骨格スタイルアドバイザー・NAOさんの「骨格診断でわかる!自分はどんなスタイルの服を着るべき?」【短期集中連載vol.2】

 

人はそれぞれ生まれながらの「骨格」を持っています。

シンプルな服を着て格好良くキマる人と地味に見える人、フリルのついた服を着ても若づくりに見えない人と見える人など、同じ物を着ても人によってまったく違う印象になるのは、おもに骨格の差があるためです。

 

「野暮ったく見える」「なんとなくしっくりこない」といった違和感は、多くの場合、自分の骨格とは合わない服を着ることで生まれます。つまり、おしゃれに洋服を着こなすためには、「自分の骨格を知ることが大切!」なのです。

 

ここでは、全3回にわたって、骨格スタイルアドバイザーのNAOさんが、「骨格診断(骨格スタイル分析)」による3つのタイプ別、あなたに本当に似合う服をご提案!

第2回は「ウェーブタイプ」のあなたが着るべき服をご紹介します。

 

▶︎第1回目はこちらから

▶︎第3回目はこちらから

 

【PROFILE】

 

NAO(骨格スタイルアドバイザー) 

大学卒業後、国内航空会社のキャビンアテンダントとして17年間勤務。退社後に、体重増加によってそれまで着ていた洋服が合わないなどの悩みが生まれたことで「骨格診断」を知る。これによって、洋服選びの悩みを解消できた経験を多くの女性に伝えるため、骨格診断アドバイザーを志して一般社団法人骨格スタイル協会代表理事の師岡朋子氏に師事。骨格アドバイザー1級を取得する。2017年に初の著書「骨格診断アドバイザーNAOの本当に「似合う服」で人生が変わる」(KADOKAWA)を発表。オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/kurochan20030113/

 


そもそも、「骨格診断」とは? タイプは3つに分類できます

骨格診断とは、外見と自身の内側から出るイメージをうまく調和させるための指標となる理論のことです。生まれ持った体のラインや質感の特徴から、「ストレートタイプ」「ウェーブタイプ」「ナチュラルタイプ」の3つに分類し、よりおしゃれに見える着こなしを導き出します。

 

左から「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」

骨格のタイプを知っておくと何がいいの?

自分の骨格のタイプを知ることにより、「垢抜けた印象を与えることができる」と同時に、「着太りしていた原因がわかる」「自分に合う素材があることを知る」「プチプラでも格好良く着こなせる」など、さまざまなメリットが得られます。

 

自分の骨格はどのようにチェックする?

骨格診断は、自分の体をチェックすることから始まりますが、その際、身長や肉付き(太っている、やせている)、年齢は関係ありません。ぽっちゃりさんであれば、「もし標準体重だったら…」と想像して考えてみてください。

診断の仕方としては、まず自分の姿を鏡に映すか、写真に撮るのがおすすめです。おへその位置と体のラインがわかる服を着て、前、後ろ、横の全身がわかるようにし、客観的に診断しましょう。

▶︎第1回目「ストレートタイプ」はこちらから

▶︎第3回目「ナチュラルタイプ」はこちらから

 

 

Vol.2 ウェーブタイプ

 

◆セルフチェックできる! ウェーブタイプの特徴◆

ウェーブタイプの人の特徴は、体に厚みがなく華奢で、やわらかい曲線を描くようなラインを持つ、エレガントなボディ。顔の形は丸型(華奢でやわらかい肌質)、面長(彫りが浅め)、逆三角形のことが多く、体のパーツには以下のような特徴があります。

 

【上半身】

横から見ると体が薄い。バストトップが低めで、特に上半身が華奢。首が長い。

 

【下半身】

腰の位置が低く、ヒップラインが平面的。太ももは細めで膝が出ている。膝の上に脂肪がつきやすい。

 

【骨・筋肉】

鎖骨や肩甲骨は小さいが目立つ。手首を断面にすると楕円形。筋肉よりも脂肪がつきやすい。

 

【肌質】

しっとりしていてソフトな質感。二の腕や太ももにハリがなく、プニュプニュしている。

 

骨格以外の特徴としては、シャツよりもブラウスのほうが似合う、やわらかい素材のスカートが似合う、シンプルなVネックニットや首元が大きく開いたトップスだと貧相に見える、太ももの横ハリが強いのでパンツスタイルが苦手…など。下半身に脂肪がつきやすので、太ると洋ナシ体型になりがちな傾向があります。

 

ウェーブタイプが似合う「素材」や「アイテム」

 

ウェーブタイプの着こなしで意識したいことは、Xラインを強調すること。

チュニックやワンピース、体にフィットしたシルエットのほか、レースやフリル、ドレープといった曲線を活かしたやわらかい素材のアイテムが似合いますが、バストと腰の位置が低いため、服を着たときに重心が下になりやすくなります。

 

そのため、ベルトやハイウエストのパンツなどでウエストを強調したり、首回りにボリュームを出したりして目線を上に集めるといったバランスを作るのがポイントです。

 

ウェーブタイプのおもなアイテムでOKな物、NGな物は下記になります。

 

 

 

とはいえ、OKの物だけを着なくてはいけないわけではありません。大切なのは、自分の骨格を活かした着こなしをすること。NGとなっている物でも、素材を変えたり、小物を使って全身のバランスを整えたりしながら取り入れることで、OKになる場合もあります。

ウェーブタイプの人に身に着けてほしい「小物」

華奢さが目立つウェーブタイプの人は、ハリ感のあるシャツやジャケット、ボリューム感のあるアイテムが苦手

小物も大きめバッグなど存在感のある物より、クラッチバッグや小さめのショルダーバッグが似合います

 

 

さらに、このタイプの人にぜひ取り入れてもらいたいのが、光沢のある素材

ポリエステルやレーヨン、ラメ、ビジュー、エナメルといった光るアイテムは、ウェーブタイプの人が持つ優しい印象にピッタリです。

このほか、アニマル柄や花柄といった柄物を取り入れるのが得意なのも、このタイプの人です。

 

首元をあまり出さず、目線を上に集めるコーディネートが必須のウェーブタイプですが、タートルネックを着こなすにはちょっとしたコツが必要。

ジャケットのインナーにアクセサリーをプラスして着ると、物足りなさが目立ちません。また、Vネックなど首回りが開いたアイテムも、カットが浅めの物や袖にデザインのある物を選ぶと失敗を防げます。

 

ウェーブタイプの人に本当に似合うコーディネート8LOOKS

ウェーブタイプの人には、実際どんなコーディネートが似合うのか、EDIST. CLOSETのアイテムを使ったAWコーディネートの中から、NAOさんがぴったりのスタイリングをピックアップ!

◆EDIST. CLOSETとは? 「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションスタイリングレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。公式サイトはこちら

 

袖フリルとろみブラウス×サーキュラースカート

<from NAO>柔らかい肌質のウェーブタイプさんは、素材も含めて柔らかい質感のアイテムを選んで。ウエスト位置を上げたお得意のXラインを着用するとスタイルアップします。

 

②マスタードスキッパーリブニット×サーキュラースカート

<from NAO>体にフィットするリブニットは、上半身が華奢でフワフワした肌質のウェーブタイプさんが得意のニットです。胴からヒップの位置が長めの人は下重心にするとスタイルダウンしてしまうので、首回りに小さめのスカーフを結ぶことで目線が上に行き、重心が上がります。華奢な体に合った小さめなバッグもgood♪

 

 

 

③折り返しポイントカラーブラウス×ラップ風フリルデザインスカート

<from NAO>ウエストマークを少し高めにしっかり見せる、上下のメリハリをつけるとスタイルアップするのがウェーブタイプさん。トップスの袖も短めにして肌を見せるとバランスが良くなります。また、重なったカラーの曲線が出るこのタイプのボートネックは、首も長めなウェーブタイプの方が最も似合います。視線が上に行くのも◎。

 

 

④マスタードスキッパーリブニット×サスペンダータイトスカート

<from NAO>胸元に立体感のないウェーブタイプさんは、胸元が開きすぎると貧相になりがちなので、Vネックを選ぶ際はこのような小さく開いたVが似合います。これにハイウエストのスカートを合わせるとウエストの位置も上がるので、脚長効果も期待できますね。

 

 

⑤ボウタイとろみシャツ×サスペンダータイトスカート

<from NAO>このスタイルも、胸元に立体感のあまりないウェーブタイプさんと相性がいいです。肌質に合うふわっとした素材にリボンタイがあると立体感を足せる上、リボンによっては曲線ラインが出ますので、女性らしさがさらにアップ! ハイウエストスカートのタックは、お腹周りや太ももの横の張りを程良くカバーしてくれます。

 

 

 

⑥バルーン袖プルオーバー×リッチブラックワイドパンツ

<from NAO>ウェーブタイプさんがスタイルアップするのに大事なことは、上重心にさせること。このコーディネートはサッシュベルトでウエストの位置を上げて、重心が上がったスタイルです。また、パンツのクロップド丈がボトムの重心も上げてくれるので、さらにバランスが良くなっています。華奢なトップスのデコルテラインもボートネックで隠し、袖のボリュームがふわふわな二の腕もカバー。

 

 

⑦デザインカラープルオーバー×リッチブラックワイドパンツ

<from NAO>こちらも上のコーデと同様に、軽いスタイルがお得意のウェーブタイプさん向け。重心の下がるワイドパンツでも、抜け感のあるクロップド丈なら合わせやすいです。

 

 

⑧フレアスリーブトップス×サーキュラースカート

<from NAO>女性らしい甘めのベルスリーブが一番似合うウェーブタイプさん。ショート丈のジャケットと得意のフレアスカートに、レオパードのような曲線の多いデザインのストラップ付きパンプスを合わせることで、足元も軽く見えてスタイルアップできます。

 


チェックポイントを押さえればコーデの幅も広がる!

 

ウェーブタイプの方は、「貧相に寂しく見えないか?」「脚が短く胴長に見えないか?」がチェックポイント。

それらを意識したアイテムや素材選びをすれば、コーデの幅が一層広がりますよ!

 

最終回となる次回は、「ナチュラルタイプ」の特徴をご紹介します。お楽しみに!

 

 

Text&取材:EDIST.+one編集部

 

〜お届けするのは安心と自信です〜

◆EDIST. CLOSETとは? 「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションスタイリングレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。公式サイトはこちら

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp