”キレイ色”であか抜ける! カラーコーディネーター・谷口美佳さんのパーソナルカラーLESSON 【第2回】

 

全3回にてお送りしている、カラーコーディネーター・谷口美佳さんによる、パーソナルカラーの基本とコーディネートレッスン。

前回は、コーディネートの中心となる軸色(=ベーシックカラー)がテーマでした。

自分がイエローベースかブルーベースなのかを知るためのセルフ診断方法と、それをもとにした、配色バランスについてご紹介しました。▶︎第1回目「Lesson1 自分のベーシックカラーを知る」

そして、2回目となる今回は軸色にプラスしたい、“キレイ色”についてご紹介していきます。

 

 

【PROFILE】

谷口美佳(カラーコーディネーター)

外資系化粧品会社に6年、外資系ラグジュアリーブランドに3年勤務後、出産を機に退社。現在はパーソナルカラー、バランスメイク、骨格スタイルなど、女性の魅力と個性を引き出すサロンを主宰している。color+shape®コーディネーター。

ブログ http://ameblo.jp/micanail/entry-11729680361.html

 

あなたのキレイ色はコレ!

まずは、ベーシックカラーがイエローかブルーなのかをチェックしましょう。

※ベーシックカラーのセルフ診断方法は、第1回目「Lesson1 自分のベーシックカラーを知る」または動画でも詳しく見ることができます。

キレイ色とは、”あなたを華やかに美しく見せてくれる色”のこと。

得意な軸色にキレイ色を組み合わせると、肌の透明感や艶がUPし、ベーシックカラーだけでコーディネートするよりもぐんとあか抜けて見えます。

似合うキレイ色もイエローベースとブルーベースにそれぞれ分かれます。

以下を参考に、あなたの印象を一瞬で高めるキレイ色をみていきましょう!

イラストの色相環から、それぞれに似合うキレイ色を判断することができます。

 

色相環

■イエローベースに似合うきれい色

色相環上部のイエロー枠部分

トレンドカラーでいえば…イエロー、グリーン、ピーチピンク

 

■ブルーベースに似合うきれい色

色相環上部のブルー枠部分

トレンドカラーでいえば…パープル(ラベンダー)、パステルブルー

 

色には色み(色相)と明るさ(明度)鮮やかさ(彩度)があります。

今回は”似合う色み”だけお伝えしています。お一人お一人似合う明度と彩度がありますので、詳しく知りたい方は信頼できるカラーコーディネーターに見て頂いてくださいね。(color+shape®)

 

自分に似合うキレイ色は思ったより多いことがわかりますね。

でも、ただ取り入れたら良いわけではありません。

キレイ色を大人が品良く取り入れるには、ちょっとしたルールがあります。

それは最適なバランス。どんなキレイ色も心地良い着こなしにするためには、軸色に入れるキレイ色の%が大事になりますのでご説明していきます。

 

キレイ色投入の最適バランス

 

STEP1、STEP2の段階にわけてご紹介します。

 

■STEP1 印象5%〜

春夏のパステルカラーやブライトカラーは分量が大事。まずは、印象5%からキレイ色を取り入れれば失敗のないコーディネートに。

パンプスやバッグ、アクセサリーなど、小物から取り入れると簡単です。アクセサリーやピアスといった小さめのアイテムなら2点、バッグなど大きめのアイテムなら1点と、小物の面積によって投入するアイテム数を調整してください。あくまで全体の印象の5%なので「少し」を意識して。

 

(左)イエローベース         (右)ブルーベース

 

(左)イエローベース         (右)ブルーベース

 

■STEP2 印象30%

キレイ色を取り入れる場合、心地良い華やかさのバランスは全体の印象30%くらいまで。バッグと靴、ニットやボトムなどで取り入れて、キレイ色のバランスを増やしてみましょう。30%以内なら派手になり過ぎず、上品な印象にまとまります。

 

(左)イエローベース         (右)ブルーベース

 

(左)イエローベース         (右)ブルーベース

 

STEP1 or STEP2のバランスできれい色を取り入れるアイテムを決めたなら、あとは全て軸色でまとめてしまえばOK!

 

”色”というのは難しいですが(笑)、ポイントさえ知ればカンタンにあか抜けて、見違えるほど素敵になります。

まず、あなたの軸となる色を知って、配色の%を知り、心地良く安定感のあるあなたの基本カラーを知ってください。

似合う色はいつでもあなたを美しく見せてくれる心強い味方です。軸色×キレイ色の組み合わせで必ず自信が持てるコーディネートが完成します。

ただ、あなたが得意とする軸色ときれい色の組み合わせだけだと、コーディネートの配色がマンネリ化してしまいます……。

そこで生きてくるのが、色相環で反対側に位置する色、つまりあなたが苦手とする色です!

実は、苦手だからといって着るのを敬遠する必要はなく、むしろ上手に取り入れることで、格段にオシャレがクラスアップします。

 

第3回目では、その苦手色で素敵に見せる方法をお届けします!

 

取材&Text:EDIST.+one編集部

 


自分に似合うスタイルを知りたい方に人気の記事

▶︎骨格スタイルアドバイザーNAOさんの「骨格診断でわかる!自分はどんな服を着るべき?」

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp