スタイリストが提案! 羽織り物のプラスワンで、Tシャツ×デニムを秋仕様にアップデート

少しずつ秋の足音が聞こえてくる9月。まだ暑い日が続くとはいえ、そろそろファッションに新鮮味がほしいところ。
そんな季節の変わり目に大活躍してくれるのが、“羽織り物”です!
夏の定番であるTシャツ×デニムスタイルにプラスするだけで、一気に秋の装いへと着こなしがアップーデトします。
ただ、一口にTシャツ×デニムスタイルといっても、デザインやシルエットで印象は様々。それによって、似合う羽織りも異なります。
そこで、Tシャツ×デニムスタイルを得意とするスタイリスト・坂野陽子さんが、3タイプの着こなしに合わせてマッチする羽織りを私服コーディネートとともにご紹介!
今シーズン登場しているデニムから、オススメの1本もピックアップしていただきました。

 

教えてくれたのは・・・スタイリスト・坂野陽子さん

Photo:Yusuke Ikuta

「Oggi」「VERY」といった女性ファッション誌で活躍するほか、広告など多岐に渡り活躍中。EDIST.+oneの連携サービス「EDIST. CLOSET」では、着こなしカレンダーにてコーディネート提案も行っている人気スタイリスト。f-me所属。

▶︎profile  ▶︎instagram

 

スタイリスト・坂野さんが伝授シリーズ

▶︎「胸が大きい人のすっきり見えテクニック」

▶︎「トレンドのボブ&ショートヘアに映える春ファッション」

▶︎「気になる二の腕が目立たない着こなし」

▶︎「大人の上品な肌見せスタイル」

 

STYLE1:ジャケットのきちんと感で、ロゴT×ワイドデニムのラフさを払拭

ジャケット:¥29,000/ UNIVERSAL LANGUAGE(ユニバーサルランゲージ たまプラーザ テラス店)
Tシャツ:VANS/スタイリスト私物
デニム:SERGE de bleu/スタイリスト私物
バッグ:J&M DAVIDSON/スタイリスト私物
スニーカー:adidas/スタイリスト私物

 

ともするとラフ過ぎてしまうロゴT×ワイドデニムのスタイルには、この秋大本命の羽織り物であるチェック柄ジャケットを合わせて大人っぽさときちんと感を! 
デニムにボリュームがある分、ジャケットは女性らしいノーカラーのコンパクトなシルエットを選んでバランスを取っています。
袖はロールアップするのが、よりこなれて見せるコツです。
バッグはぱきっと明るいオレンジカラーで夏らしい余韻を残しました。(坂野さん)

 

STYLE2:ドレッシーなコーディガンで、オールブラックを女らしく

コーディガン:¥16,000/  GOUT COMMUN(グランカスケードインク)
Tシャツ:Hanes/スタイリスト私物
デニム:Mila Owen/スタイリスト私物
バッグ:VASIC/スタイリスト私物
パンプス:PELLICO/スタイリスト私物

 

フレアが揺らめくコーディガンをさらりと羽織って、メンズTシャツ×黒スキニーの辛口モードなオールブラックをレディに更新。色もこっくりとした旬のブラウンなら、ぐっとシーズンムードが高まります。
バッグはアクセントカラーとして映えるグリーンをチョイス。仕上げはポインテッドトゥのパンプスで、足元まで抜かりのない女らしさを意識して。(坂野さん)

 

 

STYLE3:中はタイト、外はゆったりでメリハリシルエットをメイク

カーディガン:¥68,000/ UNDECORATED
Tシャツ:Shinzone/スタイリスト私物
デニム:Current/Elliott/スタイリスト私物
クラッチバッグ:ZARA/スタイリスト私物
トートバッグ:ノーブランド/スタイリスト私物

 

リブTとストレートデニムで全身をすっきりとまとめたスタイルに、秋はリラックス感のあるニットカーディガンをオン。
カーディガンのエフォートレスなシルエットでTシャツ×デニムのIラインを引き立て、メリハリのある着こなしに仕上げています。
バッグはロゴトートとヒョウ柄クラッチの2個持ちで、シンプルなスタイリングに遊び心を。(坂野さん)

 

坂野さんが選ぶ、今シーズンの狙い目デニムは?

“THE JENNY” MIDNIGHT ¥21,000/upper hights(GUEST LIST)

今シーズンおすすめの1本は、「upper hights」から登場しているセンタープレス入りのモデル“THE JENNY”のMIDNIGHT。
センタープレスの“きちんと感”のおかげで、コンサバ派の人もトライしやすいキレイめなデニムスタイルが叶います。
また、ウエスト位置が高めで程よいホールド感があり、気になるお腹周りのカバーにもGOOD。シックな濃紺カラーは旬のトラッドスタイルとも相性が良く、ジャケットとコーディネートしたいアイテムです。(坂野さん)

 

Tシャツ×デニムスタイルに限らず、プラスするだけで夏のシンプルなスタイルをフレッシュに蘇らせてくれる羽織り物。お気に入りの1枚をゲットして、残暑のおしゃれも満喫しましょう!

 

Stylist:Yoko Sakano(f-me)
Photo:Yusuke Ikuta(f-me)<人物>、SHINTARO<静物>
Text:EDIST. +one編集部

 

NEW! 『EDIST.+one』の記事が『EDIST. CLOSET』公式アプリからもご覧いただけるようになりました

 


  ”新しい自分に出会える服”が毎月、コーディネートごと届く!

 

ファッションも”コーデの作り置き”で自信と時短を叶える時代です。

 

なんとなくいつも同じ服・・・、
いまいち自分のファッションに自信が持てない、
外見から新しい自分になってみたい、
そもそも洋服を買いにいく時間がない・・・
そんなお悩みはありませんか?

 

そして、何よりも毎日を笑顔で自信を持って過ごしたいですよね。

 

今の自分よりもっと輝きたい女性の皆様へ・・・
EDIST. CLOSETでは、ファッションのプロ達がこだわって製作をしたオリジナル商品を
コーディネートごとお届けします。

月額制のレンタルサービスだから、毎月、違う服を試せるのも新たな自分を発見するきっかけに。

 

そう、つまりはコーディネートの作り置き
安心とともに時短も叶え、今日の自分に自信が持てるスタイルが完成します。
新規ご入会限定! 9月30日まで初月会費が無料!
この機会にぜひ体感してみて。

 

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp