その着こなし、大丈夫? 今年はこう着れば正解! 定番アウター・ライダース&トレンチの鮮度UPコーデテク

ちょっとした着こなしで古く感じさせてしまう定番アイテム。ライダースジャケット&トレンチコートといえば、秋の定番2大アウターですが、毎年登場するものだからこそ、できるだけ”今っぽく”着こなしたいですよね。しかし、今っぽさをどう出せばいいのかわからない人も多いはず。ということで、インフルエンサーやオフィシャルEDIST.をはじめとする、着こなし上手なあの人たちによる最新の定番アウター使いをInstagramでチェック!

今らしく見せるコツはもちろん、スタイル良く見せるワザも探ってみました。

そして、後半ではスタイリストによる簡単着こなしテクもご紹介していきます!

 

rider’s jacket 5 style’s

肩がけスタイルが今の気分!

ライダースジャケットは上半身をコンパクトにまとめて

今年はアウターを「肩がけ」して着るのがトレンド。ライダースもその例に漏れず、多くのファッショニスタが肩がけスタイルを見せています。ライダースの丈と、トップスやボトムスのバランスも着こなしのポイント!

脚長効果を生む丈短ライダースとトップスインの小技

 

@michikohibiさん

インナーに白ニット、ボトムにトレンド花柄スカートを合わせた日比理子さんのスタイリング。ショート丈のライダースとトップスインのテクニックにより脚長効果が生まれています。また、バッグ以外を黒、白、赤の3色でまとめているのもすっきりきれいに見えるコツ。

 

 

甘さの中ににじむ大人の女らしさのバランスがカギ

Chiaki*さん(@chiachi1010)がシェアした投稿

@chiachi1010さん

「ライダースを甘めに着こなす」をテーマにしたコーデ。ピンクのサテンスカートと今季らしい赤の小物で、甘さの中にもキリリとした大人の女らしさを忍ばせています。トップスを黒にすることで、上半身がコンパクトになり、バランスが良く見えます。

 

男前デザインなライダースはタイトなボトムスが◎

@reinahoshiさん

星玲奈さんのライダーススタイルは、ホワイトトップスにイエローのレーススカートを合わせた華やかな仕上がり。メンズライクなデザインの男前ライダースはこのようなタイトスカートや、細みパンツと合わせて女性らしさを醸すのが正解です。仕上げは黒のパンプスで引き締めて。

 

フェミニンに着こなすコツは抜け感が出る「肩がけ」にあり

@izumikimotoさん

今年らしいレースのトップスとミモレ丈スカートで作った木本泉さんのワントーンコーデ。ライダースは肩がけにすることで女性らしい雰囲気を生み出しています。カラーパンプスが全体を引き締めるアクセントにもなっています。

 

 

ライダース×ボリュームパンツはメリハリ調整で上級コーデに!

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿

@mtmmakiさん

金子麻貴さんは今季も人気継続中のボリュームパンツとライダースの組み合わせを披露。トップスはインにして、上半身をなるべくコンパクトに見せるのがコツです。スニーカーやフラットシューズを合わせたときは、金子さんのようにヘアをラフにアップにするとなおバランス良しですね!

 

 

trench coat 4style’s

トレンチコートはボタンをとめずに
「ウエストマーク」で着こなすのが旬!

トレンチコートはコーディネート以上に、えり抜きやウエストマークなど「着こなしアレンジ」が今季のポイントになっている模様。色や形で「脱定番」をしてみせたスタイルも多く見られます。

 

定番トレンチは「カラー」で外す!

@reinahoshiさん

今季も引き続きトレンドのくすみ感のあるスモーキーピンクのトレンチコートをチョイスした星玲奈さん。ボタンをとめずにベルトでしめる着こなしで、さらに今っぽさを出しています。インナーは黒で統一して縦のラインを意識しつつも、足元でヌケ感を演出。

 

 

膝丈トレンチは小柄さんにもgoodバランス!

のりこさん(@nocha1225)がシェアした投稿

@nocha1225さん

黒澤典子さんもベルトでウエストマーク。ブラウン〜ベージュのグラデーションにビビッドなピンクがきいたシンプルながらも上級スタイリング。トレンチコートは膝丈を選ぶと、パンツ・スカートともに合わせやすく、小柄さんもバランス良くまとまります。

 

 

ノーカラーのロングトレンチでトレンド感を格上げ!

makiさん(@mtmmaki)がシェアした投稿

@mtmmakiさん

ノーカラーのロングトレンチコートが新鮮な金子麻貴さんのコーデ。インディゴカラーのスキニーデニムとエナメルのローファーがマニッシュな印象です。ロング丈のトレンチをウエストマークするときは、このようなタイトなボトムが好バランス。

 

 

えり抜きで羽織るとオトコっぽくカジュアルな印象に

ochieさん(@223.ce)がシェアした投稿

@223.ceさん

ハイウエストデニム×ロゴTシャツというエッジーなスタイル。トレンチコートはバサッとえり抜きで羽織ると、ハンサム&カジュアルな印象に。オトコっぽいコーディネートの時は小物で女性らしさを意識。

 


スタイリスト・坂野陽子さんのコーディネートに学ぶ、

定番アウターのトレンド鮮度をあげる着こなしサンプル!

 

コンサバからエッジが効いたカジュアルまで幅広いスタイリングがお得意なスタイリスト・坂野陽子さん。人気女性誌や広告などで活躍をしています。EDIST. CLOSETのコーディネートサンプルで担当したスタイリングから、トレンドの着こなし方法をチェックしてみましょう。

スタイリスト・坂野陽子さんPROFILE

 

◆EDIST. CLOSETとは?▶︎「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。

公式サイトはこちら

 

 

 

肩がけでレディなワンピをカジュアルダウン!

※商品のクレジットはこちら

 

旬カラーのオレンジブラウンワンピースとトレンチでエレガントにまとめたスタイル。ワンピースの上からサラッと羽織ることで、着こなしに抜け感と奥行きを出しています。オフィスやオフスタイルに登場することの多いトレンチですが、これならフォーマルでもOK!

 

女らしいアイテムの投入で甘辛バランスを意識

※商品のクレジットはこちら

フォーマル感のあるボウタイブラウスをライダースとデニムでハンサムにカジュアルダウン。さらにカゴバッグで遊びもプラスした同性ウケが良さそうな上級スタイリング。

 

あえての肩がけでコンサバコーデにこなれ感を

※商品クレジットはこちら

ボウタイブラウス、タイトスカートとコンサバな定番コーデはトレンチ肩がけとお遊びバッグで今っぽさをアプローチ。肩がけにするだけで、定番のトレンチコートも簡単にこなれ感が出るのでお試しを!

 

人気インスタグラマーとスタイリストのテクニックを参考に、定番アウターを今時にアレンジして楽しみましょう!

 

text:EDIST.+one編集部

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp