1着は持っていたい! 冷房&日焼け対策にもなる”リネンシャツ”の着こなし方

 

シャリッとした肌触りが春夏にぴったりのリネン(亜麻)シャツ

真夏にも活躍してくれるため、1着は持っておきたい定番アイテムですが、おしゃれに着こなせるということ以外にも、冷房対策や日焼け予防など、麻素材は暑い季節にうってつけの特性を持っているようです。

ここでは、リネンシャツを選ぶメリットやコーディネートのポイントをご紹介しましょう。

 

リネンとは?

 

天然素材の麻は、植物特有のナチュラルな風合いを持っていますが、繊維が伸びにくく硬いので、シャツの形状を保ちやすいのが特徴。そのため、カジュアルな素材ながらルーズさのない、どこか上品な印象です。そんな硬い繊維ですから、洋服の場合はほかの素材よりも少し目が緩く織られていることが多いため、透け感が出て、コーディネートに軽さや抜け感をプラスしてくれます。

 

しかし、気を付けなければいけないのは、「麻=リネン」ではないということ。

リネン(亜麻)は麻の種類のひとつで、ほかにもラミー(苧麻)や、サンダルやカーペットに使用されるジュート(黄麻)、バッグや袋に見られるヘンプ(大麻)などがあります。日本語で「麻100%」と表記される場合も、ラミー100%、ラミーとリネンの混合、リネン100%と、さまざまあるようです。

 

中でも、リネンはやわらかく、しなやかな繊維。日本の伝統工芸でも使用される、硬め&シャリ感があって、若干の光沢があるラミーよりも、しわになりにくくてマットな印象です。このような、ちょっとした違いはありますが、大まかな特徴はどれも同じであるため、総称して「麻」としているんですね。

 

リネンを選ぶべき理由

 

洋服にリネン、ひいては麻素材を選ぶメリットには、どういうものがあるのでしょうか?それを伝えるために、もう少しだけ麻の特性をお伝えしたいと思います。

 

吸水・速乾性に優れている

麻は、綿やシルクに比べて吸水・速乾性に優れています。水分を素早く吸い取って発散させるため、汗ばんでも肌に貼りつかず、すっきりとした着心地をキープ。また、天然素材の中で熱伝導性が最も高く、体温を放熱させるため、通気性も相まって涼感を与えてくれるのです。

 

アイロンいらずでシワも味に

繊維が伸びにくいため、シワがとれにくいのも麻の特徴。しかし、洗濯時にきちんと伸ばせば、自然なシワが麻ならではの風合いとなり、着こなしの味となります。また、シワによってシャツ表面が凸凹になり、肌にふれる面積が少なくなるので、接触冷感にも一役買っているといえるのです。

 

汚れが落ちやすい

麻の繊維の特性上、汚れや雑菌を繊維の奥まで侵入させないため、汚れが落ちやすいという特徴があります。また、繊維自体が強く、耐久性にも優れているので、毎日のお洗濯でも生地がへたれにくいのもうれしいところです。

 

リネンシャツのお手入れ方法

 

メリットだらけのリネンシャツのように思われますが、以下のような弱点もあります。

 

・シワが落ちにくい

・染色が落ちやすい

 

では、お手入れはどのようにすればいいのでしょうか。

 

洗濯ネットで手洗い

シャツのボタンを閉じて、汚れが気になる部分を表に出るようにしてたたみ、洗濯ネットに入れてから、洗剤を溶かした湯桶に沈めましょう。麻は強くこすると毛羽立ったり、部分的に脱色したりする可能性があるため、手のひらを使ってまんべんなく優しく押し洗いをしてください。

 

洗濯機で洗いたい場合、まずは洗濯表示を必ずチェックしてください。基本は、その洗濯表示に従って洗えば問題ありませんが、極力「手洗いコース」「ドライコース」といった弱水流のコースを選び、おしゃれ着用洗剤を使ってください。色物の場合は、洗剤の原液をシャツの目立たない場所につけた後、白い布を下に敷いて、色移りするかどうか確認したほうがいいでしょう。

 

【参考記事】

ライオンのお洗濯マイスターが伝授!上手なおしゃれ着洗い、基本の「キ」【前編】

ライオンのお洗濯マイスターが伝授!上手なおしゃれ着洗い、基本の「キ」【後編】

 

陰干し&シワ伸ばし

手洗いの際は、洗い終わりに手のひらで押して脱水しましょう。水が少し垂れるくらいの状態でシャツの第2ボタンだけを閉め、ハンガーにかけて陰干しします。

 

乾いたときに自然なシワに仕上げるためには、下記のようにするといいでしょう。

  1. 干す前に一度シャツを振りさばく
  2. 袖を引っ張り、手のひらで生地を挟み込んで、パンパン叩きながらシワを伸ばす

 

どうしてもシワが気になる場合は、完全に乾ききる前に、霧吹きで湿らせてアイロン掛けをすると◎。

 

リネンシャツコーデのポイント

 

綿のきちんと感のある白シャツを、夏らしいカジュアルに落とし込むのは意外と難しいもの。しかし、リネンシャツをチョイスすると、こなれ感も出るので印象もコーディネートの幅も広くなりそうです。

 

体型カバーもしてくれる程良くゆるめ&大きめシルエットがgood

コーディネート詳細

2017年はビッグシャツ推しでしたが、今季は程良くゆるめで少し大きめのシルエットが良さそう。ちょっぴり襟を抜いて、同色のインナーを合わせれば、あざやかなアシンメトリースカートも、ぺたんこサンダルが似合う大人カジュアルに!

 

パンツスタイルも抜け感のあるスタイルに

 

▶︎コーディネート詳細

 

▶︎コーディネート詳細

パンツスタイルも、綿シャツだとカッコ良くなりすぎてしまいますが、透け感のあるリネンシャツをチョイスすれば抜け感が出て、大人の余裕を感じさせるスタイルに! もちろん、靴や小物をオフィス仕様にしてもぴったりハマります。

 

オフィスや旅行先では、冷房対策をしつつこなれ感を

商品クレジット

 

夏本番の冷房対策には、羽織物が欠かせません。

その定番といえばカーディガンですが、そこをリネンシャツにすると いつものコーディネートもこなれた印象に変えてくれます。シワになりにくいので、旅行の際などに1枚持っていくと冷房対策〜日焼け対策と大活躍してくれます!

 

着こなしの幅を広げて快適な夏を!

プレーンなシャツだからこそ、着こなしの幅を広げて、いろいろ活用したいですよね。

蒸し暑い夏を、リネンのシャツで涼しくおしゃれに過ごしてみませんか?

 

Text:EDIST.+one編集部

 


今回ご紹介をしたフレンチリネンシャツコーディネートはEDIST. CLOSETのサイトでご覧いただけます

 

忙しい大人の女性のためのファッションレンタルサービス「EDIST. CLOSET(エディスト・クローゼット)」では、新規ご入会の方にストールプレゼントキャンペーン中!

さらに、もれなく9月にお好きな1セットはもらえるボーナスシーズンですので、この機会をお見逃しなく!

日ペンの美子ちゃんでおなじみの服部先生のマンガでわかる・ファッションレンタルサービス「EDIST. CLOSET」。サマーストールキャンペーン開催中!

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp