元アパレル社員が解説!「Xライン」でスタイルアップ&女らしいシルエットを作ろう

 

 

 

着やせや自分らしいスタイルを作るために、どのように洋服をコーディネートしていますか?

例えばIライン、Aラインなど、アルファベットの形をイメージしたシルエットづくりも、そのテクニックのひとつ。

今回は、そのラインづくりシリーズの中でも、ウエストの締まったメリハリのある女性らしいスタイルである、「Xライン」を作るコーディネート方法をアパレル会社にてシルエット研究をしてきた、元アパレル社員の視点でご紹介したいと思います!

 

Xラインとはどういうシルエット?

 

 

イラスト左のアルファベットのXのように、体の中央にあるウエストのくびれを強調して、メリハリのある女性らしいシルエットに見える「Xライン」

 

胸やお尻にボリュームのあるグラマラスな体型の人

肩幅が広くてがっちり見えてしまう人

そんなお悩みを持つ人にぴったりなのが、Xラインの着こなしです。

 

こういった上半身にボリュームがある人は、ボトムスにボリュームある物を選ぶだけで、ウエストが引き締まって見えるため、Xラインを簡単に実現できます。

「胸やお尻が大きい」「肩幅が広い」など、体型の特徴をパーツごとに切り取ってしまうとコンプレックスになり、それらを隠すことに注力してしまいがちですが、元々の体型を活かすスタイリングを意識すれば、魅力的な着やせ効果を得ることができるのです。

それを活かさない手はないですよね!

 

では、どのようにXラインシルエットを作ることができるのでしょうか?

具体的なコーディネート例をご紹介しながら解説していきます!

 

Xラインを作る3つのステップ

 

魅力的なシルエットを作るための3ステップはこちら。

 

ウエストを絞る

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

メリハリのあるシルエットを作るには、ウエストを絞ることが大きなポイント。

2ピースの場合はトップスの裾をボトムスにインして、ワンピースならベルトでウエストマークをすればXラインが簡単に作ることができます。

昨年からブームが続くサッシュベルト、初夏ならシャツやカーディガンを腰に巻くだけでOKです。

 

上半身のボリュームを活かすスタイリングではありますが、どうしても胸の厚みや肩幅の広さが気になる場合は、カシュクールやVネック、細いリブニットなどのトップスを選ぶと上半身がすっきりと見え、大人なヌケ感を演出することができます。ぜひ取り入れてみてください。

 

 

裾が広がっているボトムスを選ぶ

 

肩幅の広さや胸のボリュームが気になる人は、トップスはコンパクトに裾が広がるボトムスを合わせると、自然なXラインを作ることができます。

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

アイテムとしてはギャザースカートやフレアスカート、Aラインスカート、ガウチョ、スカーチョ、ワイドパンツといった物を選んでください。

特に、くびれ部分でとどまるようにジャストウエストのアイテムを選び、トップスの裾をインすれば、ベルトなどを足さずにウエストを絞ることができるのでおすすめです。

 

 

上下でカラーコントラストを作る

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

腰回りのほっそり感を強調するには、上下で対照的なカラーリングにすると効果的

例えば、淡い色と濃い色、ベーシックカラー(ブラックやグレー、ホワイトなど、トレンドに左右されない定番色)とポイントカラー(ベーシックカラーに対して差し色となる物)といったようにくっきりカラーを分けると、色の境目がウエストに現れて引き締め効果につながります。

ぽっちゃり下半身でお悩みの人にもおすすめのテクニックなので試してみてください。

 

特に2018年春は、イエローやオレンジなどジューシーなポイントカラーを入れるのがトレンド

さりげなく流行も取り入れたら、魅力がアップすること間違いなし!

 

 

まだまだある!どんなスタイルでもXラインが作れる「+one」テクニック

 

ここまでにご紹介したXラインづくりのコツだけでなく、もうひとテクニックを加えることで、寸胴タイプや下半身がぽっちゃりしている方もXラインを作ることができます。

 

細身の人や肩が小さい人の「+one」テク:肩幅を出す

▶︎コーディネート詳細

上半身にボリュームがない人、肩幅が狭い人は、あえて首元に横のラインを加えるオフショルダーやボートネックのアイテムを合わせて肩幅を強調するとgood。

 

加えて、ギャザーが寄っている物、バルーンスリーブの物を選ぶと生地にふくらみが増えて、上半身に女性らしいラインを作ることができます。

色も淡いトーンの膨張色を選ぶといいでしょう。

 

 

ウエストに自信がない人の「+one」テク:視線をそらす

 

Xラインの理論はわかっていても、ウエストを出す自信がない人もいますよね。そんなときは、以下の写真のようなフレアスリーブ袖のトップスを選んでみてはいかがでしょうか。

▶︎コーディネート詳細はこちら

裾丈はフルレングスではなく、腕を下ろすとちょうどウエストと同じ高さになる、春らしい6~8分丈の物をチョイスすると、ちょっとした仕草でフレアが揺れて、相手の視線をウエストからそらすことができます。

 

 

まだ肌寒い季節の「+one」テク:アウターを使う

せっかくXラインのシルエットが完成しても、寒い季節はコートで隠れてしまうなんてもったいないですよね。まだ風が冷たいときは、ロングカーディガンやコートの上からウエストマークをして、アウターにもXラインを作りましょう。

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

▶︎コーディネート詳細はこちら

 

春先に大活躍するトレンチコートは、ラペル(襟)が大きい物を選ぶと小顔効果を得られますよ。

前を開いてボトムスの裾広がりを見せても良し、前を閉じてウエストを絞っても良しと、Xラインづくりにはぴったりのアウターです。

 

春こそXラインをアピールするチャンス!

 

女性らしいシルエットを作ることができるXライン。

だんだんと重ね着を解いていく春にこそ、自分の自然な体型を活かしてチャレンジしてみませんか?

 

Text:EDIST.+one編集部

 


今回、ご紹介をしたXラインコーディネートは全てレンタルor購入が可能!

流行のアイテムは「EDIST. CLOSET」でレンタル、定番のアイテムは「EDIST. SELECT」で購入することで、クローゼットを整理。
無駄なく、賢くおしゃれを楽しめます。

 

<EDIST. SELECT>

Select→マークがあるものはエディストセレクトの販売対象商品です。

いつものコーデにプラスするだけで365日楽しめる、厳選した定番アイテムをお届けします。
ご自宅で試着して、気に入ったアイテムだけを購入、不要なアイテムは郵送で返品するだけ。

エディストセレクトはどなたでもご利用頂けます。

 

<EDIST. CLOSET>

「仕事や育児で買い物に行く時間がない」「同じような服ばかりがクローゼットに溢れていて憂鬱」
そんな女性たちの声を聞き、生まれたのが「EDIST. CLOSET」
買い物に行かずとも、毎日違う服を楽しめて、常にクローゼットがすっきり。そんな生活を提案します。

エディストクローゼットは月額制会員サービスです。

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp