妄想その1 『おしゃれ妄想族』とは・・・

#連載コラム

2017.11.07

 

突然ですが、連載コラムがスタート!

以前にEDIST. CLOSET公式ブログ内で謎の人気を博した「41歳・アラフォー女子野原(バツイチ)」。

「野原さんをもっと出して! 野原ファンです! とりあえずNO・HA・RA!」などの大きな声援に後押しをされ、ブログの枠を飛び越え、webメディアに登場となりました。

普段はOL営業のため不定期連載になりますが、野原氏の大いなる妄想にご期待ください!

◆EDIST. CLOSETとは?▶︎「EDIST.+one」と連携する月額制ファッションレンタルサービス。商品は毎シーズン新作をリリース。全てオリジナルのプライベートブランドで展開し、ファッションに精通するスタッフたちが企画・監修をしています。スタイリングは女性誌で活躍するプロのスタイリストが担当。そのまま使える旬のコーディネートをサイトやSNSで提案しています。

・公式サイトはこちら

・公式ブログはこちら

 


はじめまして。

妄想大好き野原です。

 

小さい頃から一人で絵を描いたり、頭の中で物語を創造する事が好きでした。大人になった今も、着地点のない妄想を頭の中で繰り広げてニヤニヤするのが至福の時です。そんな妄想癖の強いアラフォー野原がお届けする、つぶやきコラムです。

実は私、今年の1月~8月のあいだ EDIST. CLOSET オフィシャルブログの火曜日を担当していました。

しかしいつも話が脱線しまくりで、まともに洋服の紹介も出来ず、夏の終わりとともにブログの火曜日担当を卒業することとなったのです。立つ鳥 後を濁しまくって。

ところが…なんとこの度、コンテンツディレクター長谷川より「もしアレだったら、『EDIST.+one』で連載的な何か書いてもいいよ(ただし、今度こそ洋服についてな…)」とボソっ言われたので、「はーい。喜んで!」と食いついてみた次第です。

ただ…もう長谷川も、うっすら気付いていると思います。『おしゃれ妄想族』というタイトルを見て、私が洋服についてほぼほぼ書く気がない(書けない)ということを…。

そもそも私がEDIST. CLOSETのブログを書くことになった理由は「低身長・小柄」という理由でした。

身長153cm。

手足が短く全体的にコンパクトな作り。凹凸のない(というか凸がない)シンプルな上半身に、長時間のデスクワークで常にパンパンに浮腫んでいる下半身を持ち合わせたユニークな体型

そんな40代・低身長・小柄の人がEDIST. CLOSETの服を着るとこんな感じになりますよ~!とブログを通してお伝えすることが私のミッションだったのです。

しかし儚くも私のミッションはインポッシブルに終わりました。トム、ごめん

 

さて、40代に突入して久しい私ですが、似合う服が日々わからなくなっていて四十路おしゃれ街道を迷走中です。

ちなみに「四十路おしゃれ街道」とは将来皆さまが必ず立ち寄るであろう「四十路おしゃれ宿場町」の中にありますので油断禁物です。ここに足を踏み入れると恐ろしいことに、着たい服と似合う服に大きなズレが生じるのです。こんな服を着てこんな風になりたい(なるだろう)…という自分の中の理想と妄想と、受け入れがたい現実の狭間で激しい激震が発生するのです。壁が崩れ落ちるくらいの。なので四十路おしゃれ宿場町はボロボロです。

 

ファッションだけはなく、美容に関する悩みも増えるばかり。お肌の曲がり角なんて、もう何回曲がってきたことか。曲がりのプロと言っても過言ではないくらいですよ。

31歳くらいで一度目の大きな曲がり角がやって来ました。でも今思えばたいした角ではなかったのです。その曲がり角にはミラーも信号もついていたし色々確認や修正ができる優しい曲がり角でした。そのあと35~36歳でまた曲がり角は突然やって来ました。教習所で苦手だったクランクが2~3回連チャンしているようなやつ。まぁ、その曲がり角もガタガタ言わせながらなんとか突破しました。スピードとか内輪差とか後輪差とか気にしてる場合じゃない!って、強引に蹴散らして。しかし39歳でとんでもない大物がひょっこりやって来ました。曲がったその先は崖だったのです。道は…続いていなかったのです。曲がって、落ちた。落ちながらも必死で手を伸ばしなんとか這い上がり、這い上がった先はもう道とか曲がり角とかそんな優しいものではなく、永遠に続くけもの道です。

そして、今アタシはここにいるよ…。ずっと迷子です。

 

迷子といえば、私は病気レベルの重度の方向音痴で、きっと脳内のGPSが壊れているんだと思います。

昔、教習所で地図を見てルートを決めてから教習所の外を運転するという授業があったのですが、地図が読めず適当に走り出して道に迷い、路肩に車を止めて途方に暮れて泣くという事件を起こしました。仮免も落ち、追加料金も発生するし…で、苦労してやっと免許を手に入れたのに「危険過ぎる。死ぬ気か?」と親が運転を許可してくれず、その後一度も運転する事は無く、私には教習所代のローン地獄だけが残りました。乗っても地獄、乗らなくても結局地獄。今となってはお高い身分証明書です。無駄にマニュアルのゴールド免許。しかし汗と涙の結晶…私にとってはプライスレス。

 

そんなこんなで、40代って色々と悩みは尽きません。いっそのこと全てを諦めて開き直れたらどんなに楽か…!とも思うのですが。でもね、どんなに苦しくったって、悲しくたって…妄想の中では全然平気なの。いくつになっても「おしゃれでいたい!」「楽しみたい!」という気持ちは捨てたくないのです。「こんな服を着たいな~」とか「この色の服似合うかな~」とか「こんなイメージの自分になりたいな~」とか、楽しく妄想して、実際に試してダメだったら違うパターンを試せばいいじゃん!って思うのです。

 

そんな私が今、着てみたいと激しく妄想しているお洋服たちがこちら!

EDIST. CLOSET2017 AW

【Kセット】 ニュアンスカラーでシンプル格上げセット

 

 

とにかくお色が素敵で気になっています。アラフォーのくすんだお肌を綺麗に見せてくれるんじゃないの?って。

パンツのSサイズ展開も始まったし、低身長・小柄さんにも夢と希望と妄想が広がります!

 

EDIST. CLOSETはレンタルだし似合わなかったら返せばいいのです。

私みたいな妄想族にはピッタリです。

 

・・・と、なんとか、記念すべき1回目は洋服ネタに繋ぐことができました。

いつまで洋服繋ぎが成功するかわかりませんが、どうか次回もお付き合いくださいませ。

 

 

野原
普段はOL、時々太鼓持ち。炭水化物(特にお米)と睡眠をこよなく愛し、飼えないけど猫が好き。特技は物忘れ。わたしの人生の勲章、それはバツイチ。41歳、今日も元気に生きてます。

FEATURED

OTHER

TAG

instagram

@edist.plusone

フォローする

EDIST.+one【公式】EDIST.ウェブマガジンが10月より、『EDIST. +one』としてリニューアル! 選ぶ楽しみ、着る悦び、毎日にプラスワンを!をコンセプトに、女性たちのファッションをサポートする情報をお届けします。#edist でポストしてくださいね【連携サービスEDIST.CLOSET⬇︎】 closet.edist.jp