣」がベストセラーになったのを機に、日本でも一躍ブームとなった「断捨離」。中でも多くの女性の心に響いたのが、「10着しか服を持たない」というスタイルでした。

もちろんこれは目安の数字ですので、実践するのはなかなか難しいかもしれませんが、クローゼットのアイテム数が少なければメリットが多いのは事実です。

そこで、洋服の断捨離のメリットやコツを通して、ストレスフリーなファッションライフを送るポイントをご紹介します。

 

洋服を断捨離することのメリットとは?

「洋服の数が少ないと着る服に困るのでは?」と思う人は多いことでしょう。そのような心配から、なかなか断捨離できずにいる人々もいるようです。しかし、洋服の数が多くても、結局は毎朝コーディネートに悩んでしまうのはなぜでしょうか?

実は、持っている洋服の多さがかえって悩みのもとになっているのかもしれません。まずは断捨離のメリットを考えてみましょう。

 

メリット1 無駄な出費がおさえられる!

洋服の数が多いとコーディネートの選択肢も広がり、「どんなおしゃれも思いのまま!」と思いがちです。しかし実際は、どう洋服を組み合わせるかを考えるのに時間がかかり、結局悩み疲れていつものパターンの服装に落ち着くなど、時間も気持ちも洋服選びに振り回される…なんてことはありませんか?

そればかりか、手持ちの物に「似合う服がない」「合わせるアイテムがない」などと思い込んで、新たな洋服を買い求めてしまうことも…。そうして洋服が増えていくと、クローゼットが乱雑になって、洋服選びはさらに困難な状況へ。また、所持しているアイテムを把握しきれずに、似たようなデザインの服を買ってしまったり、収納場所が足りなくなって家具を買い足したりと、無駄な出費も生じやすくなります。これらの出費を断捨離でおさえることができます。

 

メリット2 断捨離で生まれる収納場所と気持ちの余裕

断捨離をして洋服の数を減らすと、選択肢が狭まってコーディネートがイメージしやすく、着る服に悩まなくなります。また、持っているアイテムを把握しやすくなり、「同じような服がある」「持っている服とは合わせにくい」との思いから衝動買いを抑えられたり、新しい服を買い足すときも目的を持って選べるようになったりと、無駄遣いが大幅に減らせます。

さらに、収納する服が少ないことでクローゼットに余裕が生まれ、洋服以外の物もしまうことができて、部屋全体がすっきり!クローゼットを開ける度に整頓された状態が目に入ると、その快適感から「新たに洋服を買いたい」という欲求自体も抑えられるようになるでしょう。

 

残す服と捨てる服をジャッジする基準

 

 

時間や空間、経済面、そして気持ちにまでゆとりを生み出す洋服の断捨離。ただ、いざ「やってみよう!」とクローゼットを開けても、「これは普段着、これはお出掛け用、これはお気に入りだし…」と、どれも必要な服ばかりのように感じられて、何を捨てれば良いか悩んでしまうことも…。そんなときは、次のポイントを意識すると選別しやすくなります。

ポイント1 1年以上着ていない

一定期間袖を通していない服は、何かしら着ない理由があるはず。おそらく今後も着る機会は訪れないでしょうから、思い切って捨ててしまいましょう。

 

ポイント2 「○○したら着る」という条件がつく

「やせたら着る」「子育てが終わったら着る」など、何かしらのアクションがないと着られない服は、「その日」が来るまでタンスの肥やしとなります。そしてもし、その日が来たとしても、そのときには着たいと思わないかもしれません。限られたスペースを「今着る服」に譲るためにも、「いつか着るかもしれない服」とは、一度さよならしましょう。

 

ポイント3 体形に合っていない

トレンドのデザインでも、体形に合っていなければ野暮ったく見えるだけです。流行よりも「自分らしさ」を大切にしましょう。

 

ポイント4 トレンドが過ぎている、年齢に合わない

高かった服や思い入れのある服は、手放すのがもったいなく感じられますよね。しかし、時代遅れや年齢不相応のデザインは、今後も着る機会はありません。思い出は心にしまって、お別れしましょう。

 

ポイント5 傷んでいる

お気に入りほど着る機会が多く、傷みも早くなります。まだ着たい気持ちもわかりますが、傷んだ服はご自身のイメージダウンにつながることも。そんな洋服には見切りをつけて、新たなお気に入りを見つけたほうが輝いた自分でいられるでしょう。

 

ポイント6 コーディネートしづらい

どんなに素敵な洋服でも、合わせ方がわからなかったり、合うアイテムを持っていなかったりすると、なかなか出番はやってきません。着る機会が圧倒的に少ない洋服は、あきらめたほうがいいでしょう。

 

ポイント7 似たようなアイテムをたくさん持っている

好みの色やデザインの洋服は、無意識のうちに増えていくものです。しかし、同じような形のアイテムばかりそろえても、見た目に変化はありません。であれば、中でも状態が良く、コーディネートしやすい代表選手だけを手元に残しましょう。

 

 

どうしても断捨離アイテムを決められないときは…

捨てるか残すか悩む洋服があるときは、いったん保留しましょう。一通り捨てる物と残す物(保留の物を含む)とで仕分けが済んだら、次はアイテムやシーズンごとにそれらを分け、その中でさらに残したい順に順位をつけていきます。

予めトップス、ボトムスとで所持する枚数を決めておき、最終選考に残った服の上位から選抜していくと、アイテムの偏りなく本当に残したい洋服だけを手元に置くことができます。

流行や思い入れに流されず、自分を素敵に見せる洋服だけを残すことが断捨離のコツ。鏡の前で手持ちの服を合わせてみて、今の自分に似合う洋服かどうかを見極めましょう。

また、断捨離で手放す洋服には、決して傷んでいるわけではなくまだ着られる状態の物や、高価な物もあるでしょう。捨てるとなるともったいない気持ちが芽生えますが、だからといってまたクローゼットに戻してしまっては元の木阿弥。捨てるに忍びないようであれば、リサイクルに出したり、フリマアプリなどを通して必要としている人に譲ったりしてはいかがでしょうか?

まだ誰かに着てもらえると思えば「捨てる」よりも心が軽くなりますし、さらにお小遣い程度でも手に入るのであれば、洋服を手放すことの後ろめたさはやわらぐかもしれません。

洋裁が得意な人なら、不要な洋服を「リメイク」することによって別の使えるアイテムに再生させてみてもいいでしょう。

 

断捨離」とは不要な洋服を「捨てる」だけではない、自分を見つめ直すきっかけに

年齢を重ねるにつれて体形などは少しずつ変化していくため、昔と今とでは似合う服が異なっているかもしれません。洋服の断捨離をすることは、今の自分を見つめ直すきっかけにもなり、新たな魅力を発見できるチャンスでもあるのです。また、所持する枚数が少ないからこそ、「1着」にこだわった大人の女性のファッションを楽しむこともできるようになるでしょう。

そんな洋服の少ない暮らしが気持ちにゆとりを生み、豊かなライフスタイルを確立するきっかけになるはずです。

 

text:千葉こころ

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp